CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
 
« 2021年05月 | Main
2021年06月11日(Fri)
五輪開催は国際社会への“公約”
(産経新聞「正論」2021年 6月10日付朝刊掲載)
日本財団会長 笹川 陽平

seiron.png開会まで1カ月余となった東京五輪に参加する外国選手団の先陣を切って6月1日、豪州のソフトボールチームが来日した。今後、各国の選手団や報道、スポンサー関係者らの来日が続く。


大きいオリ・パラ開催の意義

日本は“おもてなしの心”で安心安全な大会を開催することを約束して今回の東京五輪・パラリンピック(オリ・パラ)の開催国となった。わが国よりはるかに深刻な新型コロナ感染を体験、あるいは現在も直面している多くの国が選手団を派遣してくるのは、わが国が安心安全な大会を開催すると信じてのことだ。


2021年06月03日(Thu)
「福島原発」の処理水放出 中韓の政治利用を防げ
(リベラルタイム 2021年7月号掲載)
日本財団理事長 尾形武寿

Liberal.png政府は四月、東京電力福島第一原子力発電所に貯蔵されている処理水を海洋放出する方針を決めた。処理水は汚染水を浄化処理した後の水で、処理後も微量の放射性物質トリチウムを含むが、国の基準を下回る濃度に薄めて放出され、国際原子力機関(IAEA)も「技術的に実行可能で、国際慣行に沿う」と評価している。