• もっと見る
・VR(仮想現実)技術を活用して疑似的に労働災害を体験する「労働災害バーチャルリアリティー体験教育」
・次世代を担うプロ安全衛生担当者の育成「徒弟制度」
・安全な職場づくりのアドバイスや提案をする「安全衛生アドバイザー相談会」

など造船業界を主体とした、様々な安全衛生活動に取り組んでいます。

2024年07月10日

低圧電気取扱業務に係る特別教育《佐世保会場》開催案内


低圧電気取扱業務に係る特別教育

佐世保会場開催のお知らせ

2024年7月17(水)




低圧電気取扱業務に係る特別教育《横須賀会場》開催のご案内です。

2024年7月17日(水)、

長崎県佐世保市で「低圧電気取扱業務に係る特別教育」を開催します。



. 研修の日時及び会場


日時

2024年7月17日(水) 時間/9:25〜19:00(受付9:00〜)


会場

長崎県佐世保市労働福祉センター1階

住所:長崎県佐世保市稲荷町2番28号




2. 研修カリキュラム・・・合計8時間


◆座学(7時間)
<低圧の電気に関する基礎知識>・・・1時間

<低圧の電気設備に関する基礎知識>・・・2時間

<低圧用の安全作業用具に関する基礎知識>・・・1時間

<低圧の活線作業及び活線近接作業の方法>・・・2時間

<関係法令>・・・1時間

◆実技(1時間)
<低圧充電電路の停電・復電の確認/充電部が露出している開閉器の操作方法>
                               ・・・1時間

*************************************


※お申込みの前に必ず事務局にご連絡いただけますようお願い致します。

なお、日造協非会員は別途受講料がかかります。


●●お問合せ先●●

(一社)日本造船協力事業者団体連合会 業務部

電話:03−5510−3161   FAX:03−3502−5533

*************************************



2024年07月01日

職長・安全衛生責任者能力向上教育《磯子会場》2024/4/9実施


2024年4月9日実施



◇◆職長・安全衛生責任者能力向上教育◆◇

〜磯子会場〜




202449日に、「職長・安全衛生責任者能力向上教育」がジャパンマリンユナイテッド()横浜事業所 磯子工場でジャパンマリンユナイテッド横浜協力会向けに開催され、37名の受講者が参加しました。



DSCN9620.JPG


講師は、全国造船安全衛生対策推進本部アドバイザリースタッフの児玉猛氏です。

長年、造船業に携わる児玉講師ならではの体験談を交えながら現場の実態に即した

講義が行われました。



DSCN9632.JPGDSCN9636.JPG


講義の後半では6グループに分けられた受講者が与えられた課題について討議を行い、グループ毎にまとめ上げた内容について発表が行われました。受講者は以前に学んだ

職長に必要な役割と知識をこの能力向上教育で改めて学び直しました。



DSCN9648.JPGDSCN9649.JPG
DSCN9657.JPGDSCN9658.JPG


労働災害防止を推進するうえで、職長の果たすべき役割は非常に重要であり職長に対する能力向上に準じた教育が求められています。(厚生労働省 令和2年基発03317)

日造協ではこれからも会員の皆様の一助となるよう専門講師による実態に即した教育を実施してまいります。




後日、受講者には修了証が発行されました。



皆様、お疲れ様でしたひらめき




2024年06月28日

保護具着用管理責任者教育《函館会場》開催案内


保護具着用管理責任者教育

函館会場開催のお知らせ

2024年7月8(月)




保護具着用管理責任者教育《函館会場》開催のご案内です。

2024年7月8日(月)、

北海道函館市で「保護具着用管理責任者教育」を開催します。



. 研修の日時及び会場


日時

2024年7月8日(月) 時間/8:30〜16:20(受付8:00〜)


会場

函館どつく(株)函館造船所 本館3F会議室

住所:北海道函館市弁天町20-3




2. 研修カリキュラム・・・合計6時間


◆座学(5時間)
<保護具着用管理>・・・30分

<保護具に関する知識>・・・3時間

<労働災害の防止に関する知識>・・・1時間

<関係法令>・・・30分


◆実技(1時間)
<保護具の使用方法等>・・・1時間

*************************************


※お申込みの前に必ず事務局にご連絡いただけますようお願い致します。

なお、日造協非会員は別途受講料がかかります。


●●お問合せ先●●

(一社)日本造船協力事業者団体連合会 業務部

電話:03−5510−3161   FAX:03−3502−5533

*************************************



2024年06月27日

安全衛生アドバイザーミーティング及び徒弟制度受講者勉強会 2024/3/28実施

support-logo_2.jpg


2024年3月28日実施



***************************************

2024年度 日本財団助成事業

「安全衛生アドバイザーミーティング」

「徒弟制度受講者相互勉強会」

***************************************



日本財団助成事業「アドバイザーミーティング」および「徒弟制度受講者相互勉強会」328日に横浜市のナビオス横浜でリモートを併用して開催されました。



DSCN9555.JPG


アドバイザーミーティングは、アドバイザー9名が出席し、2023年度事業完了報告(見込み)」、「徒弟制度受講者の年度評価」、「各アドバイザーの気付き事項について」など事業報告とともにアドバイザーによる徒弟制度受講生の進捗状況の確認、年度評価が行われました。

 続いて、スマートグラス導入など進化するアドバイザー相談会について、事業の発展にともなう適応の必要性などが議論され、アドバイザー同士で活発な意見が交わされました。


DSCN9545.JPGDSCN9547.JPG
DSCN9559.JPGDSCN9579.JPG


徒弟制度受講者相互勉強会は、受講生11名が出席して行われました。

安全担当者のための安全講習では、林田一英アドバイザーによる「クレーン玉掛け作業時の安全の基本について」と題した講義が行われ、受講者は、事故の絶えないクレーン玉掛け作業について、様々な災害事例を基にケースに応じた災害対策などを改めて基本から学びました。



DSCN9587.JPGDSCN9595.JPG
DSCN9602.JPGDSCN9604.JPG



その後もアドバイザーとの交流、受講者同士の情報交換などが

行われ有意義な勉強会となりました。




皆様、お疲れ様でしたひらめき





2024年06月24日

徒弟制度疑似演習・仕上演習及びアドバイザー認定試験 2024/3/21-22実施

support-logo_2.jpg



2024年3月21日(木)・22日(金)実施



−安全のプロ養成講座−

疑似演習・仕上演習

アドバイザー認定試験



日本財団助成事業「安全管理者に対する危険排除のノウハウ等の伝承」事業安全のプロ養成講座(徒弟制度)における、「疑似演習」「仕上演習」および「アドバイザー認定試験」321日、22日の2日間に渡り行われ、認定アドバイザーを目指す伊藤幸夫氏、小野寺康広氏、植松兼万氏3名が挑みました。




DSCN0890.JPGDSCN0898.JPG


今回は、新たに導入したスマートグラスを徒弟対象者が装着してリアルタイムな

映像とスクリーンキャプチャーを活用した現場リサーチと解説が行われました。



DSCN8004.JPGDSCN8008.JPG
DSCN8026.JPGDSCN7995.JPG


1日目は、株式会社安善ドック様のご協力により現場リサーチの疑似演習と現場リサーチ解説が行われ、各自が事前に準備してきたアドリブ講習も行われました。
そして、チーフアドバイザー花園氏をはじめ各アドバイザー(査定人)による厳しい査定が行われました。


DSCN9466.JPGDSCN9467.JPG
DSCN9472.JPGDSCN9489.JPG


2日目は、株式会社横浜工作所様のご協力により現場リサーチ仕上演習及びその解説が行われ、最終的に現場リサーチを行った演習場の状況に即したアドリブ講習が行われました。


DSCN9520.JPGDSCN9523.JPG

全ての仕上演習を終えた後、チーフアドバイザーの花園氏を筆頭に最終講評が行われ、査定アドバイザー全員一致で最終関門となる筆記試験への受験資格が3人共に認められ、アドバイザー認定試験が行われました。



ぴかぴか(新しい)合格おめでとうございますぴかぴか(新しい)
DSCN9542.JPGDSCN9544.JPG

結果は、見事全員合格となり長きにわたる厳しい育成課程の全てを修了し、

今回は同時に3名の認定アドバイザーが誕生しました。

合格した3名にはアドバイザー認定証が授与されました。



皆様、お疲れ様でしたるんるん