CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«作家のC.W.ニコルさんも、病院船の必要性を語っています | Main | 燃料電池の取付場所?»

 

ブログ内の検索
Loading
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山中ともひとさんの画像
山中ともひと
プロフィール
ブログ
メールアドレス    ↓ jhospitalship@yahoo.co.jp
最新コメント
あきら
久々に更新 (12/01) 船大好き
ぱしふぃっくびいなす 船内見学会 続き (08/20) 医療画像
色々な病院船 (05/03) 高岡愼治
夢を実現にボランティアの船・病院船 (03/20) 高岡愼治
ボランティアの力で病院船建造 (03/20) ぷよぷよ
病院船のコスト試算 (09/18) 通りすがり
大型船では、入港できない港が多いのでは続き (08/17) 通りすがり
病院船が実現しない訳 (07/24) “My”アフィリエイトスカウト事務局
防衛研究所の論文から (03/20)
燃料電池の取付場所? (01/24)
最新記事


jhospitalship@yahoo.co.jp
https://blog.canpan.info/ngosinano/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ngosinano/index2_0.xml
病院船の必要性 [2009年01月12日(Mon)]
病院船・医療支援船とは?
何度も、記事中で書いておりますが、初めてこのブログに訪れた方のためにも
もう一度、まとめます。
病院船とは、病院が船舶になったものです。
わかり、やすく説明すると、客船の客室が病室になった船です。
動く病院=移動できる病院です。
詳しくは=海外の病院船
まず、第一に、地震・台風などの、自然大災害時です。
災害発生時には、あなたの目の前の、岸壁に、大学病院クラスの近代設備が整った病院が、船になって来るんです。
「病院自体が移動して患者の所へやって来る」こんな便利で役に立つ事は他にないのです。

だから、病院船が必要なのです=病院船の必要
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント