CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«超スーパーエコシイプのパワー(動力) | Main | 医療支援!病院船!»

 

ブログ内の検索
Loading
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山中ともひとさんの画像
山中ともひと
プロフィール
ブログ
メールアドレス    ↓ jhospitalship@yahoo.co.jp
最新コメント
あきら
久々に更新 (12/01) 船大好き
ぱしふぃっくびいなす 船内見学会 続き (08/20) 医療画像
色々な病院船 (05/03) 高岡愼治
夢を実現にボランティアの船・病院船 (03/20) 高岡愼治
ボランティアの力で病院船建造 (03/20) ぷよぷよ
病院船のコスト試算 (09/18) 通りすがり
大型船では、入港できない港が多いのでは続き (08/17) 通りすがり
病院船が実現しない訳 (07/24) “My”アフィリエイトスカウト事務局
防衛研究所の論文から (03/20)
燃料電池の取付場所? (01/24)
最新記事


jhospitalship@yahoo.co.jp
https://blog.canpan.info/ngosinano/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ngosinano/index2_0.xml
ポッド推進 [2007年01月03日(Wed)]
電気推進+ポッド推進の船を提案しています。
電気推進のメリットは、日本財団図書館の文献http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2002/00258/contents/015.htmに載っています。


(電気推進の可能性)
 電気推進システムについてはコンセプトとしては古くから存在しており、過去においてはディーゼルエンジンによりDC発電機を回し、DCモーターに直結するシステムが用いられていた。現在では周波数コントロール付のACモータードライブシステム及びSCRコントロール付のDCモータードライブシステムで効率は97%に達して、船舶の全体的エネルギー効率の向上と排ガスの減少に貢献している。

 大型のクルーズ船は客室用の電力を大量に必要とするため、大部分の新造船はディーゼル電気推進を採用している。

(米海軍の取組)
 艦船の全電化については、推進、武器システム等全ての艦上システムを電動とすることによる操作とメンテナンスの容易、それに伴う乗員の減少、民間船との部品の互換性の向上、機械容積の減少に伴う武器容積の増大、燃料の相対的節約。

(電気推進のメリット)
 電気推進船の強みは、環境を考慮して最適な発電プラントを選べる点にある。ガスタービンがクルーズ船に使用される以前は、全てディーゼル電気推進船であった
 これら発電用ディーゼルエンジンの代わりにバイオ燃料エンジン、天然ガスエンジン、混焼エンジン等のクリーン・エンジンを使えば、それなりのクリーン効果が得られることは論を待たない。また、将来、安価な燃料電池が舶用として実用化された場合には燃料電池から直接電力が得られ、内燃機関と発電機が不要となり、コスト効果の高いクリーンな電気推進船が実現する。

ABB社資料より引用=http://www.abb.com/cawp/seitp161/c9b2b006963437f8c1256fee002da8d1.aspx



シップテクノロジーより引用http://www.ship-technology.com/contractors/propulsion/abb/
翻訳版は、こっちです
ポッド推進で有名なのは、Azipod®です。http://search.abb.com/library/ABBLibrary.asp?DocumentID=3BFV000246R01&LanguageCode=en&DocumentPartID=&Action=Launch
 


ポッド推進と電気推進のメリットが、日本財団図書館の文献http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2003/00390/contents/0002.htmにありました。
ポッド推進のメリットは、
・水力学的効率が高いことから、燃料消費量が少なく、環境にやさしい。
・操船性が高い(舵ではなくプロペラその物の方向を変えるのですから当然です。)
・プロペラ駆動用モーターをポッドに収納しているため、振動および騒音がさらに低減され、
またプロペラによる船体振動が極めて少ない。(モーターは水中に有るのですから船体の振動は少ないです。)
・プロペラ駆動用モーター、プロペラ軸、舵、スタンスラスター等が不要なため、船内空間
の有効利用が可能。
・モジュラー構造になっており、船体への取り付け時間が短く、取り付けコストを低減できる。
 また建造工程の最後の段階での引渡し・取り付けが可能。
ポッド型推進システム解説のHPhttp://www.overseacruise.com/cruisemaniacs/column9.htmに採用船の一覧が載っています。

CRP Azipod®がフェリー「あかしあ」と「はまなす」に採用された記事http://www.abb.com/cawp/seitp161/1d87474814e9ff94c1256f9200364c7f.aspx 翻訳版はこっちです。

ポッド推進の詳しい記事は海技研のHPhttp://www.nmri.go.jp/main/etc/kaisetsu/0009.html
専門すぎて、私に理解できない部分もありますが。勉強される方のため紹介します。

私の提案する。電気推進+ポッド推進船のメリットをまとめると!

電気推進の利点
・大型のエンジン(機関)が必要ない、分散して設けるため、船内のレイアウトが自由に出来スペースが有効に取れる。機関が無いので機関室が無い。
・推進用エンジンと船内の電気供給用エンジンを兼用できる。(病院船は停泊して診療活動を行うので、推進用のパワーを診断装置等の医療機器への電気の供給に使える)
・発電が出来る物であれば何でもよいので、エンジン発電機では無く燃料電池が使えるので地球温暖化ガスの排出が無い。
・燃料電池を使うとエンジン(機関)のような振動・騒音が無い。
・電気を制御すればよいので、自動化がしやすい。(ボイラーと比較するとかなり制御しやすい)

ポッド推進の利点は(上で書いた事と重複ますが)
・水力学的効率が高い船形の設計が可能なことから、燃料消費量が少なく、環境にやさしい。(少ないパワーで効率の良い推進が出来る。安定性の有る船形で船の設計が出来る。)
・操船性が高い。(小さい半径で旋回できるので、小さな港湾にも入って行ける。)
・駆動部分が船体内に無いので、水中のため振動・騒音が少ない。
・プロペラーシャフト(推進軸)・推進モーターが船体内部に無いので、船体内のスペースが有効に取れる。

以上の優れた利点があります。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント