CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

前の記事 «  トップページ  » 次の記事
2017年01月25日(Wed)
「世界は不確実性の時代に入った」
米大統領就任式参加の感想語る
B&Gサミットで笹川日本財団会長


日本財団の笹川陽平会長は1月24日、東京都港区の笹川記念会館で開かれた第9回B&G全国サミットで「トランプ大統領の就任式に参加して」と題し講演。“泡沫候補”といわれながら共和党の予備選、大統領選を勝ち抜いたトランプ新大統領を「全てのメディアを敵に回しツイッターだけで勝ち抜いた」、「紳士的なことを言っても恐らく聞く耳を持たない」と評した上で、「世界は何が起きてもおかしくない不確実性の時代に入った」、「日本に対する世界の期待は高い。内向きではなく自信を持って国づくりを進めるべきだ」などと語りました。

講演する笹川会長

講演する笹川会長


講演で笹川会長は「直接、面識のない人について話すのは初めて」と断った上で、米国ファーストのトランプ戦略を「“アメリカがよくならなければ世界はよくならない”との考えで1対1の取引を得意とする」と指摘。「TPP(環太平洋連携協定)やNAFTA(北米自由貿易協定)を排除し、NATO(北大西洋条約機構)も見直すという。その先には国連をどうするか、といった問題も出てくるのではないか」とも述べました。

サミットには市町村長ら680人が出席、各地の物産の即売も行われた)

サミットには市町村長ら680人が出席、各地の物産の即売も行われた

閣僚や政府高官の承認手続きが大幅に遅れている点に関しては「新大統領は共和党の中にも知り合いが少なく、結局、身内に頼らざるを得ないということではないか」と感想を述べるとともに、トランプ大統領がテルアビブにある米国大使館を、イスラエルが首都と主張するエルサレムに移転する考えを示している点については「アメリカが大使館を移すことになれば、中東は今にも増して大混乱になる」と指摘、新政権の今後についても「どこまで持つか私には分からない」と述べました。

20日の大統領就任式会場

20日の大統領就任式会場

大統領就任式に参加した笹川会長

大統領就任式に参加した笹川会長



その上で、イスラム系少数民族ロヒンギャ問題に直面するミャンマー新政権を引き合いに「日本にはさまざまな課題もあるが、宗教対立も民族対立もない。世界も日本を素晴らしい国と評価している」とした上で、「日々の報道に一喜一憂するのではなく、鳥のごとく世界を俯瞰する目線で日本の素晴らしさを理解するべきだ」などと語りました。

サミットには「くまモン」も

サミットには「くまモン」も

B&Gサミットは、全国490カ所の海洋センターがある自治体関係者が一堂に会して行われ、この日は市町村長や教育長ら680人が出席。「過去の事例にとらわれず、海洋センターをはじめとした公的施設等で地域独自の取り組みを行い、魅力ある地域づくりを推進しよう」との共同宣言を採択、熊本県のPRマスコットキャラクター「くまモン」も参加し、昨年4月の熊本大地震被害に対し全国各地から寄せられた支援にお礼を述べました。
タグ:B&G
カテゴリ:地域・まちづくり







 障害者トップアスリートに歯科支援  « トップページ  »  ノルウェーの国立大学と海洋開発の覚書締結