CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年04月28日

徒弟制度座学研修eラーニング化推進事業≪ナビオス横浜・ホテルグランヴィア岡山≫

2021年1月25日〜2月4日実施



***********************************************


2020年度 日本財団助成事業

徒弟制度座学研修eラーニング化推進事業

***********************************************


2021125日より、横浜市のナビオス横浜で

徒弟制度座学研修eラーニング化用の映像の撮影が行われました。



徒弟制度座学研修eラーニング化とは、日本財団助成事業「安全管理者に対する危険排除のノウハウ等の伝承」安全のプロ養成講座(徒弟制度)で、コロナ禍をきっかけにこれまでの集合型研修が見直され、非接触型の研修を推進するため、現在、必要な過程である「座学研修」を映像化し、遠隔の受講者に配信するシステムです。


配信内容は、労働衛生スタッフの役割と心得から始まり、関係法令、危険予知訓練、そして、リスクアセスメントなどを学ぶ、全五科目(概論1,2、各論1,2,3)の研修プログラムとなっています。


そして、そのeラーニング用映像撮影が、12月22日のリハーサルをはじめ、1月25日から数日間かけて、横浜市のナビオス横浜(1月2526日、2月4日)、岡山市のホテルグランヴィア岡山(128日)で行われ、花園春雄氏、林田一英氏、岩崎喜久男氏ら日造協安全衛生アドバイザーがそれぞれの講義の撮影を行いました。



IMG_8592.JPG
IMG_8599.JPGIMG_8604.JPG


この取り組みによって受講者は、現地に赴くことなく受講が可能となり、

受講進捗の効率化が期待されます。




ぴかぴか(新しい)皆様、お疲れ様でしたぴかぴか(新しい)



この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック