CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«温室効果ガス削減 | Main | なぜ3艘なのか!»

 

ブログ内の検索
Loading
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山中ともひとさんの画像
山中ともひと
プロフィール
ブログ
メールアドレス    ↓ jhospitalship@yahoo.co.jp
最新コメント
あきら
久々に更新 (12/01) 船大好き
ぱしふぃっくびいなす 船内見学会 続き (08/20) 医療画像
色々な病院船 (05/03) 高岡愼治
夢を実現にボランティアの船・病院船 (03/20) 高岡愼治
ボランティアの力で病院船建造 (03/20) ぷよぷよ
病院船のコスト試算 (09/18) 通りすがり
大型船では、入港できない港が多いのでは続き (08/17) 通りすがり
病院船が実現しない訳 (07/24) “My”アフィリエイトスカウト事務局
防衛研究所の論文から (03/20)
燃料電池の取付場所? (01/24)
最新記事


jhospitalship@yahoo.co.jp
https://blog.canpan.info/ngosinano/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ngosinano/index2_0.xml
船は、全部で何艘必要ですか? [2009年06月14日(Sun)]
Q.病院船の必要艘数は何艘で、しょう?

A.3艘です!日本海側に一艘・太平洋側に一艘・海外に一艘です。
海外の大規模災害へ支援のため、外国に一艘派遣中に国内に災害が発生した場合でも、対応できます。


なぜ、国内災害用に、2艘なのか!
日本列島の幅は広い所で 300 km
長さ(南北)は 3500 km
海岸線の延長は 2 万 8000 km
です。
災害発生時の船の移動を考えると、長さ(南北)3,500kmの半分を船の速度60km/hで移動したとして、1750km/60km/h=29時間です。
まぁこれは、2艘とも、日本列島の中央部に位置していた時に、北の端または南の端に移動する時間です。
条件として、最も悪い場合を想定いています。実際の運用では、1艘が北で活動いている場合は、残りの別の一艘は、南で活動する様に、運用を組みます。


この、運用用方法で、なんとかカントカ・どうにかコウニカ、24時間以内に災害地域に到着できる、最低の船数が2艘です!

それにしても、縦(南北)に長い日本列島を新ためて実感しました。
今回は、地図入りで分かりやすい説明でしょう!よけい解りにくかな?
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント