CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«大型船では、入港できない港が多いのでは続き | Main | USNSコンフォート»

 

ブログ内の検索
Loading
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山中ともひとさんの画像
山中ともひと
プロフィール
ブログ
メールアドレス    ↓ jhospitalship@yahoo.co.jp
最新コメント
あきら
久々に更新 (12/01) 船大好き
ぱしふぃっくびいなす 船内見学会 続き (08/20) 医療画像
色々な病院船 (05/03) 高岡愼治
夢を実現にボランティアの船・病院船 (03/20) 高岡愼治
ボランティアの力で病院船建造 (03/20) ぷよぷよ
病院船のコスト試算 (09/18) 通りすがり
大型船では、入港できない港が多いのでは続き (08/17) 通りすがり
病院船が実現しない訳 (07/24) “My”アフィリエイトスカウト事務局
防衛研究所の論文から (03/20)
燃料電池の取付場所? (01/24)
最新記事


jhospitalship@yahoo.co.jp
https://blog.canpan.info/ngosinano/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ngosinano/index2_0.xml
大型船では、入港できない港が多いのでは続き [2009年08月12日(Wed)]
大型船では、入港できない港が多いのでは?
以前の記事を思い出しました!
りんく&くりっく↓
https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/163

内容は、
私の計画は、「高度な医療を往診します。」です。前回も書きましたが、
「高度医療手術」を船内でおこないます。

https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/30
https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/77
「【移動人間ドック船】という事業」の発言があります。
まさに、その通り高度な医療の往診と移動人間ドックを同時に行なえる船舶(病院船)なのです。

「ヘリを楽に着艦させられる程度の船の大きさだと離島の港湾施設では水深が足りずに着岸する事もままならない場合もあり、補給や陸上との行き来も大変になります。かといって船を小型化すると、悪天候時の安定性が皆無で患者は大変です。」
と言う発言もあります。仰る通りです、計画では横揺れはスタビライザーとバラストタンクで抑えられますが、縦揺れは船長(長さ)に影響されます、200m以上でなければ、抑制できないと文献にあります

http://www.overseacruise.com/cruisemaniacs/column2.htm
水深の浅い港湾に入港すために、病院船の喫水を6mにしています。
https://blog.canpan.info/ngosinano/archive/53

「公共性の高い巡回医療をするのであれば、普通の料金で利用することが前提です」
勿論その通りです。
「船を使う以上、陸上の建物などに比べて何倍もの維持費、経費がかかります」
そんな事はありません、省エネルギーな燃料電池で動く船と、港湾使用料金の特区申請による免除と、医療スタッフを持たないで船舶の運航クルーだけの組織ですから維持費、経費も少なくてすみます。


「本邦のみならず台湾、フィリピン、インドネシア、バングラデシュ、スリランカ等の災害救援にも大いに役立つかと思われます」
病院船は国際貢献が、第一の役割です。アジア地域だけではありません、世界的災害が起きた時は地球の裏側(たとえば、チリ・ブラジル)まで駆けつけます。

決して、病院船建造は不可能な計画では有りません!実現可能な計画です。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
南米までですとかなりの日数がかかると思います。
やはり医療救護活動を迅速に実施することを考えるなら東南アジアあたりまでを基本的な範囲とするのが現実的かと思いますが。
Posted by: 通りすがり  at 2009年08月17日(Mon) 00:35