CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
・VR(仮想現実)技術を活用して疑似的に労働災害を体験する「労働災害バーチャルリアリティー体験教育」
・次世代を担うプロ安全衛生担当者の育成「徒弟制度」
・安全な職場づくりのアドバイスや提案をする「安全衛生アドバイザー相談会」

など造船業界を主体とした、様々な安全衛生活動に取り組んでいます。

2021年09月15日

労働災害バーチャルリアリティー体験教育《トヨシップ事業協同組合》2021/6/29

support-logo_2.jpg



2021年6月29日(火)実施



■労働災害バーチャルリアリティー体験教育■

〜トヨシップ事業協同組合〜




2021629日、「労働災害バーチャルリアリティー体験教育」が豊橋会場でトヨシップ事業協同組合向けに開催され79名の方が参加されました。

会場に入る際には、インストラクターを含めた関係者への抗原検査が実施され、全員の陰性を確認するなど徹底した新型コロナウィルス対策が行われました。



DSCN0267.JPG




株式会社新来島豊橋造船 安全衛生課 主幹 渡辺 康一 氏

ご挨拶からスタートです。

DSCN0284(明るさ調整).JPG




昨年度、日本財団助成事業として「造船業に特化した日造協オリジナルのVRコンテンツ」制作が行われ、造船現場での「垂直はしごからの墜落・転落災害」、「吊り荷に、はさまれ・巻き込まれ災害」2本が完成しました。 この2本に加えて、従来から実施している、建設現場での「足場からの墜落・転落災害」を含めた3本で新たなVR体験教育を行い、受講者には、日常では体験することのない墜落転落やはさまれ巻き込まれの災害をVR通じてリアルに体験してもらうことで危険意識の向上を図ります。





DSCN0407.JPGDSCN0293.JPG
DSCN0287.JPGDSCN0301.JPG

皆さん、リアルで迫力のあるVR体験に驚きの声を上げていました。

VR体験後には、災害への対策等を学びます。





★★★保護具の体験教育★★★

各保護具メーカーのご協力もいただき、各種保護具の役割、使い方、点検方法など、作業環境を想定し実験を行い、その場で体験して保護具に関しての知識も高めます。




◆防じんマスクの正しい装着/電動ファン付き呼吸用保護具の有効性

溶接ヒュームや研磨の粉じんを吸ってしまうとじん肺になる可能性がある為、

防じんマスクをきちんと装着する必要があります。

DSCN0315.JPGDSCN0318.JPG



◆保護めがねと聴覚保護具(防音保護具)の有効性◆

高速飛来物を想定しエア・ソフトガン耐衝撃性の実験です。

防音保護具の正しい装着方法を学びます。

DSCN0323.JPGDSCN0335.JPG



◆墜落制止用器具(安全帯)の点検◆

受講者の墜落制止用器具を当日点検し、結果報告に伴い注意事項、

使用方法の解説がされました。

DSCN0349.JPGDSCN0371.JPG



保護帽の種類と構造の説明

保護帽の種類と構造を知り、作業にあった保護帽を選択しましょう!

DSCN0340.JPG



耐切創手袋の耐切創性能を実験

軍手と耐切創手袋をローリングカッターで切り比べてみます。

DSCN0360.JPGDSCN0363.JPG



各種保護具にも交換目安があるので、

作業中に起こる衝撃・使用頻度・使用環境により

安全性の見直しを行い適時に交換をしましょう!




ぴかぴか(新しい)皆様、お疲れ様でしたぴかぴか(新しい)




2021年09月13日

熱中症予防管理者講習会《豊橋会場》 2021/6/28実施

2021年6月28日実施



◇熱中症予防管理者講習会◇

〜豊橋会場〜




628日、株式会社新来島豊橋造船でトヨシップ事業協同組合向けに「熱中症予防管理者講習会」が行われ38名の方が参加されました。

新型コロナウィルス感染対策として、手指消毒、検温、受講中全員マスク着用、換気等対策が万全に行われ、さらに、事務局、その他関係者が抗原検査を行い全員が陰性であることを確認したうえでの開催となりました。




講師は、東京農業大学大学院農業研究科環境共生学博士、

日本スポーツ健康科学学会理事の齊藤 雄司 氏です。

DSCN0220(明るさ調整).jpg

管理者向けに具体的な熱中症のメカニズムと対処法に

ついてお話いただきました。




DSCN0230.JPGDSCN0212.JPG
DSCN0231.JPGDSCN0235.JPG


           (1)日本における熱中症の現状

           (2)造船現場の実態と熱中症の危険性

           (3)調査票を活用した予防対策

           (4)日常の生活習慣と発症時の対応 




各メーカーによる、熱中症対策用の製品の紹介や

サンプルの展示もあわせて行われました。



DSCN0211.JPGDSCN0239.JPGDSCN0244.JPG


       (1)熱中症飲料の種類と適切な飲料の飲み分け

       (2)既存のヘルメットと熱中症対策用ヘルメットの違い

       (3)作業負担の少ないPAPR製品、軽量マスクの紹介

       (4)パーソナルクーラーの紹介

       (5)熱中症を予防する木綿下着の紹介




皆様、お疲れ様でしたひらめき




posted by 日造協 at 11:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 熱中症予防管理者講習会

2021年09月08日

労働災害バーチャルリアリティー体験教育《住友重機械造船協同組合》2021/6/22

support-logo_2.jpg



2021622日(火)実施



■労働災害バーチャルリアリティー体験教育■

〜住友重機械造船協同組合〜




2021622日、新たな「労働災害バーチャルリアリティー体験教育」

横須賀会場でスタートしました。

今回は、住友重機械造船協同組合向けに開催され39名が参加しました。



DSCN0032.JPG



住友重機械造船協同組合 河西 良二 会長

ご挨拶からスタートです。

DSCN0025.JPG



昨年度、日本財団助成事業として「造船業に特化した日造協オリジナルのVRコンテンツ」制作が行われ、造船現場での「垂直はしごからの墜落・転落災害」「吊り荷に、はさまれ・巻き込まれ災害」2本が完成しました。 この2本に加えて、従来から実施している、建設現場での「足場からの墜落・転落災害」を含めた3本で新たなVR体験教育を行い、受講者には、日常では体験することのない墜落転落やはさまれ巻き込まれの災害をVR通じてリアルに体験してもらうことで危険意識の向上を図ります。



IMG_9005.JPGIMG_9008.JPG
DSCN0047.JPGIMG_9007.JPG
皆さん、リアルで迫力のあるVR体験に驚きの声が上がります!




保護具の体験教育

各保護具メーカーのご協力もいただき、各種保護具の役割、使い方、点検方法など、

作業環境を想定し実験を行い、その場で体験して保護具に関しての知識も高めます。




防じんマスクの正しい装着/電動ファン付き呼吸用保護具の有効性

溶接ヒュームや研磨の粉じんを吸ってしまうとじん肺になる可能性がある為、

防じんマスクをきちんと装着する必要があります。

IMG_9060.JPGIMG_9063.JPGDSCN0080.JPG



保護めがねと聴覚保護具(防音保護具)の有効性

高速飛来物を想定しエア・ソフトガン耐衝撃性の実験です。

防音保護具の正しい装着方法を学びます。

IMG_9070.JPGDSCN0093.JPG



◆保護帽の種類と構造の説明◆

保護帽の種類と構造を知り、作業にあった保護帽を選択しましょう!

IMG_9077.JPGIMG_9081.JPG



墜落制止用器具(安全帯)の点検

受講者の墜落制止用器具を当日点検し、結果報告に伴い注意事項、

使用方法の解説がされました。

IMG_9099.JPGIMG_9100.JPG



◆耐切創手袋の耐切創性能を実験◆

軍手と耐切創手袋をローリングカッターで切り比べてみます。

IMG_9112.JPGIMG_9113.JPG



各種保護具にも交換目安があるので、

作業中に起こる衝撃・使用頻度・使用環境により

安全性の見直しを行い適時に交換を心掛けましょう!




皆様、お疲れ様でしたexclamation×2





2021年09月07日

職長・安全衛生責任者能力向上教育《磯子会場》2021/6/21・24実施

2021年6月21・24日実施



◇◆職長・安全衛生責任者能力向上教育◆◇

〜磯子会場〜




2021621日、24日の2日間に渡り、ジャパンマリンユナイテッド横浜協力会向けに「職長・安全衛生責任者能力向上教育」が開催され、両日あわせて53名の方が受講されました。




ジャパンマリンユナイテッド株式会社

横浜事業所 安全衛生グループの上原信之グループ長より

ご挨拶をいただきスタートです。

DSCN9967.JPG


講師は、全国造船安全衛生対策推進本部

アドバイザリースタッフの児玉 猛 氏です。

DSCN9978.JPG

長年、造船業に携わる児玉講師ならではの

体験談を交えながら現場の実態に即した

熱い講義が行われました。




DSCN9984.JPGDSCN9974.JPG
DSCN0137.JPGDSCN0142.JPG
講師の話に真剣に耳をかたむけます。





DSCN9990.JPGDSCN9991.JPG

グループ討議では様々な意見が飛び交います。





DSCN0162.JPGDSCN0170.JPG

 グループ討議での意見を発表します。





後日、受講者には修了証が発行されました。





ぴかぴか(新しい)皆様、お疲れ様でしたぴかぴか(新しい)




2021年09月06日

「安全スタッフ 8/15号」に造船業特化のVR教材が紹介されました。


労働災害バーチャルリアリティー体験教育

造船業特化のVR教材作成が

★★「安全スタッフ」に掲載されました!★★




労働新聞社より毎月2回発行されている

「安全・衛生・教育・保険の総合実務誌 安全スタッフ

              20218/15号(No.2384



造船業に特化した日造協オリジナルのVRコンテンツ「造船現場での垂直はしごからの墜落・転落災害」「造船現場での吊り荷に、はさまれ・巻き込まれ災害」622日に住友重機械造船協同組合向けに開催されました労働災害バーチャルリアリティー体験教育について紹介されました。



安全スタッフ 表紙.jpg



P26.jpgP27.jpg


P28.jpgP29.jpg



是非、ご覧くださいexclamation×2