CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
・VR(仮想現実)技術を活用して疑似的に労働災害を体験する「労働災害バーチャルリアリティー体験教育」
・次世代を担うプロ安全衛生担当者の育成「徒弟制度」
・安全な職場づくりのアドバイスや提案をする「安全衛生アドバイザー相談会」

など造船業界を主体とした、様々な安全衛生活動に取り組んでいます。

2022年05月20日

労働災害バーチャルリアリティー体験教育《臼杵造船事業協同組合・旭洋造船(株)協力会》2021/11/5・12

support-logo_2.jpg



2021年11月5日(金)、11月12日(金)実施



■労働災害バーチャルリアリティー体験教育■

〜臼杵造船事業協同組合・旭洋造船株式会社協力会〜




日本財団助成事業「労働災害バーチャルリアリティー体験教育」

115() 臼杵会場で臼杵造船事業協同組合向けに66名、

1112()下関会場で旭洋造船株式会社協力会向けに29名で開催されました。



臼杵会場では開催にあたり、株式会社臼杵造船所 造船本部長 緒方洋典様

臼杵造船事業協同組合理事長 下松一也様より開会のご挨拶がありました。

下関会場では旭洋造船株式会社 総務部 安全衛生課長 山縣栄治様より

開会のご挨拶がありました。

DSCN0113.JPGDSCN0129.JPGDSCN0341.JPG



受講生はVRゴーグルを装着し、造船現場での

「垂直はしごからの墜落・転落災害」、「吊り荷に、はさまれ・巻き込まれ災害」

及び建設現場の「足場からの墜落・転落災害」について

バーチャル映像による疑似体験をしました。


《 臼杵会場 》

DSCN0153.JPGDSCN0155.JPG

《 下関会場 》
DSCN0355.JPGDSCN0356.JPG



講師より、その映像内容の注意するべき点について解説があり、

より理解を深めました。

DSCN0173.JPGDSCN0166.JPG


また受講生に持参して頂いた防じんマスクと安全帯の点検を行い

結果内容の報告とその取り扱い方法について説明を受けました。




●●●●●●●●保護具の体験教育●●●●●●●●

各保護具メーカーのご協力もいただき、各種保護具の役割、使い方、点検方法など、

作業環境を想定し実験を行い、その場で体験し保護具に関しての知識も高めます。



◆保護めがねと聴覚保護具(防音保護具)の有効性

高速飛来物を想定しエア・ソフトガン耐衝撃性の実験です。

防音保護具の正しい装着方法を学びます。

DSCN0184.JPGDSCN0190.JPG



保護帽の種類と構造の説明

保護帽の種類と構造を知り、作業にあった保護帽を選択しましょう!

DSCN0426.JPGDSCN0429.JPG



防じんマスクの正しい装着/電動ファン付き呼吸用保護具の有効性

溶接ヒュームや研磨の粉じんを吸ってしまうとじん肺になる可能性がある為、

防じんマスクをきちんと装着する必要があります。

DSCN0384.JPGDSCN0403.JPG


熱中症予防指導と個人用冷却器の注意事項

熱中症の正しい知識や対策・対処法を学び、安全に作業しましょう。

DSCN0457.JPGDSCN0461.JPG



各種保護具にも交換目安があるので、

作業中に起こる衝撃・使用頻度・使用環境により

安全性の見直しを行い適時に交換をしましょう!



すべてを受講された皆様には労働災害撲滅のために

この体験教育で得たことを職場に戻り同僚や部下の方々等へ

伝えて欲しいとのお願いをして体験教育を終えました。




皆様、お疲れ様でしたexclamation×2




2022年05月12日

安全衛生アドバイザー相談会《株式会社横浜工作所》2021/9/3、10/19実施

support-logo_2.jpg



2021年9月3日(金)、10月19日(火)実施



■安全衛生アドバイザー相談会■


〜第五回、第六回 株式会社横浜工作所〜




93日第五回目、1019日第六回目となる安全衛生アドバイザー相談会
神奈川県横浜市の株式会社横浜工作所で行われました。 
アドバイザーは日造協安全衛生アドバイザーの橋本顕氏です。


9月3日の第五回では、3回目の現場でのアドバイスが行われました。

前回の不安全状態等について著しい改善が進められており、

橋本アドバイザーより労いのお言葉がありました。


DSCN7790.JPGDSCN7770.JPG


しかし新たなアドバイスが行われ今後の改善課題を与えられました。
また前回作成された安全管理組織図へのアドバイスも行われました。

DSCN0075.JPGDSCN0098.JPG



1019日の第六回は、これまでに実施してきた「安全衛生アドバイザー相談会」の

内容について幹部の皆様にご説明すると共に今後目指すべき未来像へのご提言として

「安全衛生のためのルールづくり」「安全衛生教育の実施」「危険源の顕在化と排除」

についてのご説明をさせていただきました。


DSCN0075.JPGDSCN0098.JPG



また管理者の皆様にはこれまでに作成した、安全関係書類を元に「総括安全管理体制」と「統括安全管理体制」の重要性についてご説明させていただきました。
今後も安心安全で快適な職場づくりを目指して継続的に安全衛生活動へのアドバイスを行ってまいります。




皆様、お疲れ様でしたexclamation×2





2022年05月09日

職長・安全衛生責任者教育《呉会場》開催案内


職長・安全衛生責任者教育

呉会場開催のお知らせ

2022年5月21(土)・22(日)




職長・安全衛生責任者教育《呉会場》開催のご案内です。

2022年5月21日(土)22日(日)、

広島県呉市で「職長・安全衛生責任者教育」を開催します。



. 研修の日時及び会場


日時

1日目:2022年5月21日(土) 時間/8:15〜16:30(受付7:45〜)

2日目:2022年5月22日(日) 時間/8:20〜16:30


会場

JMU呉事業所 総合ハウス5F 大和ルーム

住所:広島県呉市昭和町2-1




2. 研修カリキュラム・・・合計14時間


<作業方法の決定及び労働者の配置に関すること>・・・2時間
(1)作業手順の定め方
(2)労働者の適正な配置の方法

<労働者に対する指導又は監督の方法に関すること>・・・2.5時間
(1)指導及び教育の方法
(2)作業中における監督及び指示の方法

<危険性又は有害性等の調査及び
       その結果に基づき講ずる措置に関すること>・・・4時間
(1)危険性又は有害性等の調査の方法
(2)危険性又は有害性等の調査の結果に基づき講ずる措置
(3)設備、作業等の具体的な改善の方法

<異常時等における措置に関すること>・・・1.5時間
(1)異常時における措置
(2)災害発生時における措置

<その他現場監督者として行うべき労働災害防止活動に関すること>・・・2時間
(1)作業に係る設備及び作業場所の保守管理の方法
(2)労働災害防止についての関心の保持及び労働者の創意工夫を引き出す方法

<安全衛生責任者の職務等>・・・1時間
(1)安全衛生責任者の役割
(2)安全衛生責任者の心構え
(3)労働安全衛生関係法令等の関係条項

<統括安全衛生管理の進め方>・・・1時間
(1)安全施工サイクル
(2)安全工程打合せの進め方

*************************************


※お申込みの前に必ず事務局にご連絡いただけますようお願い致します。

なお、日造協非会員は別途受講料がかかります。


●●お問合せ先●●

(一社)日本造船協力事業者団体連合会 業務部

電話:03−5510−3161   FAX:03−3502−5533

*************************************



2022年04月28日

職長・安全衛生責任者能力向上教育《豊橋会場》開催のご案内です。


職長・安全衛生責任者能力向上教育

豊橋会場開催のお知らせ

2022年5月12(木)





2022年5月12日(木)、愛知県豊橋市で「職長・安全衛生責任者能力向上教育」

開催します。



. 研修の日時及び会場


日時

2022年5月12日(木) 時間/8:05〜15:50(受付7:35〜)


会場

株式会社新来島豊橋造船 会議室

住所:愛知県豊橋市明海町22




2. 研修カリキュラム・・・合計6時間10分


<職長等として行うべき労働災害防止及び
       労働者に対する指導者又は監督の方法に関すること>
《基本項目》・・・・・2時間10分
(1)職長等の役割と職務
(2)製造業における労働災害の動向
(3)「リスク」の基本的考え方を踏まえた職長等として行うべき
   労働災害防止活動
(4)危険性又は有害性等の調査及びその結果に基づき講ずる措置
(5)異常時等における措置
(6)部下に対する指導力の向上(リーダーシップ等)
(7)関係法令に係る改正の動向

《専門項目》・・・・・2時間
・事業場における安全衛生活動

<グループ演習>・・・2時間
・事業場における安全衛生活動(危険予知訓練)


*************************************


※お申込みの前に必ず事務局にご連絡いただけますようお願い致します。

なお、日造協非会員は別途受講料がかかります。


●●お問合せ先●●

(一社)日本造船協力事業者団体連合会 業務部

電話:03−5510−3161   FAX:03−3502−5533

*************************************



2022年04月27日

徒弟制度座学研修《ナビオス横浜》2021/8/31実施

support-logo_2.jpg



2022年8月31日実施



−次世代を担う安全のプロ養成講座−

徒弟制度座学研修プログラム



2021831日に、横浜市のナビオス横浜で徒弟制度eラーニングによる

座学研修プログラムが開催されました。 



 831日に3回目となるeラーニングによる座学研修を実施し、日造協安全衛生アドバイザーの岩崎喜久男氏による「各論3」(OSHMSの概要、リスクアセスメント、労働保険と労災処理、作業手順、高年齢者への配慮)の講義映像が配信され、安全のプロを目指す徒弟制度の受講者が参加しました。



DSCN9913.JPGDSCN9928(明るい).jpg



 eラーニングは、研修会場に行かずともパソコンとインターネット環境があれば、どこからでも参加ができるため、「過去に一度受講したことがあるが、勉強のために再受講したい」という、より意欲的な受講者が現れるなど、従来の研修ではなかった効果が見られました。

 研修を担当した岩崎アドバイザーは、研修に常駐し、時折講義内容の補足説明や受講者とディスカッションをして、コミュニケーションを取りながら講義配信を行ないました。



DSCN9919.JPG



コロナ禍においても徒弟制度を推進し、

安全のプロ輩出を目指します。



皆様お疲れ様でしたひらめき