CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

前の記事 «  トップページ  » 次の記事
2017年06月28日(Wed)
累計入館者40万人に、国立ハンセン病資料館
24年で到達、春季企画展さなか
全国博物館施設の活動報告会も開催へ


日本財団が管理運営を受託している「国立ハンセン病資料館」(成田稔館長、東京都東村山市)の累計入館者数が6月27日、40万人に達した。社会啓発を目的とした2017年度春季企画展を開いているさなかで早速、記念セレモニーを開いた。7月1日には企画展の一つとして全国の博物館施設による活動報告会も開催する。
40万人目の入館者、萩原理彩子さんを真ん中にして一緒にくす玉を割る成田稔館長(右)と藤崎陸安・全国ハンセン病療養所入所者協議会事務局長(左)

40万人目の入館者、萩原理彩子さんを真ん中にして一緒にくす玉を割る成田稔館長(右)と藤崎陸安・全国ハンセン病療養所入所者協議会事務局長(左)


同資料館は1993(平成5)年6月「高松宮記念ハンセン病資料館」として開館。その後、規模を大きく広げ「国立ハンセン病資料館」と改称、2007(平成19)年4月にリニューアルオープンした。

この日、高松宮記念ハンセン病資料館開館から数えて40万人目の入館者となったのは筑波大医学群医学類4年の萩原理彩子さん(22)=茨城県つくば市。社会医学実習の一環として班の仲間10人と先生で訪れた。萩原さん、成田館長、藤崎陸安・全国ハンセン病療養所入所者協議会事務局長の3人でくす玉を割って祝い、成田館長が萩原さんに40万人目の認定証や記念品、花束を贈呈した。「驚いたけど光栄です。ハンセン病の歴史や今の状況を学ぶために初めて訪れました。この日のことは忘れません。ハンセン病の問題を心に刻み、これからしっかり勉強をしていきます」と萩原さん。

成田館長(右)から笑顔で花束を受け取った萩原さん

成田館長(右)から笑顔で花束を受け取った萩原さん

萩原さんを囲み記念撮影に収まる仲間や先生ら

萩原さんを囲み記念撮影に収まる仲間や先生ら




日本には現在、ハンセン病療養所が国立13、私立1の計14施設ある。国立ハンセン病資料館によると、国立ハンセン病療養所では近年、社会交流会館・記念館・資料館の設置が相次いでいる。各療養所が、資料・史跡の保存、展示や講演を中心とした普及啓発、地域との交流などに力を入れていこうとしている表れで、一方、既に長い活動実績がある社会交流会館、元私立療養所の記念館、国立の資料館もある。こうした博物館施設は今や全国で14館に上る。

療養所が持つ固有の重要な歴史への理解が深まり、資料や史跡の保存、普及啓発、地域との交流などの取り組みが進むことを願い、春季企画展は「ハンセン病博物館へようこそ」と題して4月29日(土)から7月30日(日)までの日程で全国の博物館施設を紹介している。7月1日の報告会は、各博物館施設の担当者が一堂に会し、どのような活動をしているのか先着120人の入館者に実情を説明する。スタンプラリーも実施中で、今回紹介する13館と国立ハンセン病資料館の中から2種類のスタンプを集めた人に景品を贈呈する。実施期間は18(平成30)年3月31日まで。

企画展の開館時間は午前9時30分〜午後4時30分(入館は午後4時まで)。休館日は毎週月曜日(祝日の場合は開館)、国民の祝日の翌日(祝日の場合は開館)、それに館内整理日。入館は無料。
国立ハンセン病資料館外観

国立ハンセン病資料館外観



日本財団は、ハンセン病と差別をなくすために、医療面での制圧活動とともに、社会的差別の問題を人権問題として重要視し、患者・回復者とその家族の尊厳の回復を目指す活動に長年取り組んでいる。国立ハンセン病資料館、重監房資料館(群馬県草津町)の管理運営も16(平成28)、17(平成29)の両年度、厚生労働省から受託した。

ハンセン病博物館施設14館
(1) しんせい資料館(宮城県登米市)
(2) 重監房資料館(群馬県草津町)
(3) 駿河ふれあいセンター(静岡県御殿場市)
(4) 栗生楽泉園社会交流会館(群馬県草津町)
(5) 邑久光明園社会交流会館資料展示室(岡山県瀬戸内市)
(6) 国立ハンセン病資料館(東京都東村山市)
(7) 菊池恵楓園社会交流会館(歴史資料館)(熊本県合志市)
(8) 星塚敬愛園社会交流会館(鹿児島県鹿屋市)
(9) 長島愛生園歴史館(岡山県瀬戸内市)
(10) コール館(元待労院資料館)(熊本市西区)
(11) ハンセン病歴史資料館・人権啓発交流センター(沖縄県宮古島市)
(12) 沖縄愛楽園交流会館(沖縄県名護市)
(13) リデル、ライト両女史記念館(熊本市中央区)
(14) 復生記念館(静岡県御殿場市)




● ハンセン病〜病気と差別をなくすために〜(日本財団ウェブサイト)
● 国立ハンセン病資料館ウェブサイト






 鳥取の「地域観」を身につけよう!  « トップページ  »  地域住民の健康をサポートする「まちの保健室」