• もっと見る
 
« 2024年04月 | Main | 2024年06月»
2024年05月30日(Thu)
相互理解に向けた民間防衛交流
(産経新聞「正論」2024年5月29日付朝刊掲載)
日本財団会長 笹川 陽平
seiron.png必要な多彩なチャンネル

激動する国際社会にどう向き合うか難しい時代を迎えている。時に対立も避けられず、緊張緩和を目指す努力が欠かせない。そのためにも政府間協議(トラック1)は当然として、民間の意見交換(同2)やその中間に当たるトラック1・5の取り組みなど多彩なチャンネルづくりが不可欠と考える。

そんな中、笹川平和財団・笹川日中友好基金が進めるトラック1・5の事業「日中佐官級交流」で中国人民解放軍の佐官20人が5月14日、5年振りに来日した。


2024年05月08日(Wed)
「将来に悲観的な日本の若者」自ら夢を切り拓く覚悟と気概を
(リベラルタイム 2024年6月号掲載)
日本財団理事長 尾形武寿

Liberal.png
将来に希望を持てない若者が増えた。日本の若者について、そんな指摘をしばしば耳にする。日本財団が二〇一八年から毎月一回実施している「18歳意識調査」、とりわけ過去三回行った国際調査でも、外国の若者に比べ将来を悲観視する傾向が強い日本の若者の姿が浮き彫りにされている。