CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 病院船の必要 | Main | 貢献船の名前»

 

ブログ内の検索
Loading
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山中ともひとさんの画像
山中ともひと
プロフィール
ブログ
メールアドレス    ↓ jhospitalship@yahoo.co.jp
最新コメント
あきら
久々に更新 (12/01) 船大好き
ぱしふぃっくびいなす 船内見学会 続き (08/20) 医療画像
色々な病院船 (05/03) 高岡愼治
夢を実現にボランティアの船・病院船 (03/20) 高岡愼治
ボランティアの力で病院船建造 (03/20) ぷよぷよ
病院船のコスト試算 (09/18) 通りすがり
大型船では、入港できない港が多いのでは続き (08/17) 通りすがり
病院船が実現しない訳 (07/24) “My”アフィリエイトスカウト事務局
防衛研究所の論文から (03/20)
燃料電池の取付場所? (01/24)
最新記事


jhospitalship@yahoo.co.jp
https://blog.canpan.info/ngosinano/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ngosinano/index2_0.xml
久々に更新 [2011年11月30日(Wed)]
国際貢献としても期待 被災地へ急行し医療支援

大地震など大規模な災害が起きた際、被災現場の沖合に派遣して負傷者の治療などに当たる「病院船」(災害時多目的船)の導入に向けた議論が始まっている。

病院船は「船になった病院」ともいわれ、船内には医師や看護師が常駐し、医薬品や医療機器などを一体的に提供する体制が取られる。

海外では米国や中国、ロシアの海軍がこの病院船を所有しており、スマトラ島沖地震など国際的な災害現場で活躍したことでも知られる。

米国の病院船を例に挙げると、ベッド数は1000床で手術室が12もある。ヘリコプターも配置されるなど、まさに本格的な病院の機能を持っている。

日本は地震に加え、火山災害や台風被害などがたびたび起こるため、災害列島といわれる。今回の東日本大震災でも多くの病院が津波で被害を受け、がれきなどで道路も寸断。陸上の医療体制がマヒしたことは記憶に新しい。

海に囲まれている海洋国家の日本にとって、病院船は移動手段も限られる災害時の陸上に代わる有効な手段になるとの期待が高い。

だが、病院船導入はかつて阪神・淡路大震災の際にも浮上したが、各省庁の思惑の違いから、立ち消えになった経緯がある。

16日の参院予算委員会でこの問題を取り上げた公明党の木庭健太郎参院幹事長は、各省庁任せでは「縦割り」の弊害で議論が前に進まないと力説。省庁の垣根を越え、「こうした問題に熱心に取り組んでいる民間団体などが持つノウハウや知恵も借り、今回はぜひ実現すべきだ」と早期導入を主張した。

政府は導入に向けた調査を行うため、2011年度第3次補正予算案に調査費3000万円を計上しているが、藤村官房長官が「民間の有識者の意見を聞きながら、検討を進めていく」と、前向きな答弁をしたことは率直に評価したい。

病院船が実現すれば、日本国内だけではなく、国際貢献の一環としての活躍も期待できる。例えば、東南アジア諸国連合(ASEAN)の島しょ国での巡回医療なども可能になろう。

もちろん、船を調達するには多額の費用が必要だ。その際、民間の船を改造するのか、新たに造るのかなど課題は山積している。

病院船の実現に向け、公明党を含めた超党派の議員連盟も4月に発足し、議論を重ねている。政府は導入に向けた具体的な検討を急ぐべきだ。
転載元url=http://blog.goo.ne.jp/mugen-kanousei/e/304e85c3f07328be6783ecdd4c81b0af

病院船建造実現へまた一歩近づくpartU [2011年05月19日(Thu)]
昨日、5月18日「病院船建造推進、超党派議員連盟 第4回総会」が開催されました
日医、病院船建造に賛同
( 2011年05月18日 19:32 キャリアブレイン )
 日本医師会の石井正三常任理事は5月18日、超党派の国会議員でつくる「病院船建造推進議員連盟」(会長=衛藤征士郎衆院副議長)の会合に出席し、「病院船はあった方がいい」と述べ、病院船建造に賛同する考えを示した。
 石井常任理事は、「救急医療では、既に全都道府県でメディカルコントロール体制の整備が終わっている。海も同様に考えないといけない」と指摘。その上で、「(国際的にも)日本が(病院船建造を)考えるか考えないかで、全く存在感が違ってくる」と述べた。
 また、同席した日医の藤川謙二常任理事は、東日本大震災に伴い発生した福島第1原子力発電所の事故などを踏まえ、「被ばくした人たちを助けるための特殊な船舶を持っておく必要があるのではないか」との考えを示した。また今後、さらに大きな災害の発生が想定されるとして、「できるだけ早く病院船を造るべき」とした。
 同議連は19日、今年度の第2次補正予算に病院船の建造に向けた調査費を盛り込むよう求める要請書を枝野幸男官房長官らに手渡す予定だ。

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/34196.html




2011年5月18日の第4回総会で、浅野 茂隆早稲田大学先端科学・健康医療融合機構機構長並びに朝日 透同大理工学術院先進理工学部教授より「最新鋭健康医療支援船がもたらす波及効果」についてご意見を開陳いただくと共に砂田向壱一般社団法人モバイル・ホスピタル・インタ­ーナショナル理事長より「日本が保有すべき病院船の基本的なコンセプト」について意見の開陳を頂いたものです。
 更には、オブザーバー参加頂きました日本医師会も病院船はわが国に必要との意見の表明があり、緊急災害医療はメディカル・コントロールであり本部が立ち上がってそこで医療­がすぐに始まる。海上についても同様でありヒューマニズムの精神から必要な時に必要な対応が取れるようにすることが肝要であることを述べられました。わが国が「医療船」を­考えることが、日本の内外へのアピールと共にステータスへとつながるとの積極的な発言がなされました。
 各有識者や出席者からも官民挙げて世論を喚起して行き、病院船の必要性を内外に訴えて世界貢献に役立てて行くべきだとの意見が大勢を占めたものです。
 同議連では、これまでの各界からのヒアリングや意見の開陳を踏まえて、意見集約を行い「病院船推進に関する要請書」のとりまとめることとし、私より原案を提示し@当該船建­造に係る調査費を平成23年度二次補正予算案に計上することA政府部内に「病院船機能を有する多目的船舶を担当する部門を設置し、その建造及び運用について速やかに検討を­開始することを満場一致で議決しました。

衆議院副議長 衆議院議員衛藤征士郎さんの YouTubeSeishiroEto さんのチャンネル より転記


<画像:http://www.shomei.tv/images/header/site_logo_01.jpg>
病院船を創ろう!!病院船は日本の必需品です - 署名活動するなら『署名TV』
’我々は病院船を推進している団体です。もし以上の視点に賛成であればサポートしてください!

https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/467

砂田理事長さんが総会へ出席されています。病院船実現へ近づいています

病院船建造実現へまた一歩近づく [2011年05月17日(Tue)]
病院船建造実現へまた一歩近づく
病院船建造の実現へまた一歩近づいてきました。
「病院船建造、超党派推進議員連盟」第3回総会 」

5月12日の会合では、岡崎研究所の小谷哲男特別研究員を講師にお迎えして「海に浮かぶ大学病院」ー病院船のコンセプトーと題して、病院船の必要性や同船保有の課題を中心­に40分の講演を頂きました。
 現在世界各国が保有する病院船は6隻。(米国2隻、中国1隻、ロシア3隻)米国が有するマーシー級の艦艇で排水量も69,360トンと他国を凌駕する規模であると共に活動­時には、約1,200名の軍の医療関係要員が乗船します。更には医療設備を有している主な各国の軍艦船は13隻。(米国8隻、英国1隻、フランス2隻、ドイツ2隻)こちら­は米国のワスプ級強襲揚陸艦であり最大600人の傷病者を収容可能です。
 いずれも04年のスマトラ沖地震や05年のハリケーンカトリーナ及びリタの医療支援活動等に従事する頼もしい存在と活動を行っています。私も4月から5月上旬に被災地に伺­い医療現場で医療の実態をヒアリングしてきたものですが、石巻赤十字病院では、地域の中核拠点病院として被災直後に患者が集中し、この患者へ対応するため70チーム500­人の医療スタッフが参集したことを飯沼院長先生より拝聴し陸路が閉ざされる中で海上路が求められたことや1日140機ヘリが空中で待つ状態が続いた事例などを示され、救急­輸送が急務のときのマッチングや患者の搬送先が海上に位置する病院船なら非常に心強いと賛意を表明して頂きました。
 石巻日赤病院は、4月下旬で450人の病院患者を受け入れており、病院船では500床だと賄えるのではないでしょうか等の貴重なご意見の開陳を頂いたものです。
 同様に相馬市の立谷市長も海上自衛隊の「おおすみ」をこの震災で使えたらと!医師として自分自身も何度も思い考えたものだとし病院船構想に賛意を表明いただきました。
 これらの被災地の貴重なご意見も踏まえて今後も複数回の専門家ヒアリングを経て、この思いを「2次補正予算案」に調査費として反映させるべく詰めの議論を行って参りますし­、議連の先生方の意見を集約してその思いを官邸にも伝えるべく「要請活動」も行い実現に向けた第一歩を力強く踏み出したいと考えています。


衆議院副議長 衆議院議員衛藤征士郎さんの YouTubeSeishiroEto さんのチャンネル より転記

りんく「病院船建造、超党派推進議員連盟」第2回総会

りんく病院船建造推進・超党派議員連盟 設立総会


病院船の建造を願う者の一人として嬉しい限りです。




病院船を望む声 [2010年09月15日(Wed)]
病院船を望む声はたくさんあります。
病院船を望む声https://blog.canpan.info/ngosinano/category_5/2
↑古い記事で恐縮ですが!
https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/296
↑に、私の意見と同じ意見が載っています。
まさに、私がブログで言いたかった事を非常に解りやすくまとめています。

↓病院船の目的
https://blog.canpan.info/ngosinano/category_30/に書いています。

病院船の1番の目的は、大震災への備えです。
次に、自然災害=台風・洪水・土石流 です。
さらには、原子力災害 です。

(実は、ここだけの話ですが、テロ発生時にも、有効に対応できます)

2番目の目的は、国内で無災害時=平常(日常)の活動です。
海外での大震災への支援です。
日本の緊急援助隊が派遣された、災害は、
過去にスマトラ島沖地震・ハイチ大地震があります。
(ハイチ大地震の時は、アメリカ海軍は病院船を派遣しています。アメリカ国内へ1艘残すために、2艘保有していますが、1艘だけですね。日本が1艘派遣できれば、2艘になります)

3番目の目的に、本当に無災害時=平常の時は、
日本国内での、医療過疎地域での健康診断・治療です。
また、開発途上国での医療支援も行います。
特に、東南アジア、オセアニア、アフリカでの医療活動は、我国日本のカタチの見える平和外交なのです。
パシフィック・パートナーシップ2010では、アメリカ海軍の病院船が参加しています。
↓海上自衛隊のパシフィック・パートナーシップ2010のページ
http://www.mod.go.jp/msdf/formal/info/haken/pp10.html
↓海上自衛隊の写真集のページ
http://www.mod.go.jp/msdf/formal/info/haken/pp10/14/index.html


↓日本学術会議の勧告
http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-19-kankoku.pdf#page=14
12ページ目にあります。
3.大都市の広域災害時における安全確保対策として、病院船の建造や感染症対策等の救急医療体制、また、情報・通信インフラ、大深度ライフラインによる重要業務集積地域への支援体制、及び広域災害時の防犯対策などを早急に整備する必要がある。
大地震・津波等の広域災害時には、現在の防災政策の背景となった過去の災害に比べ、インターネットを含む情報通信の集中、感染症・犯罪等の混乱と二次災害が顕著になる危険が高い。その予防対策と危機管理のための社会基盤整備に必要な法制度を制定する必要がある。
1)病院船の建造等救急医療体制の整備
 いまだに我々の記憶に生々しく残っている1995 年1 月17 日の阪神・淡路大震災の時には、世界の各国から援助の手が差し伸べられた。しかしながらこのときの日本政府の対応にはさまざまな問題があり、多くの反省すべき教訓が残されたといわれている。その教訓の一つに病院船の建造が挙げられる。
 海外の状況を鑑みるに、例えば、アメリカは数多くの病院船を持っている。代表的なマーシークラス病院船は5 万トンで、1,000 ベッドを持ち、紛争各地で活躍している。アメリカは、収容施設とヘリコプター運用能力を兼ね備え、さらには手術室まで備えた「浮かぶ病院」とも言える大型空母も多数持っている。イタリアは、8,900 トンクラスの病院船を3 艇持っており、運用は海軍が行っている。
 四方を海に囲まれ地震や火山の噴火などの災害に定期的に見舞われている我が国が、このような災害発生時に役立つ病院船を1隻も持っていないということは不思議なことである。我が国では海岸線から13km 以内に総人口の約50%が住んでいるのである。大地震発生時には陸上の交通網、通信連絡網、医療施設などの破壊が予想され、この際最も頼りになるのは病院船ではなかろうか。病院船には医療品や食料を貯蔵し、救助部隊が高速艇や消防艇で発進し、河川を遡上し沿岸での消火活動、被災者の救助、収容、治療に当たらせる。船内には情報センターやプレスセンターを設置し、甲板には移送用ヘリコプターの基地を造り、緊急時には医療スタッフや患者、被災者、各種の資材等をヘリで移送させる。病院船は通常は政府専用埠頭に待機させるが、定期的に過疎地域や島嶼に回航し、住民の検診や治療を行う。また必要に応じ海外難民の一時収容、あるいは海外災害地域へ派遣し、国際平和に貢献するための活動も行う。このような機能を持った船は我が国でも海上自衛隊の“補給艦とわだ型”3隻と輸送艦“おおすみ”があるが、それらのみでは不十分であり、災害時における固有の病院船の建造が必要である。


勧告では、「補給艦・輸送艦の医療設備の規模では不十分であり、本格医療設備を搭載した病院船が必要です。」と勧告しているのです。私の考えも全く同じです、早期に病院船の建造が必要なのです。

今年もCANPANブログ大賞2010 に参加しています

<画像:https://blog.canpan.info/canpan/images/blogaward_image130_120_090626.jpg>

NO47にノミネートしています。
今年は皆様の投票で、賞が決定するようです。
2010ブログ大賞 にノミネートしています
ノミネート一覧のページhttps://blog.canpan.info/blog_award2010/2
↓をクリック47をチェック→送信

<画像:https://blog.canpan.info/ngosinano/img/426/touhyou.jpg>
是非、ご協力をお願いします。
病院船を望む声 [2010年09月08日(Wed)]
病院船を望む声
病院船を望む声はたくさんあります!
古い記事からの引用ですが、
去年2009年1月19日の日経月曜コーナー「インタビュー領空侵犯」が、C.W. ニコル氏の「日本は国際病院船を出せ 目に見える貢献が必要」という内容らしいのですが。
残念ながら、私はこの記事を読んでいません。すみません。

記事の内容の掲載は、新聞の著作権がありますので出来ませんが、
一部の内容を「湘南健康センター広島のHP」http://www.syonan-seitai.jp/maruzatsu.htmlに載っておりました。

『飛鳥』のようなクルーズ船を改造した、『国際病院船』の建造です。
「目に見える国際貢献」です。

「日経ネットPLUS」の「専用船の保有は理想論」と言フォーラムがあります。
内容を見るには、登録が必要なようです。

私のHPに、
、「C.W. ニコル氏の雑誌掲載記事」を
https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/2742006年の10月に掲載しています。
C.W. ニコル氏は、私よりも以前のかなり前から病院船の必要性を訴えています。
https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/682006年10月31日

病院船の必要性 過去の記事で恐縮ですが

災害に役立つ病院船https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/47

病院船プロジェクトhttps://blog.canpan.info/ngosinano/archive/16

大地震の救援に病院船https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/32

離島医療に病院船https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/163

沢山の方が病院船の必要性を訴えています。
病院船を望む声 https://blog.canpan.info/ngosinano/category_5/





日本にも病院船が必要 [2010年08月27日(Fri)]
少し古いNETでのブログですが、
日本にも大型病院船が必要だ
2010/01/21 10:50

日ぶり、5歳と11歳を救出=米病院船到着、重傷者治療へ−ハイチ

【サンパウロ時事】米CNNテレビは20日、大地震が襲ったハイチの首都ポルトープランスで、発生から8日ぶりに5歳の男児が倒壊した自宅のがれきの下から救助されたと伝えた。AFP通信によると、11歳の女児も別の場所で助け出された。
CNNによれば、男児は放心状態で目と口を大きく開いたまま。脱水症状がひどく、総合病院で治療を受けている。女児は仏援助団体が手当てや水分補給を行っているが、ほぼ丸8日何も食べていないためかやせ細り、母親を恋しがっているという。
一方、世界最大級の米海軍病院船コンフォートがこの日、ハイチ沖に到着した。同船には約1000の病床と11の手術室が備えられている。現時点で25万人とも推定される負傷者の中でも、特に症状の重い被災者の治療に当たり、既に重傷患者の搬送が始まっている。(2010/01/21-10:01)時事通信社

(引用終わり)
社会インフラを破壊された被災地で医療活動を行うことは大変困難だ。汚染されていない飲料水の確保、照明や現代の医療器械を動かすのに不可欠な電力、清潔な手術室などは贅沢といってもいい。

世界最大級の米海軍病院船コンフォートは約1000の病床と11の手術室が備えられている。被災地近くに停泊すれば、そのまま自前の電力、給排水、医療品を保有する優秀な大病院になる。海軍の病院船は遠征作戦のために建造されたが、このような病院船は、海洋国日本にこそ必要なものである。

日本国内の大規模災害に備えるためだけでなく、近隣諸国における救援活動にも役立つことだろう。

以上http://asahisyougun.iza.ne.jp/blog/entry/1424347/からの引用です。
友愛の船・友愛ボート [2009年11月24日(Tue)]
友愛の船・友愛ボート構想が首相官邸のホームページに掲載されました。
鳩山総理によるアジア政策講演アジアへの新しいコミットメント-東アジア共同体構想の実現に向けて-(仮訳)


第三は、いのちを守るための協力です。
 アジアで自然災害によって亡くなった方の数は、2007年までの30年間で130万人を超えます。SARS、鳥インフルエンザ、新型インフルエンザなどの感染症も、国境を越えて猛威を振るいます。この地域では、自然災害や感染症は戦争を上回る、人間の安全保障上の課題である、と言っても過言ではありません。
 阪神・淡路、スマトラ、ジャワなどの大地震、繰り返し来襲するモンスーンや台風の被害――、大規模災害が起こるたびに、我々は、助け、助けられてきました。NGOやボランティアの人たちの献身する姿も、私の瞼に焼き付いています。我々はもっともっと、助け合おうではありませんか?
 各国の政府機関などに援助のための人的・物的アセットを事前登録してもらい、災害発生時に円滑に救助活動ができるようにするなど、防災のための新たな枠組み作りに向けて、日本は積極的に貢献していきます。
 衛生面では、日本は来年、自衛艦を『友愛ボート』と名付けて民間人やNGOの人たちも乗せ、太平洋・東南アジア地域で医療活動や文化交流などを行います。これは米国が2007年から行っている「パシフィック・パートナーシップ」への参加となります。米国、豪州、インドネシアなどと共に働き、現地の人々の役に立てることを期待しています。
政府インターネットテレビサイトへリンク

鳩山首相の構想では、自衛艦を使用するお考えですが、自衛艦は元々防衛のための船舶です。是非とも、医療専用船の建造を実現したいものです。
友愛ボートの続き [2009年11月18日(Wed)]
紛争や災害の被災者を救援するための「友愛ボート」構想について

鳩山首相の発言によると、

14日の講演では同構想に関し「紛争があって人の命が危ないとなれば、その船が行って医療などの協力を行う」とも説明

15日午後、アジア外交政策に関する講演後の質疑では、自衛隊艦船を、
「平時から活動し、台風や地震などの災害地で救助を行うことが中心になる。紛争地域に乗り込んで医療活動をすることはない」と発言

Yahoo!ニュースより引用

私もこのブログで何度も書いていますが、紛争地域に乗り込んで医療活動をするには、
国際条約の基準を満足した、世界の国々が認めた船舶でなければ、その船舶の安全は保障されません。国際条約の基準を満足した専用病院船を建造し、正式に登録した病院船であれば、世界中どこの紛争地域に乗り込んで行っても安全が保障されているのです。
国際条約の基準を満足した病院船→過去の記事へ
https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/64
さらに、専用医療船は、海外に居る在留邦人の救助の役割もあります。在留邦人の安全の確保も紛争時の重要な問題です。
紛争時に医療船の必要→2006年11月の記事
https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/65
https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/66
すでに、お隣の国、中国では、専用病院船を保有しています。我国でも早期に実現したいものです。
中国医院船→過去の記事
https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/307
https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/224
https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/285
https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/287
https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/310
友愛ボート・友愛の船 [2009年11月16日(Mon)]
友愛ボート・友愛の船 構想の発表がありました。

シンガポールを訪れている鳩山首相は、スピーチの中で、自衛隊の艦船に民間人や非政府組織(NGO)のメンバーを乗せて、太平洋・東南アジア地域で医療活動や文化交流などを行う「友愛ボート」構想を明らかにした。



内容は鳩山首相アジア政策演説全文<2> : 読売新聞

大規模災害発生時に円滑に救助活動ができるように、災害、防災のための新たな枠組み作りをする。日本は来年、自衛艦を「友愛ボート」と名付けて民間人やNGOの人たちも乗せ、太平洋・東南アジア地域で医療活動や文化交流などを行う。
「日本の自衛艦に自衛隊のみならず、NGO(非政府組織)あるいはアジアの多くの人たちが協力して乗り込んで、紛争があって人の命が危ないとなれば、その船が行って医療などの協力を行う」
と言った構想です。

その船こそが、私が提唱している、専用病院船なのです。
専用病院船は、国際法で守られる安全性!
関連過去の記事→病院船
多くのボランティアを乗せて、研修・活動を行うには、宿泊・居住の設備を持った船でなければ、なりませんし、
大規模災害時に医療活動を行うためには、医療設備も本格的な物を持っていなければ役に立ちません。
そこで必修なTOOL(お道具)が、災害医療用に設計した専用病院船です。
使用する船舶は、自衛艦に限定する必要は無いと思います。民間でもよいのです。
ぜひとも、専用病院船の建造の実現を!
病院船を望む声 [2009年09月29日(Tue)]
病院船を望む声は数多くあります、
災害時には、陸上の交通に頼らない、海上輸送が適しています。
病院船は海上輸送の船舶だからこそ、災害時に役立つのです。

病院船の建造の新聞記事がありました。



淀川ネイチャークラブ
http://www.jin.ne.jp/koyo/nature/nature.htm
http://www18.ocn.ne.jp/~supcync/sub2.html会長

淀川フォーラム実行委員長 の小竹武先生も病院船の必要を訴えています。
トランタンネットワーク新聞社
スペシャル対談 > 2006年11月号
↑新聞の内容は著作権上掲載できなのでリンクを御覧ください
| 次へ