CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2007年08月 | Main | 2007年10月»

 

ブログ内の検索
Loading
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山中ともひとさんの画像
山中ともひと
プロフィール
ブログ
メールアドレス    ↓ jhospitalship@yahoo.co.jp
最新コメント
あきら
久々に更新 (12/01) 船大好き
ぱしふぃっくびいなす 船内見学会 続き (08/20) 医療画像
色々な病院船 (05/03) 高岡愼治
夢を実現にボランティアの船・病院船 (03/20) 高岡愼治
ボランティアの力で病院船建造 (03/20) ぷよぷよ
病院船のコスト試算 (09/18) 通りすがり
大型船では、入港できない港が多いのでは続き (08/17) 通りすがり
病院船が実現しない訳 (07/24) “My”アフィリエイトスカウト事務局
防衛研究所の論文から (03/20)
燃料電池の取付場所? (01/24)
最新記事


jhospitalship@yahoo.co.jp
https://blog.canpan.info/ngosinano/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ngosinano/index2_0.xml
緊急地震速報 [2007年09月30日(Sun)]
緊急地震速報とは、地震が到達(来る)する前に、速報が出るシステムです。
原理は、地震発生時のP波とS波の伝わる速度の違いによる、タイムラグ(時間差)によるものです。
地震発生と同時に、震源地に一番近い地震計が、地震を検知。
P波は毎秒約7km、S波は毎秒約4kmの速さなので、S波はP波の半分の速さなので、P波からS波の来る時刻を計算して、S波が来る前に「何秒後に震度いくつの地震が来ますよ」と速報が出るシステムです。
速報が出た時点で、震源地ではすでに「地震が起きている」わけです。「地震予報」ではありません。
「直下型地震」と「震源地に近い地域」では、P波S波の時間差が短いため、計算している時間中に地震が先に来ます。速報は全ての地震に対応しているものでありません。
地震が来るのが、事前にわかるのですから、画期的なシステムです。
「周囲の状況に応じて、あわてずに、まず身の安全を確保する」の行動だそうです。
逃げようたって、地震からは逃げれないですからね。


地震と言えば津波です。津波については、ツナミクラフトの販売のSTILL ALIVE まいける東山さん のブログです

スマトラ島沖地震復興商品「ツナミクラフト」の製品開発や販売、ドキュメンタリー「STILL ALIVE」の上映や、環境朗読劇、撮影などの仕事で出会った様々な出来事を書き記します。当初のコンセプトとだいぶ変わり、様々な繋がりによって話が展開していっています。最近は、様々なコラボレーションが発生しています。CANPAN第2回ブログ大賞にノミネート中ですhttps://blog.canpan.info/blog_award2007/archive/22

以下Blogタイトルから引用『ここ、数年、観光で生きているタイ・プーケットは、毎年のように、数々の苦難が襲っているが、立ち直っている。
しかし、今年、2005年は、すでに津波被害からの復旧が終わったにも関わらず「日本人観光客だけがプーケットに来ない」という現象が発生。それは、タイ・プーケットで、現地のタイの人たちと共に暮らし続けている日本人たちを直撃。それでも、力強く、楽しく、生きている。そこには、今の日本社会が失った大切なものが生きていた。』


新潟県中越沖地震 [2007年09月17日(Mon)]
久々に、新潟県中越沖地震の記事を発見いたしました。

マスコミでの地震報道が無いと、『復興した』と勘違いしやすいですが、そんな事はないのです。

canpan bilog 美ら海の里
https://blog.canpan.info/churauminosato/archive/124
に、最新の柏崎市の様子が報告されておりました。

新潟県中越沖地震のテレビ報道 [2007年09月03日(Mon)]
新潟県中越沖地震の時のテレビ報道について。
少し難しい問題ですが、地震災害のテレビ報道についてネットで発見してので報告しておきます。

私、自身は十勝沖地震の体験者なので、新潟県中越沖地震の被災者の気持ちを考えると、収束するまでは、BLOGには、書かないで来ましたし、書く気になりませんでした。
最近NETで、動画が観ることのできるYouTubeというサイトがあります。

リンク=中越沖地震 防犯カメラ映像
見ている分には、他人事ですが、実際に後片付けする人は、大変です。私も十勝沖地震の時は、家が『店や』で子供ながらに後片付けを手伝った記憶があります。

テレビ報道について

リンク=新潟県中越沖地震報道に物申す!C
リンク=新潟県中越沖地震被災地からの声・マスコミに物申すD

さらに、宜しくないのは、
リンク=中越地震 マスゴミの非情なインタビュー
インタビュアー自身が、PTSD(心的外傷後ストレス障害)を作っています。


ナッチャンRera レラその6 [2007年09月02日(Sun)]
ナッチャンRera レラの細かい詳細な仕様が載っています。
INCAT TASMANIA PTE.LTD. インキャット社

Photo ©:Incat

双胴船は、国内の造船メーカーでの建造は少ないですね、建造にはそれなりのノウハウ(技術の蓄積)が必要なのでしょう。
http://www.incat.com.au/news/news.cgi?articleID=64200&year=2007
ナッチャンRera レラその5 [2007年09月01日(Sat)]
ナッチャンRera レラ はオーストラリア生まれです。

ナッチャンRera レラの造船所 INCAT TASMANIA PTE.LTD. インキャット社(オーストラリア・タスマニア州)のホームページです。
Incat Australia

ナッチャンRera レラの記事が載っています=ナッチャンRera レラ

Photo ©:Incat