CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«病院船の必要性 | Main | 燃料電池の続き»

 

ブログ内の検索
Loading
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山中ともひとさんの画像
山中ともひと
プロフィール
ブログ
メールアドレス    ↓ jhospitalship@yahoo.co.jp
最新コメント
あきら
久々に更新 (12/01) 船大好き
ぱしふぃっくびいなす 船内見学会 続き (08/20) 医療画像
色々な病院船 (05/03) 高岡愼治
夢を実現にボランティアの船・病院船 (03/20) 高岡愼治
ボランティアの力で病院船建造 (03/20) ぷよぷよ
病院船のコスト試算 (09/18) 通りすがり
大型船では、入港できない港が多いのでは続き (08/17) 通りすがり
病院船が実現しない訳 (07/24) “My”アフィリエイトスカウト事務局
防衛研究所の論文から (03/20)
燃料電池の取付場所? (01/24)
最新記事


jhospitalship@yahoo.co.jp
https://blog.canpan.info/ngosinano/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ngosinano/index2_0.xml
燃料電池の取付場所? [2009年01月18日(Sun)]
?さんからの質問です

超スーパーエコシイプのパワー(動力)

に質問がありました。「あまり重たいものを喫水より上に設置すると重心が上がって船が不安定になっちゃうんじゃないんですか?」


ご指摘の通りです。
上部に重い物を設置すると、船の重心が上がります(重心位置が上)
重心が上ですと、バランスが悪い、安定性の悪い(不安定な)船になります。
バランス(重量配分)は船全体で考える必要がありますね。

燃料電池ユニットは、1台18トンです。108台=1,944トンです。
船体自体の重量から比較すると、それほどの割合では、ありません。
ただし、バランスを考えて均等になる様に配置しています。


また、重心を下げるため、NAS電池は喫水面に近い艙に設置しています。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
私も無線はちょっと勉強しましたが船の方は聞きかじっただけですよ。
ところでこのフェリーですが考えられている船の規格に近いような気がしますが。

http://www.mhi.co.jp/technology/review/pdf/416/416338.pdf
Posted by: ?  at 2009年01月24日(Sat) 23:04

船の重量ですが、私は、船に関して素人です。
正確な細かい計算は、残念ながらしていません。
同規模(同じ様な大きさ)の船を元にした、概算値です。
参考値は、
フェリーはまなす=長さ224.5m:総トン数約17,000t
補給艦ましゅう=長さ221m:基準排水量13,500t
ミストラル級強襲揚陸艦=長さ199m:基準排水量16,500t
サン・アントニオ級ドック型輸送揚陸艦=長さ208.5m:満載排水量25,300t

です。
Posted by: 山中ともひと  at 2009年01月23日(Fri) 00:23

いつも、ご愛読頂きありがとう御座います。
ご指摘のトン数ですが、基準排水量です。
排水トン数よりも、少ない数値です。
Posted by: 山中ともひと  at 2009年01月21日(Wed) 23:35

「船舶自体」の重量にある18000トンというのは総トン数の事ですか?
Posted by: ?  at 2009年01月20日(Tue) 23:00