CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2007年09月 | Main | 2007年11月»

 

ブログ内の検索
Loading
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山中ともひとさんの画像
山中ともひと
プロフィール
ブログ
メールアドレス    ↓ jhospitalship@yahoo.co.jp
最新コメント
あきら
久々に更新 (12/01) 船大好き
ぱしふぃっくびいなす 船内見学会 続き (08/20) 医療画像
色々な病院船 (05/03) 高岡愼治
夢を実現にボランティアの船・病院船 (03/20) 高岡愼治
ボランティアの力で病院船建造 (03/20) ぷよぷよ
病院船のコスト試算 (09/18) 通りすがり
大型船では、入港できない港が多いのでは続き (08/17) 通りすがり
病院船が実現しない訳 (07/24) “My”アフィリエイトスカウト事務局
防衛研究所の論文から (03/20)
燃料電池の取付場所? (01/24)
最新記事


jhospitalship@yahoo.co.jp
https://blog.canpan.info/ngosinano/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ngosinano/index2_0.xml
第132回国会 予算委員会 第3号 [2007年10月28日(Sun)]
国会で、何度も病院船 hospital ship(医療支援船・災害救助船)を建造しようという意見はでていますが実現してないのです。
第132回国会 予算委員会 第3号
平成七年二月九日(木曜日)
   午前九時三分開会

(抜粋)
○猪熊重二君 平成六年度の補正予算に対する質問に先立って、今回の阪神大震災に関連して一、二点質問させていただきます。
 まず厚生大臣にお伺いしますが、今回の災害のうち、人身の負傷、疾病に対する医療行為の不足が重要な問題の一つとなっております。
 例えば、海上保安庁のヘリコプター搭載型巡視艇が医師、看護婦の宿泊休養施設として臨時に利用され、これらの医師、看護婦によって地上における医療行為が効果的に行われたというような例もあります。
 そこで、今後のために、災害時における使用を主目的としたいわゆる一口に言って病院船のようなものを装備しておくことを検討してみたらどうかと、こう思いますが、大臣の御見解はいかがでしょうか。
○国務大臣(井出正一君) お答えいたします。
 災害時における応急医療対策につきましては、災害救助法、厚生省の防災業務計画等に基づきまして、日本赤十字社や国立病院、国立療養所等からの救護班の派遣により対応することとなっておりまして、今回の震災時におきましてもこうした医療救護活動が行われたところでありますが、先生ただいま御指摘のように、初期におきましてなかなか思うようなきちっとした行動がとれなかったことは事実でございます。
 さて、御指摘の病院船についてでございますが、被災者の収容等は周辺病院の受け入れ体制と搬送の確保によって基本的には解決しなくちゃならぬと考えております。また、こういう船を用意した場合、平常時におきましても、診療機能を有する船舶でございますから、それを維持するためには膨大な経費も必要となることでございます。
 実は、湾岸戦争のころでしたか、平成三年度に総合的多目的な総合多目的船あるいは医療多目的船の検討が内閣の内政審議室で行われて今日まで来ております。いろんな検討の結果、むしろ総合多目的船とした方向でその検討が今も各関係省庁が参加するもとで調査が進められておることと承知しております。
病院船コンフォート [2007年10月24日(Wed)]
4ヶ月にわたる中南米諸国での人道的医療支援活動を終えてフロリダ沖に帰ってきた病院船コンフォート (USNS Comfort T-AH 20)の記事がYahoo!ブログ アメリカ海軍ニュース に載っていました。

4ヶ月も中南米に居たのですね。病院船は大規模自然災害に、役に立つのです。
病院船と災害医療 [2007年10月23日(Tue)]
災害医学・抄読会 臨床と薬物治療22:192-195, 2003より

洋上で傷病者の治療看護が可能な船舶病院船として差し支えないが、災害救助などの目的のためには、使用される各国の法令や基準を満たしている必要がある。
また、戦時下においてジュネーブ条約戦時国際法の保護対象となる病院船には規定があり、船体の大きさや塗色、設備運用などに細かい基準が定められている。
戦後長らく病院船が不在であったわが国では,これまでにも一部でその構造を強く望む声はあったが、阪神淡路大震災をきっかけに真剣に検討されるようになった。
わが国最初の病院船はイギリスで建造された商船神戸丸で、海軍が徴用して改造し病室のほか診察室や手術室、薬剤室を設置して、当時の陸上病院と比較しても遜色のない医療設備が施され、200床の病床を備えていた。日清戦争後、日本赤十字社は2隻の専用病院船を建造し、従事させたがいずれも 200床と少なく、多くの傷病者を内地送還するには不十分であった。

米国海軍の有する2隻の同型病院船のコンフォートとマーシーは現在世界で最も大きくかつ最も設備の整った病院船である。
2隻とも10万載貨重量トンを越すサクラメント級油槽艦を病院船に改造したものである。ちなみにマーシーは傷病者選別のためのトリアージセンターや12の手術室、ICU80 床、回復室20床中等度ケア用病室280床、軽度ケア用病室120床、部分的ケア用500床など1000床を有している。
さらに輸血部門や検査部門も充実しており、レントゲン部門ではCT撮影も可能である。
米国海軍はこのほかにも、空母や強襲揚陸艦にも病院船に匹敵する医療部門を設置しており、これらは準病院船ともいえる。
そのほかにはイギリス、中国、ロシアも病院船を保有している。
(中略)
現在、海上自衛隊が運用している災害医療を視野に入れた代表的艦艇に、おおすみ型輸送艦がある。本艦で高度な医療を実施するには設備の点から制約を受けるが、初期治療や中等症程度の治療には十分対応が可能である。艦型はサンジョルジョ級と同様で、広い飛行甲板と車両甲板を有し、揚陸には搭載しているエアクッション艇を使用する。
今後の災害支援での活躍が期待されている。こうした災害支援を考慮した艦艇の就役により、今後の洋上医療や被災地での艦上医療がより活発になるのは間違いないだろう。
しかし、純粋に災害時の医療活動の点から見れば、大きさや医療設備にも夜とはいえ、専用病院船が最も大きな力になることは疑う余地がない。
重傷者を収容し治療する能力を備えていれば、災害地に無傷の総合病院が存在することと同じであり、自己完結能力に優れている船舶は、陸上の上下水道や電気、ガスといったライフライン破壊にもさほど影響を受けずに活動を維持できる。
食料や医薬品の補給は船舶で行えばよいわけであるから、道路の寸断にも影響されないといった多くの利点を有している。
一方で専用病院船の保有を阻害している大きな要因が現在わが国の深刻な経済状態にあることを考えると、実現への道のりはなお遠いかもしれない。したがって、まず海上自衛隊が建造する補給艦や輸送艦に災害救助の能力を付与して、運用のノウハウを蓄積することが第一歩と考えられる。しかるべき後に新たな病院船論議を重ねて、期待される病院船の出現を待ちたい。
引用=http://plaza.umin.ac.jp/~GHDNet/circle/06/q616gaku.html

経済状態=採算性=運用効率 と考えると
https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/63に建造資金
https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/78に運用採算性
https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/148に建造費の比較
https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/179に運用方法
https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/205に病院船の機能・設備
https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/118私の意見


を書いています。実現可能です。
中国の病院船建造から考える [2007年10月21日(Sun)]
中国人民海軍の病院船建造から、考察します
中国と言うと間違ったイメージなのかも知れませんが、広大な大陸のイメージが強いですが実は、国土が広い分、北は北朝鮮国境のdandongから南はベトナム国境まで、海岸線も相当の距離を持っています。(日本は島国なので、海岸線は中国より長いです)
海上交通を利用した、船舶による医療活動の有効性を認識しているからこそ、病院船を建造したのです。
@船舶の有効性https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/183
         https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/153
         https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/116
         https://blog.canpan.info/ngosinano/category_4/
災害時の医療船の必要性https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/192

まず、船舶が医療活動に有効なのは、ご理解頂いたと思います。

A凖病院船(兼用船)か?専用病院船か?
日本でも、病院機能(病院設備)を持ってた病院船の必要性は、何年も前から言われていました。

病院船を望む声https://blog.canpan.info/ngosinano/category_5/
凖病院船とは、通常の船舶(輸送艦の場合が多い)の甲板に医療コンテナを載せた船です。
現在、我が国・日本では、輸送船の上に屋外手術ユニットを載せて運用する、凖病院船を保有しています。
中国人民海軍の船舶も以前は、凖病院船でした。


出典=日本の周辺国が装備する兵器のデータベースWiki
あえて、専用病院船を建造したのは、相当の調査と凖病院船の機能(性能)の比較があっての事でしょう。凖病院船では、対応できない本格医療設備とかベット数の不足とか問題があったのでしょう。

日本も本格医療設備(医療機能)を持った専用病院船が必要です。
日本も早期に病院船を建造しましょう!それが、私の提唱するBlogです。
https://blog.canpan.info/ngosinano/
中国海軍医院船 [2007年10月20日(Sat)]
中国人民海軍の8月29日に進水した、世界一新しい病院船(中国語の表記では医院船)
920型医院船は、詳細は不明ですが、1万トン以上ある大型のようです。


出典=bbs.zol.com.cn 中关村在线论坛 - 军事天地
中国病院船の続き [2007年10月19日(Fri)]
さすが、最新、世界で一番新しい病院船です。
ヘリポートも装備いており、かなり大きな船のようです。

出典=BT之家 » 中国军情 » 我海军920型医院船下水(图)
中国人民海軍(920型)医院船 [2007年10月18日(Thu)]
中国病院船について、かなり大きな写真が何枚も掲載されています。


出典=色狼网 - SeLang.Net » 『军事天地』 ---- 天下风云 » 【xna09/17阅】

中国では、病院は日本の呼び方と違い、大きさに関係なく医院ですね。
だから、医院船なのですね。
中国の最新病院船 [2007年10月17日(Wed)]
日本の、お隣の国、中国で、新しい病院船が8月29日進水していました。

出典=日本の周辺国が装備する兵器のデータベースWiki
燃料電池推進船その3 [2007年10月09日(Tue)]
燃料電池で動く船=「燃料電池推進船の研究」が
日本財団図書館 新形式舶用電気推進システムの試験研究
にまとめて、ありました。
動画による解説もあります。
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/1996/00307/mokuji.htm
燃料電池推進船その2 [2007年10月08日(Mon)]
地球温暖化ガスの排出が極めて少ない水素燃料電池を動力に使う船舶の研究が

日本財団図書館に「新形式舶用電気推進システムの試験研究」がありました。

出典=http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/1996/00306/mokuji.htm

水素燃料電池のメリットは、
@地球温暖化ガスの排出が少ない
Aエネルギー効率がディーゼル機関より良い
B静か、ディーゼル機関のような振動が無い
C機関室の無人化が可能、と言うよりも機関室が要らない

りんく=https://blog.canpan.info/ngosinano/category_9/
| 次へ