CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年11月28日

出張型労働災害リアル体験教育《臼杵造船事業協同組合》2019/11/6

support-logo_2.jpg

2019116日(水)実施




■出張型労働災害リアル体験教育■

〜臼杵造船事業協同組合〜




11月6日、「出張型労働災害リアル体験教育」が、

臼杵造船事業協同組合で行われ71名の方々にご参加いただきました。



 
《株式会社臼杵造船所 造船本部 艤装部 次長 藤澤 英一氏》
株式会社臼杵造船所 造船本部船殻部次長 兼 内業課 課長 田口浩幸氏》
《臼杵造船事業協同組合 理事長 下松一也氏》よりご挨拶をいただきました。
CIMG1918.JPG
(写真:藤澤英一氏)

CIMG1771.JPGCIMG1966.JPG
(写真左:田口浩幸氏、写真右:下松一也氏)




綿生地100%と化学繊維生地100%の燃焼・火傷実験

CIMG1776.JPGCIMG1782.JPG

綿と化学繊維では燃え方が異なり、

それにより火傷の度合いが変わります。





低圧電気感電危険体感

CIMG1927.JPGCIMG1790.JPG

微弱な電気で感電し、電気の特徴を理解してもらう為、

身体が乾燥した状態と、濡れた状態での

電気の流れる量の違いを体感してもらいます。





レバーブロック激突体感

CIMG1791.JPGCIMG1793.JPG

レバーブロックを使用して肌合わせをする時に、

溶接したピースフックが外れて

作業者に激突し負傷することを想定して体感してもらいます。





◎高所危険体感

  未固縛の足場板に乗り天秤になる体感

CIMG1802.JPGCIMG1843.JPG

 高所足場は、足場敷設の際両端をしっかり固縛しないと

天秤になりバランスを崩し墜落します。





 脚立作業時、バランスを崩し転落する体感

CIMG1818.JPGCIMG1824.JPG

脚立に乗った際、50cmの高さでも頭の位置は2mを超え、

頭から落下すれば死に至ることもあります。






◆◆◆◆保護具の体験教育◆◆◆◆



 

各保護具メーカーのご協力もいただき、

保護具の体験、特性などの説明をしていただきます。




CIMG1910.JPGCIMG1879.JPG
CIMG1907.JPGCIMG1914.JPG

 

各種保護具にも交換目安があるので、

使用頻度・使用環境を考慮し適時に交換をしましょう。




 

今回、体感し学んだ経験を現場で

ぜひ活かしていきましょうexclamation×2


 


ひらめき皆様、お疲れ様でしたひらめき




この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック