CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2007年02月 | Main | 2007年04月»

 

ブログ内の検索
Loading
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山中ともひとさんの画像
山中ともひと
プロフィール
ブログ
メールアドレス    ↓ jhospitalship@yahoo.co.jp
最新コメント
あきら
久々に更新 (12/01) 船大好き
ぱしふぃっくびいなす 船内見学会 続き (08/20) 医療画像
色々な病院船 (05/03) 高岡愼治
夢を実現にボランティアの船・病院船 (03/20) 高岡愼治
ボランティアの力で病院船建造 (03/20) ぷよぷよ
病院船のコスト試算 (09/18) 通りすがり
大型船では、入港できない港が多いのでは続き (08/17) 通りすがり
病院船が実現しない訳 (07/24) “My”アフィリエイトスカウト事務局
防衛研究所の論文から (03/20)
燃料電池の取付場所? (01/24)
最新記事


jhospitalship@yahoo.co.jp
https://blog.canpan.info/ngosinano/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ngosinano/index2_0.xml
病院船・医療船の機能・設計 [2007年03月19日(Mon)]
病院船の設計を考えると。国際貢献船・災害支援船・医療支援船として役立つ船舶でなけれはなりません。
まず第一に、世界的災害に対応する、医療支援船ですから、医療機能を重要視します。
限られた船内のスペースに如何に、医療活動がし易い様に、人の動線を考え、効率よく配置するか?
狭い船内に、手術室・救急処置室・ICU(集中治療室)・HCU(高度治療室)・一般病室・一般診察室・スタッフステーションが必要です。
さらに、普通の病院と同じ様に、検査部・機材部・薬剤部・給食部・リネン部も必要です。
MRI・CTなどの大型の検査機器と、一般に健診センターにある設備とスペースが必要です。
大型の本格的、滅菌機も必要でしょうし、大型の洗濯機と乾燥機も必要です。

災害地で活動する医療チームのオアシスとして、病院船の医療スタッフの生活の場として居住スペースが必要です。

さらに、艙に製パン工場を設けます。

船の大きさは、国内の港湾施設の大きさ(寸法)を考慮し、喫水を浅くし(6m程度)、
船長(船の長さ)は高波に対しての安定性を考慮し国際級(200m以上)です。

医療専用病院船ですから、艙に自動車とかホパークラフトとかを積むスペースは必要ありません。
それでも、船倉(艙)を大きく空け、必要にスペースを確保するために、
船を推進(動かす)方式は、エンジン(機関)とシャフト(推進軸)の無い『電気式ポッド推進』
https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/94

と『水素燃料電池』による発電の電気
https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/27
にします。この方式で従来(通常)船舶で、船倉(艙)中央に船の推進(動かす)ために、取られていたスペースが無くなり、自由に使えます。
https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/89
ポッド型電気推進のメリットは、日本財団図書館、造船技術研究開発課題の調査に掲載されています。
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2003/00390/contents/0002.htm

病院船を望む声1 [2007年03月04日(Sun)]
たのみこむhttp://www.tanomi.com/metoo/naiyou.html?kid=45528に、

『最新の医療技術を搭載し、入院設備完備、ヘリポートも完備。
 普段だと南は波照間島から北は礼文島までを巡回医療して回り、災害時には臨時避難所として活用する。(巡回だと山間部が空白となるが、移動人間ドックみたいなものが実現したら解消される)
 大きさはフェリーくらい。 基本として民間事業。
 平成十六年十月二十八日に放送されたTBS系ラジオ『噂の調査隊』によれば、米国では実現しているらしい。』

と言う記事がありました。
この記事(投稿)の中で、日常(平常時)の活動として、
「高度な医療を提供することで全国から患者を集めているそうですので」
の発言があります。

私の計画は、「高度な医療を往診します。」です。前回も書きましたが、
「高度医療手術」を船内でおこないます。

https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/30
https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/77
「【移動人間ドック船】という事業」の発言があります。
まさに、その通り高度な医療の往診と移動人間ドックを同時に行なえる船舶(病院船)なのです。

「ヘリを楽に着艦させられる程度の船の大きさだと離島の港湾施設では水深が足りずに着岸する事もままならない場合もあり、補給や陸上との行き来も大変になります。かといって船を小型化すると、悪天候時の安定性が皆無で患者は大変です。」
と言う発言もあります。仰る通りです、計画では横揺れはスタビライザーとバラストタンクで抑えられますが、縦揺れは船長(長さ)に影響されます、200m以上でなければ、抑制できないと文献にあります

http://www.overseacruise.com/cruisemaniacs/column2.htm
水深の浅い港湾に入港すために、病院船の喫水を6mにしています。
https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/53

「公共性の高い巡回医療をするのであれば、普通の料金で利用することが前提です」
勿論その通りです。
「船を使う以上、陸上の建物などに比べて何倍もの維持費、経費がかかります」
そんな事はありません、省エネルギーな燃料電池で動く船と、港湾使用料金の特区申請による免除と、医療スタッフを持たないで船舶の運航クルーだけの組織ですから維持費、経費も少なくてすみます。


「本邦のみならず台湾、フィリピン、インドネシア、バングラデシュ、スリランカ等の災害救援にも大いに役立つかと思われます」
病院船は国際貢献が、第一の役割です。アジア地域だけではありません、世界的災害が起きた時は地球の裏側(たとえば、チリ・ブラジル)まで駆けつけます。

決して、病院船建造は不可能な計画では有りません!実現可能な計画です。
夢の実現へ [2007年03月03日(Sat)]
病院船(国際貢献船・災害支援船・医療支援船)の建造の夢を実現に向けて!

夢の実現は、ソトコトhttp://canpan.info/open/news/0000001746/news_detail.htmlに書かれています。

夢の実現方法は、以前、松下幸之助氏が『ダム式経営』の講演のときに、
「ダム式経営とは、ダムに水を貯めるように余裕のあるときに蓄えをして不況に備えよう」というもの。それを聞いた一人の経営者が、具体的な方法を求めて『ダムの作り方』を質問したところ、

「ダムはどうしたらできるのか私もよう知りませんのや、知りませんけども、まずダムを作ろうと強く願うことですわ。」と松下氏は答えたそうです。

「強く願う」と、強い興味が沸いてきます。。すると、自ら進む道(方針・方向)が少し見えてきます。興味のある(好きな)事をしている時は時間をわすれ没頭します自分作り方を調べ(勉強)します。
安易に教えてもらおうとかは、よろしくありません。自分で調べるから自分のものになるのです。

私は、船舶に関して「素人」ですが、調べれば


https://blog.canpan.info/ngosinano/category_7/

https://blog.canpan.info/ngosinano/category_8/

https://blog.canpan.info/ngosinano/category_10/

の内容が、「素人」でも少しわかってきます。

夢の実現へ、日本財団ファンタジートゥループ が誕生しています。

病院船(国際貢献船・災害支援船・医療支援船)も誕生に向けて進みましょう!