CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«USAマーシーの構造 | Main | 日本語の表現!天ぷら鍋に火がついた»

 

ブログ内の検索
Loading
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山中ともひとさんの画像
山中ともひと
プロフィール
ブログ
メールアドレス    ↓ jhospitalship@yahoo.co.jp
最新コメント
あきら
久々に更新 (12/01) 船大好き
ぱしふぃっくびいなす 船内見学会 続き (08/20) 医療画像
色々な病院船 (05/03) 高岡愼治
夢を実現にボランティアの船・病院船 (03/20) 高岡愼治
ボランティアの力で病院船建造 (03/20) ぷよぷよ
病院船のコスト試算 (09/18) 通りすがり
大型船では、入港できない港が多いのでは続き (08/17) 通りすがり
病院船が実現しない訳 (07/24) “My”アフィリエイトスカウト事務局
防衛研究所の論文から (03/20)
燃料電池の取付場所? (01/24)
最新記事


jhospitalship@yahoo.co.jp
https://blog.canpan.info/ngosinano/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ngosinano/index2_0.xml
USAマーシーから病院船の構造を学ぶ [2008年10月14日(Tue)]
病院船の構造を考えた時、USAマーシーは、現在、実際に活動している、専用病院船です。
下記の記事を参考に、考察すると、
USAマーシーの病院部分は、5層→5階建ての構造です。
規模は、長さ250m(船首部分をマイナス)×幅32m×5階建て、の病院です。
床面積は、250m×32m=8,000u
延べ面積は、8,000×5階=40,000u
と、大きな病院です。

病院船の基本設計では、船長240m×幅32m×深さ16mです。
面積は、船首・船尾を減して、有効長さ220m。船型の絞りを考慮して有効幅は28mとすると、
床面積は、220m×28m=約6,200u
延べ面積は、6,200×5階=31,000u
になります。

一般的な、市立病院規模の大きさです。
この規模の病院ごと船で移動するのです。

USAマーシーは、大きいですね。
アメリカ合衆国は、2艘持っています。

専用病院船は、日本には1艘もありません。

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント