CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

前の記事 «  トップページ  » 次の記事
2013年09月26日(Thu)
夢の北極海航路
(朝雲 2013年9月26日掲載)

日本財団会長 
笹川 陽平 

 アジアと欧州を最短距離でつなぎ、15世紀の大航海時代から「夢の航路」とされてきた北極海航路の活用が本格化している。

 9月初旬に東京と札幌で開催された海洋政策研究財団主催の「北極海航路の持続的利用に向けた国際セミナー」では、ロシアやノルウェーの専門家から日本の本格参入を求める声が強く出た。
我が国は5月、中国、韓国など5カ国とともに、沿岸8カ国でつくる「北極評議会」のオブザーバー国に承認されたが、中国、韓国に比べ周回遅れの状態にある。
 私自身、海洋政策研究財団が1993年から6年間、ノルウェーのフリチョフ・ナンセン研究所、ロシアの中央船舶海洋設計研究所と取り組んだ国際北極海航路計画(INSROP)の運営委員会委員長を務め、その成果が今も北極海航路のバイブルとなっているだけに日本の現状は残念でならない。

 INSROPには最終的に14カ国390人の研究者が参加、横浜港からノルウェーのキルキネスまで試験航海も行い、その成果を99年、オスロで発表した。会場には“ライバル”となるスエズ運河の関係者も多数詰め掛け、大層、盛会だったと記憶する。

 これに比べ中国、韓国が持つ砕氷能力付きの調査船もなく、明確な将来像も持たない日本の現状はあまりに寂しい。日本は伝統的に北極海域への関心が薄いとされるが、南極に興味が偏り過ぎてはいないか。

 北極海は砕氷船の先導があれば6−10月の航行が可能で、30年後には氷がゼロになるとの予測もある。今年は60隻前後の利用が見込まれているが、これまで日本関係の船の利用は2隻に過ぎない。

 スエズ運河を利用する南回り航路と並ぶ第2のシーレーン、北極海に眠る石油・天然ガスの確保に向け、安全保障上も、これ以上の静観は許されない。地理的に最も有利な立場を生かし、北海道・苫小牧などにハブ港を整備すれば、国際港として大きな飛躍も期待できるが、実行が遅れれば価値も低下する。

 セミナー終了後の晩餐会では、中央船舶海洋設計研究所のペレシプキン所長が「あなたこそ北極海航路の生みの親だ」と握手を求め、ロシア・原子力船公社のルクシャ社長は「早い時期に是非」と乗船を招待してくれた。

 日本が北極海航路の先頭に立つ日を夢見ながら、「北極海の今」をこの目で確認できる日を楽しみにしている。
タグ:北極海
カテゴリ:海洋




トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました


コメントする
コメント


 初の採用面接で11人が内定 職親プロジェクト  « トップページ  »  日韓の「経済・文化交流」に政治は介入するな