CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
 
« アート・スポーツ・文化 | Main | 災害支援・防災»
2021年05月24日(Mon)
日本国憲法は「文化財」にあらず
(産経新聞「正論」2021年 5月21日付朝刊掲載)
日本財団会長 笹川 陽平

seiron.png74回目の憲法記念日を迎えメディア各社が実施した世論調査で、憲法改正に賛成する意見が軒並み上昇、反対意見を上回った。緊急事態条項創設に関しても、必要とする意見が急上昇し、昨年を大きく上回っている。

中国の軍事大国化や北朝鮮の核武装など厳しさを増す安全保障環境に加え、新型コロナウイルス禍で外出自粛や休校など日常生活が大きく制約される中、憲法とどう向き合うか、考える人が増えたのが原因と思う。


2021年05月10日(Mon)
対象犯罪の拡大に6割弱が賛成
実名や写真公表も4割強が認める
少年法改正案に17〜19歳
日本財団特別顧問 宮崎 正
風の香りロゴ
国会で審議中の少年法改正案の柱である@「18、19歳の『特定少年』が罪を犯した場合に刑事裁判の対象となる犯罪を拡大する」に6割弱A「起訴された場合に実名や本人を推定できる情報の報道を可能にする」に関しても4割強が賛成―。日本財団が17〜19歳1000人を対象に実施した18歳意識調査でこんな結果が出た。


2021年04月28日(Wed)
「子供2人の夢」に政府は応えよ
(産経新聞「正論」2021年 4月27日付朝刊掲載)
日本財団会長 笹川 陽平

seiron.png「自由に子供を持ち、育てられる」とした場合に女性が理想とする子供数は「2人」―。新型コロナ禍の長期化で一人の女性が15歳から49歳までに産む子供の数の平均を示す合計特殊出生率(以下・出生率)の大幅な落ち込みが懸念される中、日本財団が1月、少子化に直面する欧米や東アジアの計8ヵ国を対象にした女性調査でこんな結果が出た。



2021年03月23日(Tue)
地球人口は100億人を超えるか?
少子化が新たな文化として拡大
「大台(100億)に乗る前に減少に転ずる」

日本財団 参与 宮崎 正
風の香りロゴ
現在77億人の世界人口は果たして100億人を超えるのか? 国連は2030年に85億人、50年に97億人、2100年ごろ110億人に達しピークを迎える、と予測している。しかし、先進諸国を中心に急速に進む少子化も半端ではない。100億人に達する前に減少に転ずる、との見方が増えつつある。世界人口の推移はそれぞれの国の形だけでなく、地球温暖化や枯渇の危機に直面している食料・鉱物資源の将来をも左右するだけに国際社会の注目も高い。


| 次へ