CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«病院船て何ですか?? | Main | 色々な病院船»

 

ブログ内の検索
Loading
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山中ともひとさんの画像
山中ともひと
プロフィール
ブログ
メールアドレス    ↓ jhospitalship@yahoo.co.jp
最新コメント
あきら
久々に更新 (12/01) 船大好き
ぱしふぃっくびいなす 船内見学会 続き (08/20) 医療画像
色々な病院船 (05/03) 高岡愼治
夢を実現にボランティアの船・病院船 (03/20) 高岡愼治
ボランティアの力で病院船建造 (03/20) ぷよぷよ
病院船のコスト試算 (09/18) 通りすがり
大型船では、入港できない港が多いのでは続き (08/17) 通りすがり
病院船が実現しない訳 (07/24) “My”アフィリエイトスカウト事務局
防衛研究所の論文から (03/20)
燃料電池の取付場所? (01/24)
最新記事


jhospitalship@yahoo.co.jp
https://blog.canpan.info/ngosinano/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ngosinano/index2_0.xml
色々な病院船 [2011年04月30日(Sat)]
病院船とは、何ですか?一番多い質問です。その続きです。

世界最大の病院船は アメリカ海軍の保有する
マーシー (USNS Mercy, T-AH-19) コンフォート (USNS Comfort, T-AH-20) です

<画像:http://www.mod.go.jp/jso/Activity/Gallery/images/Past/pp2010/20100622/NO11_thumb.jpg>
写真は病院船マーシー パシフィック・パートナーシップ2010防衛省HPより
手前は我国海自輸送艦「くにさき」全長 178.0m全幅25.8m写真の撮り方で実際はくにさきの方が約100mも短いです。

写真は昨年行われたパシフィック・パートナーシップ2010防衛省HPより

補給艦と並ぶと船の大きさが分かります。

<画像:http://www.kjclub.com/UploadFile/exc_board_53/2011/03/26/m_20091115-hospital_ship.jpg>

排水量 69,360トン
全長 272.6m
全幅 32.2m
吃水 10.5m
機関 ゼネラル・エレクトリック式蒸気タービン2基, 1軸, 24,500hp (18.3MW)
最大速力 17.5kt

乗員 通常時・民間人12名, 軍人58名
活動時・民間人61名, 軍人1,214名
活動準備期間 5日間
行動期間 約90日間

医療設備:ベッド数1,000、手術室12、レントゲン室4、集中治療設備80床
航空設備:ヘリコプター甲板
最大収容患者数:約1,000名

船内の構造です。以前ブログに書いたものです
病院船USAマーシーの内部詳細を紹介している。ページがありました。
<画像:https://blog.canpan.info/ngosinano/img/267/tah-19-image6.gif>
<画像:https://blog.canpan.info/ngosinano/img/267/tah-19-image9.png>
画像↑クリックでリンク先へ移動、リンク先より出典
船倉内が6層になっています。さすが、世界最大のhospital ship(病院船)です。
さらに、上部甲板は、4層です。


世界最大を誇る病院船ですが、残念なことに船齢36年普通に36年前に建てられた病院をイメージしてください。かなり老朽化していると思いますよ。

世界で一番新しい病院船は、中国海軍の
和平方舟(Peace Ark)



http://www.youtube.com/watch?v=RGxTfx90k74
http://www.youtube.com/watch?v=NfqtwcFa_1o&feature=related

満載排水量 23,000t
全長 180m
全幅 24.6m
喫水 9m
主機 ディーゼル 2基 2軸
速力 19kts
航続距離 10,000nm/14kts
乗員 130名
搭載機 Z-8汎用ヘリコプター 1機
http://wiki.livedoor.jp/namacha2/d/920%b7%bf%c9%c2%b1%a1%c1%a5より
2008年10月23日に就役、東海艦隊に配備
船内は、生活区画と医療用区画に区分
約500〜600床の負傷者/病人用ベッド。医療用区画では、通常の医療用ベッドのほか、集中治療室、重症者ベッド、火傷者専用ベッド、隔離病床などニーズに応じた病床が用意されており、300名の負傷兵を収容して、同時に8人の手術を並行して行う能力を有している。
CTスキャン、レントゲン、心電図モニタ、人口呼吸器、血液回収機、歯科医療機材、手術用顕微鏡など217種2400台に上る医療用設備が整えられており、脳外科、胸部、腹部、骨折、火傷、水中での負傷など多様な負傷者の緊急手術に対応可能。遠隔手術用システムにより各種専門医の指導の元で手術を実施する能力も備えている。
傷病者は乗船後、医療スタッフが持っている携帯情報端末により負傷・病気の情報や血液型などの個人データを艦内データベースに登録して各個人の電子カルテを作成、それによって効率的な管理・治療を行う。船内には傷病者搬送用エレベータが多数設置されているのも病院船としての本船の特徴。船内には海水淡水化装置が搭載されており、手術などに必要な淡水を24時間供給する。大型化と振動低減技術の導入に伴い、荒天下での動揺が抑えられている。
2010年8月31日から11月26日にかけて初の外国での医療支援活動(活動名「和諧使命2010」)に従事しており、中国海軍アデン湾派遣艦隊に対して医療支援活動を行った後、インド洋に面したジブチ、ケニア、タンザニア、セイシェル、バングラデシュの五カ国を訪問して国際貢献活動として医療サービスの提供を実施。2,127名に対して検診を実施、12,806名の外来患者、1,858名の患者が同船を訪れており、97回の手術に成功している。








トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
軍事的な病院船ですね。その中で、電子カルテなどの技術を利用していますね。
本当に先進的なもんです。
Posted by: 医療画像  at 2011年05月03日(Tue) 23:38