CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
 
« こども・教育 | Main | 健康・福祉»
2021年04月05日(Mon)
東日本大震災から10年 戻らぬ被災地の「暮らし」
(リベラルタイム 2021年5月号掲載)
日本財団理事長 尾形武寿

Liberal.png去る三月十一日は東日本大震災発生の十周年だった。壊滅的な被害を受けた宮城県石巻市の出身である筆者は本欄でも何度か、災害とは何か、災害復興とは何か、訴えてきた。様々な意見があるのを承知の上で今一度、私見を総括したいと思う。


2020年09月04日(Fri)
豪雨災害にコロナ禍 複合災害への備え新たに
(リベラルタイム 2020年10月号掲載)
日本財団理事長 尾形武寿

Liberal.png
想定外の豪雨災害が常態化し、年々、激しさを増している。今年も七月、想像を絶する集中豪雨が九州、中部地方を中心に日本列島を襲った。中でも熊本県では同四日、県南部を流れる球磨川が氾濫し、人吉市や球磨村を中心に六十七人の死者・行方不明者が出た。


2020年06月15日(Mon)
財政危機「私はオオカミ少年か」
(産経新聞「正論」2020年6月12日付朝刊掲載)
日本財団会長 笹川 陽平

seiron.png外れかねない「ワニの口」

甚大な被害が広がる新型コロナウイルス禍で2020(令和2)年度予算の一般会計は2度にわたる補正予算を含め160兆円に膨れ上がった。

本年度の税収見込みは63・5兆円。コロナ禍に伴う景気の落ち込みで減少は避けられず、歳出と税収をグラフ化した「ワニの口」は上アゴ(歳出)が極限まで上がり、一方の下アゴ(歳入)はさらに下がり、素人目にはアゴが外れかねない危うい状況に見える


2020年05月08日(Fri)
東京・お台場に3タイプの計300床
20平方メートルの広さ持つ平屋建て病床も
日本財団 1200床の当初計画見直し

日本財団 参与 宮崎 正

風の香りロゴ
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い全都道府県を対象にした緊急事態宣言が5月末まで延長された。4月7日の前回発令から1カ月弱、一日当たりの新規感染者数は減少傾向にあるものの重症患者は依然横ばい。強い感染力を持ち、無症状の患者からも感染する新型コロナの特徴から医療需要も多様化している。

これを受け日本財団は4月3日に打ち出した東京・お台場の船の科学館への「野戦病院型1200床設置計画」を、災害復興住宅型平屋建てなど3タイプ計300床に変更した。SARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)で大きな被害が出なかった日本には、刻々と変わる事態に対応する備えが少ない。300床の取り組みが新たなモデルづくりの一助となるよう期待する。

20200508blog.jpg
設置が進むパラアリーナの100床


| 次へ