CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«電気推進方式 | Main | 作家のC.W.ニコルさんも、病院船の必要性を語っています»

 

ブログ内の検索
Loading
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山中ともひとさんの画像
山中ともひと
プロフィール
ブログ
メールアドレス    ↓ jhospitalship@yahoo.co.jp
最新コメント
あきら
久々に更新 (12/01) 船大好き
ぱしふぃっくびいなす 船内見学会 続き (08/20) 医療画像
色々な病院船 (05/03) 高岡愼治
夢を実現にボランティアの船・病院船 (03/20) 高岡愼治
ボランティアの力で病院船建造 (03/20) ぷよぷよ
病院船のコスト試算 (09/18) 通りすがり
大型船では、入港できない港が多いのでは続き (08/17) 通りすがり
病院船が実現しない訳 (07/24) “My”アフィリエイトスカウト事務局
防衛研究所の論文から (03/20)
燃料電池の取付場所? (01/24)
最新記事


jhospitalship@yahoo.co.jp
https://blog.canpan.info/ngosinano/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ngosinano/index2_0.xml
麻生首相、自衛隊殉職隊員追悼式に参列 [2008年10月19日(Sun)]
昨日、10月18日、お仕事で陸自の駐屯地の中にいましたが、突然に何の前触れも無く、隊舎の軒下の古ぼけたトランペットスピーカーから、「隊員は全員起立、黙祷」の放送が入りました。何のこちゃ!
横断歩道を渡ろうとしていた若い隊員さんは、その場で立ち止まり黙祷
我々は、一般人なので、その場所で直立不動(フリーズ状態)です。
「黙祷を、御直りください」の放送の後、麻生首相による、追悼の辞が入りました。
実は、自衛隊の殉職隊員追悼式の生中継の音声だったのです。
殉職隊員の平和へのための尊い犠牲は、本当に頭の下がる思いです。

報道では、麻生首相の追悼の辞は「尊い犠牲を無にすることなく、国際社会の中で日本がその国力にふさわしい責任を果たし、信頼される国家となることを目指し、世界平和に全力で貢献する」と終わりのホンの一部だけを
取上げていますが、実際は結構長く5分以上は話されておりました。たしか、
「世界平和と日本の安全のために、殉職された御霊(みたま)の尊い犠牲を無にすることなく、そのご遺志を受け継ぎ〜国際社会の平和と安全のために、わが国の理念、目指すべき方向、日本らしさを世界に発信し、国際社会と協力して平和が維持されるよう尽くします。」
関連記事=朝雲ニュース

日本の世界平和と国際貢献のお道具の一つに「病院船(国際貢献船)」も成れれば、幸いかと思います。

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント