CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
日本財団CANPANツイッター研究会【公式ブログ】
« ソーシャルメディア:Non-Profitな使い方 | Main | インターン作成のツイッターマニュアル »
日本財団ROADプロジェクト
プロフィール

日本財団CANPANツイッター研究会さんの画像
<< 2012年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
読売マイラーズCで今週も儲けます!
10月28日(木)ツイッターセミナー行います!! (04/11)
イノウエヨシオ
ファンドレイジング日本2011の振り返り (02/11)
doiyoshihioko
第6回NPTOセミナーの報告 (01/29)
“My”アフィリエイトスカウト事務局
インターン作成のツイッターマニュアル (01/09)
https://blog.canpan.info/nfcpt/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nfcpt/index2_0.xml
ツイッター×イベント→ひょうたん島理論[2010年12月29日(Wed)]
みなさん、「ひょっこりひょうたん島」はご存知ですか?
NHKで行っていた人形劇です。


ひょうたん島

そう、NPOがイベントやセミナーなどの宣伝をする時に、ツイッターを活用するイメージです。

ちなみに、ストーリーではなく、島影のイメージです。



※Copyright by Yasuhisa Yamada



イベントの6週間前から、ツイッターで開催周知を開始する。

NPOの関係者でRTなどをどんどんやって、4週間前に告知のツイート数のピークを持ってくる。
そこから、少しずつツイート数が少なくなって、フェードアウトするイメージ。

3週間前から2週間前まで、1日に1回くらいの感じでとりあえずつぶやく。

開催の1週間前からまた告知に力を入れていく。

当日はツイッター中継で情報量のピークを持ってくる。

最後にトゥゲッターなどでまとめたり、参加者へのお礼ツイートなどで締める。

こんなイメージで、イベントのツイッター活用をされてみてはいかがでしょうか?


ということで、ソーシャルメディア・ツイッター活用ノウハウ・ミニ連載は終了です。
年明けには、日本財団CANPANツインターンの成果のツイッターガイドブックを公開いたします!

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)ソーシャル・グッズ・コミュニティ
この記事のURL
https://blog.canpan.info/nfcpt/archive/102
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント