CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 活動報告 | Main | 支援物資»
プロフィール

日本財団 東北地方太平洋沖地震災害支援センターさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
日本財団ROADプロジェクト
Google

CANPAN
このブログの中
<< 2011年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
https://blog.canpan.info/nf-project/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nf-project/index2_0.xml
募金額の報告(4/7) [2011年04月08日(Fri)]

このページでは、前日の17時時点の募金の累計額をお知らせいたします。
本当に多くの皆様にご協力をいただき、あらためて感謝申し上げます。


578,539,592円
4月7日(木)17:00時点の募金額


566,375,524円
4月6日(水)17:00時点の募金額

554,729,043円
4月5日(火)17:00時点の募金額

540,239,759円
4月4日(月)17:00時点の募金額

514,503,644円
4月3日(日)17:00時点の募金額

続きを読む・・・
Posted by 災害支援センター at 17:41 | 寄付・募金活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
プロレスラー&メイドさんと“もえ”ましょう!秋葉原で街頭募金☆ [2011年04月01日(Fri)]


〜合言葉は『秋葉原から被災地へ』〜

プロレスラー&メイドさんと“もえ”ましょう!

街頭募金を実施


日時:4月3日(日)13:00〜  場所:秋葉原UDXビル(東京都千代田区)


東北地方太平洋沖地震の発生を受け、「秋葉原から被災地へ」の合言葉のもと、プロレス団体「ZERO 1(ゼロワン)」とメイドカフェ、日本財団が協力し、街頭募金を下記の通り実施します。

街頭募金には、同団体所属のプロレスラーやメイドさん(約30名)らが「世界のアキバ」の街頭に立ち、道行く人に寄付を呼びかけます。

募金で集まったお金は、被災地の復興に取り組む「日本財団 ROADプロジェクト」に寄付され、@災害で親を亡くした子どもたちの支援A特別な介助が必要な障害者、高齢者の支援B看護師、心理療法士、手話通訳など専門家の現地派遣C支援の届かない避難所で暮らす被災者支援、などに重点をおいて使わせていただく予定です。

日  時:4月3日(日)13:00〜16:00
場  所:秋葉原UDXビル広場(東京都千代田区 外神田4-14-1)
主  催:日本財団
協  力:ZERO 1(ゼロワン)NPO法人リコリタ、アキバ女子サミット実行委員会
学生団体World Party 他 


NPO法人リコリタさんのブログに、今回の募金活動の経緯や、ご協力いただいているメイドカフェの情報などが掲載されています。
ぜひ、こちらもご覧ください。

NPO法人リコリタのブログ


日本財団ROADプロジェクト 災害支援センター
Posted by 災害支援センター at 23:24 | 寄付・募金活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
千葉で街頭募金!4月11日(月) [2011年04月01日(Fri)]

千葉で実施される街頭募金の案内をいただきましたので、お知らせいたします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃・ちばのWA!東北地方太平洋沖地震支援街頭募金を行います
┃ 〜大震災から1ヶ月 継続した支援のためにNPOの力を結集しよう!〜
┃ (4/11:千葉駅周辺)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ちばのWA!の登録団体を中心にした県内のNPOで、東北地方の被災地で支援活動
を行っている団体への支援及び千葉県内の被災地支援のため、街頭募金を実施し
ます。併せて被災地支援情報(被災地支援の取り組み内容についてのチラシ配布)
の提供を行います。

・日時  4月11日(月) 14:00〜16:00
・実施場所  JR千葉駅前東口周辺
・主催 特定非営利活動法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ・共催 ちばNPO協議会
・後援 千葉県

・寄付先 街頭募金活動での寄付金は「ちばのWA!基金」として受け、日本財団
     「ROADプロジェクト」や「つなプロ」および県内の被災地(主に浦安
     市・香取市)で活動しているNPOに寄付します。

・参加申込み
  街頭募金活動に参加希望の団体は、団体名、参加者名、連絡先TEL・Eメール
 を4月7日(木)までに特定非営利活動法人ちば市民活動・市民事業サポートク
 ラブまでご連絡ください。参加表明された方には、追って詳細をご連絡いたし
 ます。

◆日本財団「ROADプロジェクト」
 国内外で様々な社会貢献活動を行っている日本財団の経験を活かし、主に親を
亡くした子どもたちへの支援や、特別な介助が必要な障害者や高齢者、心身の病
に苦しんでいる方たちへの支援を行います。
 https://canpan.info/open/news/0000006465/news_detail.html


◆被災者をNPOとつないで支える合同プロジェクト「つなプロ」
 避難所において特別なニーズを持つ少数の被災者(妊産婦、軽度の要介護者、
精神的要支援者、外国人、障がい者、アレルギーや難病の患者等)へのピンポイ
ントな専門支援を中心に、専門性を持つ全国のNPO・機関・企業等と被災地をつ
ないで支えるプロジェクトです。
【プロジェクト構成団体】
 NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター、日本財団、スペシャルサポートネット
 関西、NPO法人ETIC.、IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
 https://blog.canpan.info/tsunapro/

「ちばのWA!基金」についてはこちら
 →http://chibanowa.canpan.info/chibanowa_kikin.html

(問)特定非営利活動法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
 TEL:043-303-1688 FAX:043-303-1689
 E-mail:npo-club@par.odn.ne.jp



ちば市民活動・市民事業サポートクラブの皆様、千葉のNPOの皆様のご協力、本当にありがとうございます。



日本財団ROADプロジェクト 災害支援センター
クレジットカードでの寄付はこちら。
https://blog.canpan.info/nf-project/archive/19
Posted by 災害支援センター at 17:27 | 寄付・募金活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
同支援基金についてご紹介いただいたブログ等 [2011年03月31日(Thu)]

本当に多くの方に同支援基金の周知についてご協力いただいております。
本当にありがとうございます!

奥菜恵さん(女優)
http://megumiokina.jp/blog/?p=1156

伊藤 春香(はあちゅう)さん(人気ブロガー)
http://yaplog.jp/ha-chu0122/archive/1676

聖澤諒さん(楽天イーグルス)
http://ameblo.jp/hijirisawa/day-20110316.html

桐山三智子さん(炭焼きアクセサリー作家)
http://iikarakan.81s.net/2011/03/16/6212/

梶原徹也さん(ミュージシャン)
http://ameblo.jp/tetsuya-kajiwara/entry-10833967774.html

バリアフリーロックバンド「サルサガムテープ」
http://www.nk-nk.com/salsagumtape/pc/

岩崎恭子さん(オリンピック金メダリスト)
http://ameblo.jp/kyoko-iwasaki/entry-10843988332.html

さかもと未明さん(作家)
http://blog.goo.ne.jp/sakamoto-mimei/e/c4b43665be3258a95c0716839a87c89e

Posted by 災害支援センター at 14:55 | 寄付・募金活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
あらためて、支援金と義援金の違い [2011年03月30日(Wed)]

今回の大震災に関する募金について、最近、いろいろな方から義援金と支援金の違いを尋ねられることが多くなりました。

寄付をされる方も、自分が寄付したお金がどのように使われるのかをこれまで以上に関心を持っている証拠だと思います。

ごくごく簡単にまとめると、次のようになります。


支援金・・・ 被災者支援を行う団体の活動費として使用される

義援金・・・ 被災者に、お見舞金として直接配分される



もし、みなさんが支援金として寄付を行った場合、その団体が被災者のための支援活動を行う時に使用されるというものです。

また、義援金として寄付を行った場合には、集まった募金額の一部が早めの段階で一時金と被災者に配分されることがありますが、募金額の全体がわかって、被害の状況が最終的に判明したところで、被災条件によって配分額が決まり、お見舞金が配分されるというものです。
ちなみに、義援金は共同募金や赤十字、県が窓口になって募金活動がなされています。


被災者を支えるためのNPO活動として使用される支援金。
被災者のお見舞金として配分される義援金。
どちらも、復興のためには大切な寄付(資金)であることは変わりません。


寄付は、寄付者の想いを託すものです。
まずは、支援金か義援金か、そして、支援金の場合、どこのNPO・団体にするのかをぜひ考えてください。


日本財団が運営している公益コミュニティサイト「CANPAN」のブログで、支援金と義援金の違いをわかりやすく、かつ詳しく、まとめてくださっているものもあります。
寄付に対する税務上の違いなども説明されています。


NPO会計道
義援金と活動支援金
https://blog.canpan.info/waki/archive/510
※他の記事では税務の違いなども詳しく解説されています。



田中尚輝のブログ
「義援金」と「支援金」
https://blog.canpan.info/tanaka-naoki/archive/446


赤十字に対する義援金については、街中で募金箱も設置されていますので、NPOに対する支援金として寄付をしたいという方のために、CANPANブログで積極的に情報発信を行い、寄付を募っている団体を紹介します。


震災がつなぐ全国ネットワーク
https://blog.canpan.info/shintsuna/

被災者をNPOにつないで支える合同プロジェクト
https://blog.canpan.info/tsunapro/archive/2

NPO法人ADRA Japan
https://blog.canpan.info/adrajapan/

NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター
https://blog.canpan.info/minmin/

日本財団CANPAN/東北地方・太平洋沖地震支援基金
https://blog.canpan.info/nf-project/archive/23


日本財団ROADプロジェクト 災害支援センター
文責:山田泰久
Posted by 災害支援センター at 12:53 | 寄付・募金活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
スマートフォンから寄付ができるアプリケーションの提供 [2011年03月29日(Tue)]


i-Phone、i-Pad用

募金アプリ



先日お知らせしたアンドロイド用募金アプリについて、i-Phone、i-Pad用アプリが出ました!
アプリのダウンロードはApple storeから「日本財団」または「The Nippon Foundation」を検索、日本語版と英語版の二種類です。

携帯から寄付ができる便利なアプリ、この機会にぜひダウンロードしてご活用ください。

Apple Store のHP http://itunes.apple.com/jp/app/id427131311?mt=8










アンドロイド用

募金アプリ






日本財団は、このたび、アンドロイド携帯から寄付が
できるアプリケーションの提供を開始しました。

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の
被災地に対する寄付を受け付けています。
アンドロイド携帯Marketから「日本財団」または
「The Nippon Foundation」をサーチしてください。

なお、アプリケーションの開発については、
NGOの寄付アプリ「isave」「igreen」にて
開発実績のあるSeap社の協力のもと
リリースを行いました。

日本語版と英語版の2種類がありますので、
どうぞ、よろしくお願いいたします。
Posted by 災害支援センター at 18:58 | 寄付・募金活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ご案内:Contribute to Japan’s Recovery [2011年03月29日(Tue)]

日本財団の関連団体でもある「The Sasakawa Peace Foundation USA (SPF-USA」(アメリカ・ワシントン)が、今回の東北地方・太平洋沖地震に対する支援のための寄付サイトを立ち上げました。


http://spfusa.org/care.htm

Contribute to Japan’s Recovery

CARE FOR JAPAN is the Sasakawa Peace Foundation USA’s effort
to raise funds in the United States for Japanese communities torn
apart by Japan’s earthquake and tsunami disasters. Its fundraising
campaign started March 25, 2011.


支援の輪は、国内だけでなく、海外まで広がっています。
あらためて、関係者の皆様、寄付者の皆様に感謝申し上げます。

日本財団 ROADプロジェクト 災害支援センター
Posted by 災害支援センター at 18:19 | 寄付・募金活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
明日26日(土)、大相撲の把瑠都関ら力士が街頭募金 [2011年03月25日(Fri)]


大相撲の把瑠都関ら
力士が街頭募金

3月26日(土) 12:00〜
JR新橋駅SL広場、烏森口



この度発生した東北地方太平洋沖地震を受け、大相撲の把瑠都関、
黒海関らが上智大学の学生ボランティア30人と一緒に被災者を支援
するための街頭募金を下記の通り行うことになりました。


集まったお金は「日本財団 ROADプロジェクト」に寄付され、

@災害で親を亡くした子どもたちの支援

A特別な介助が必要な障害者、高齢者の支援

B看護師、心理療法士、手話通訳など専門家の現地派遣

C支援の届かない避難所で暮らす被災者支援などに

重点をおいて使わせていただく予定です。



日時:2011年3月26日(土)

場所:JR新橋駅・SL広場、烏森口

参加力士:尾上部屋―大関 把瑠都 関、十両 境澤 関 他数名
      追手風部屋―十両 黒海 関

時間:12:00〜14:00
(上智大学の学生たちは11時から始めます)

新橋駅で見かけたら、ぜひご協力をよろしくお願いいたします!!
【ご案内】バナーの貼り付け方 [2011年03月25日(Fri)]

東北地方太平洋沖地震支援基金につきまして、多くの皆様にご協力いただいております。
あらためて感謝申し上げます。

募金活動はもちろん、本基金に関する広報にも多大なご協力をいただいております。
その中で、ブログやホームページにバナーを貼っていただく方法について、お問合せをいただきましたので、ここでご紹介させていただきます。


Aパターン:支援基金

東北地方太平洋沖地震支援基金


Bパターン:被災地に届けよう

日本財団ROADプロジェクト



以下は、CANPANブログ「だんだんのグッドニュース」でご紹介いただいているものをもとにしております。(スペシャルサンクス:オオエさん)

CANPANブログでのバナーの貼りつけ方になっていますが、他のブログやホームページ等でも同じような形で貼りつけることが出来ます。


【ブログパーツとしての貼り付け方】




 1.CANPANブログのマイページで「スキン・サイドバー」をクリック。

 2.「機能追加・編集」をクリック。

 3.「新規追加」をクリック。







 4.「機能名」を入力。これはなんでもかまいません。

 5.下記のWordの内容をコピーし、そのまま「HTML」に貼り付け。


   

 6.「保存」をクリック。
  確認ウィンドウが開くので「OK」をクリックします。
  ポップアップをブロックしている際はブロックしないように設定してください。






 7.「機能選択・並び替え」をクリック。

 8.「使用しない機能」の新しく作ったアイコンを「使用する機能」にドラッグ。

 9.「保存」をクリック。
  確認ウィンドウが開くので「OK」をクリックします。
  ポップアップをブロックしている際はブロックしないように設定してください。



【ホームページやブログの記事に貼り付ける方法】

上述のWord内の文章をそのまま貼りつけ。



以上ですが、ぜひご協力をよろしくお願いいたします。
クレジットカードによる寄付 [2011年03月23日(Wed)]

日本財団CANPANプロジェクトでは
「民による民のための災害緊急支援基金」として、
東北地方太平洋沖地震支援基金を立ち上げました。


今回の地震の被害にあった皆さんを支援するために
活用させていただきます。

特に高齢者、障害者、在日外国人の支援や
震災遺児のための基金などを考えています。

皆さん一緒に支援の輪を広げてください。

クレジットカードによる寄付はこちら


英文によるクレジット寄付

多言語によるクレジット寄付

※頂戴した寄付につきましては、本ブログ上でで逐次、ご報告いたします。
※領収書の発行について、現在、多少お時間をいただいております。あらかじめご了承ください。
※ご寄付いただいた皆様のお名前、寄付額は、日本財団のホームページなどで紹介し、顕彰させていただきます。匿名を希望する場合は、【匿名希望】と、メッセージ・連絡欄にご記入ください。




■当財団に対する寄付の税制優遇措置について■

日本財団は、平成23年4月1日をもって公益財団法人となりました。
これに伴い、4月1日以降にご寄付いただいた場合は、税制上の優遇措置が受けられます。
詳しくは内閣府のホームページ(http://bit.ly/fF9emn)をご参照ください。

4月1日以前のご寄付に関しては、クレジット決済の場合、当財団の口座に寄付額が振り込まれた時点での受付となりますので、上記の対象となります。



銀行振り込みによる寄付⇒ こちら


日本財団 ROADプロジェクト 災害支援センター
Posted by 災害支援センター at 21:23 | 寄付・募金活動 | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)
| 次へ