CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

前の記事 «  トップページ  » 次の記事
2016年09月02日(Fri)
ミャンマー将官団の10人帰国
11日間にわたり自衛隊と多彩な交流
広島平和記念資料館などの見学も


 「日本ミャンマー将官級交流プログラム」で8月22日来日したミャンマー国軍の将官ら10人は9月1日、全日程を終え帰国しました。この間、防衛省を訪問して自衛隊史や自衛隊の幹部教育・広報活動などについて説明を受け、広島県の海田市駐屯地や呉、江田島両基地を表敬訪問、東富士演習場で行われた富士総合火力演習を見学したほか、防衛大学校ではミャンマーから留学している若手軍人を激励するなど、精力的な日程を消化しました。

 また航空自衛隊浜松基地を訪れた際は、過去2回の訪問団と同様、浜名湖を望む舘山寺大草山を訪れ、頂上に立つ「ビルマゆかりの碑」と旧日本軍の特務機関「南機関」の機関長だった鈴木啓司大佐(最終階級・陸軍少将)の墓参りも。このほか広島の平和記念資料館や鎌倉なども訪問、自由行動を通じて日本の社会にも触れました。11日間にわたる一行の動きの一端を、写真を通じ紹介します。

海上自衛隊呉基地に停留中の護衛艦「さみだれ」で

[8月26日] 海上自衛隊呉基地に停留中の護衛艦「さみだれ」で、海からの脅威にどう立ち向かうか、レクチャーを受けた後、艦上で記念撮影。「将来、自衛隊とミャンマー軍の合同演習も」といった声も。



富士山麓で行われた富士総合火力演習

[8月28日]富士山麓で行われた富士総合火力演習を2時間にわたって見学。演習は国防に対する国民の理解を深めてもらうため1966年から一般公開され、この日も2万7,000人を超す見物客が詰め掛け訪問団からも感嘆の声が。



航空自衛隊浜松基地

[8月29日] 浜松基地で航空自衛隊のアクロバットチーム「ブルーインパルス」のT-4についてレクチャー。マウン・マウン・エー団長は自らコックピットに乗り込み満足の様子でした。



大草山山頂にある「ビルマゆかりの碑」

[8月29日]大草山山頂にある「ビルマゆかりの碑」を訪問。日本・ミャンマーの友好に向けた碑文に一同、見入っていました。



ビルマ独立運動に貢献した鈴木敬司大佐のお墓

[8月29日]生前ビルマの独立運動に貢献した、と評価されている南機関の鈴木敬司大佐が眠るお墓も訪れ、花を手向けました。



防衛大学学長を表敬訪問

[8月30日]防衛大学学長を表敬訪問、国分良成学長はマウン団長に防衛大学仕様の法被を贈呈しました。「法被に描かれた桜の花びらは防衛大の学生数と同じ」とのこと。



防衛大学にミャンマーから派遣されている留学生

[8月30日] 防衛大学には現在、ミャンマーから派遣された留学生が5人在籍。マウン団長は授業を見学、食事を共にした後、ひとり一人激励しました。















 全国23チームが参加して水中ロボコン  « トップページ  »  冷え切った日中関係 本音を伝え合う人脈こそ必要