CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«地球温暖化防止月間 | Main | ヘリポート»

 

ブログ内の検索
Loading
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山中ともひとさんの画像
山中ともひと
プロフィール
ブログ
メールアドレス    ↓ jhospitalship@yahoo.co.jp
最新コメント
あきら
久々に更新 (12/01) 船大好き
ぱしふぃっくびいなす 船内見学会 続き (08/20) 医療画像
色々な病院船 (05/03) 高岡愼治
夢を実現にボランティアの船・病院船 (03/20) 高岡愼治
ボランティアの力で病院船建造 (03/20) ぷよぷよ
病院船のコスト試算 (09/18) 通りすがり
大型船では、入港できない港が多いのでは続き (08/17) 通りすがり
病院船が実現しない訳 (07/24) “My”アフィリエイトスカウト事務局
防衛研究所の論文から (03/20)
燃料電池の取付場所? (01/24)
最新記事


jhospitalship@yahoo.co.jp
https://blog.canpan.info/ngosinano/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ngosinano/index2_0.xml
超スーパーエコシップ!病院船hospital ship! [2006年12月25日(Mon)]
海技研http://www.nmri.go.jp/eco-pt/index_j.htmlで研究を進めているスーパーエコシップという船があります。

<スーパーエコシップのイメージ図>海技研HPより
スーパーエコシップは、電気推進式二重反転プロペラ型ポッド推進器+ガスタービン発電機の組み合わせで推進する船です。ポッド推進器http://www.nmri.go.jp/main/etc/kaisetsu/0009.htmlは船外機の大きい物と言うか、模型の水中モーターhttp://homepage1.nifty.com/mizuyon/s1lab/s1lab.htmを大きくして舵取り機能を持たせたような物です。
スーパーエコシップの特徴(メリット)はhttp://www.nmri.go.jp/eco-pt/topics/pamph/pamph-9_j.htmlに書かれている様に、二重反転プロペラは回転流を打ち消すので、推進効率がUPします。
電気推進は、http://www.nmri.go.jp/eco-pt/topics/pamph/pamph-2_j.htmlに有るように船内の配置(レイアウト)が自由になります。通常の船は船尾に、スクリュー(プロペラ)があり、それを回す軸が船体中央まで伸びて船体中央の機関(エンジン)まで真っ直ぐつながっています。この分、艙のスペースがとられていたいた訳です。
スーパーエコシップの研究開発http://www.nmri.go.jp/main/etc/kaisetsu/0013.htmlに詳しく書かれています。

私の提案するスーパーエコシップは、さらに進めてガスタービンを燃料電池に替え、もっと排出ガスを少なくしようと考えています。はじめに、鉄道の場合でもディーゼル機関+二次電池、自動車もガソリンエンジン+二次電池の組み合わせから始まって、今はもう走行しいます。次の実用化は、やはり水素燃料電池です。

スーパーエコシップはCO2の排出を抑えるだけではありません。電気推進なので、水中のポッド推進器と燃料電池を電線で結べばよいだけです。推進軸と機関(エンジン)を持たないので、機関室が有りません。その分、船体内部にスペース(空間)が作れるメリットがあるのです。

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント