CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«病院船に必用な機能 | Main | 災害時の病院船の必要性を思うのは、私だけで無い様です。»

 

ブログ内の検索
Loading
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

山中ともひとさんの画像
山中ともひと
プロフィール
ブログ
メールアドレス    ↓ jhospitalship@yahoo.co.jp
最新コメント
あきら
久々に更新 (12/01) 船大好き
ぱしふぃっくびいなす 船内見学会 続き (08/20) 医療画像
色々な病院船 (05/03) 高岡愼治
夢を実現にボランティアの船・病院船 (03/20) 高岡愼治
ボランティアの力で病院船建造 (03/20) ぷよぷよ
病院船のコスト試算 (09/18) 通りすがり
大型船では、入港できない港が多いのでは続き (08/17) 通りすがり
病院船が実現しない訳 (07/24) “My”アフィリエイトスカウト事務局
防衛研究所の論文から (03/20)
燃料電池の取付場所? (01/24)
最新記事


jhospitalship@yahoo.co.jp
https://blog.canpan.info/ngosinano/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ngosinano/index2_0.xml
超スーパーエコシップ [2006年10月23日(Mon)]
国際貢献船ですから、CO2をいっぱい放出して、走り廻っているのでは、よろしくないです。

本船は、エンジンを使わない、水素燃料電池と太陽電池(光電池)を電源にした、電気推進船の超スーパーエコシップにします。
燃料電池・太陽電池で発電した電気で、モーターを回し船を駆動します。


燃料電池
とは、理科の実験でご承知の水を電気分解すると、水素と酸素に分かれる。
の逆です。水素と酸素で電気を作る、当然水もできます。
水素は、LPGとかメタノールに含まれています。
本船は、都市ガスの源のLNG(液化石油天然ガス)を使用します。
酸素は、空気中にあるので、心配ありません。
燃料電池は、発電(電気を起こす)すると、熱と水が出ます。それがまた、便利なんです、
熱は、熱源としてお湯を沸かしたり・ヒートポンプを利用して冷房暖房のエネルギーに使います。
水は、海上では塩水しかないので真水は貴重品です。その真水がオマケでできるのですから便利なんです。

ふねの出力を4万馬力=30MWとすると、
燃料電池は、どれくらい個数が必要で、大きさはどうでしょう。

11MWでかなり大規模です。東芝へりんく、東芝の200kwユニット

必要な燃料電池は、8m×17m×25mのプラントが10基必要になります、船槽が燃料電池でいっぱいになってしまいます。日本燃料電池へりんく

JRが使っている120kwのユニットだと250個必要です。

HONDAの100kwスタックだと300個必要ですが、1番省スペースです。

燃料電池は、ほぼ実用化した、技術で技術上の問題は、船艙に収めるためにスペースを如何に小型化できるかが課題です。

水素燃料電池は、実用技術です、実現の可能は十二分にあります。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント