CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«スマートフォンから寄付ができるアプリケーションの提供 | Main | あらためて、支援金と義援金の違い»
プロフィール

日本財団 東北地方太平洋沖地震災害支援センターさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
日本財団ROADプロジェクト
Google

CANPAN
このブログの中
<< 2011年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
https://blog.canpan.info/nf-project/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nf-project/index2_0.xml
日本財団による東日本大震災に対する緊急支援策 [2011年03月29日(Tue)]

本日(29日)、記者会見を行い、以下の内容を発表しました。


東日本大震災の被災者支援に向け、日本財団は下記の3点の支援策を
緊急実施することに決めました。
民間が持つ機動力と柔軟性を発揮して一刻も早く各支援策を実行に移す考えです。


T:死者・行方不明者の遺族・親族に対する弔慰金、見舞金の支給

  1.今回の災害で死亡、あるいは行方不明となられた被災者に関し、
   遺族または親族の方々に死者、行方不明者1人当たり各5万円の
   弔慰金、または見舞金を贈る。

  2.弔慰金、見舞金は一親等を中心にした遺族または親族の代表者に
    贈る。


  3.死者、行方不明者は2万7千人を超えており、現地の状況に合わせ
    て運用細則を定め対応する。

  4.支給に当たってはボートレースを施行している自治体の職員らの協
    力を得る。


U:漁船等を失った事業者らに対する緊急支援融資制度の新設
  船を失った漁業者が新たに船などを購入するための緊急支援融資
  制度を立ち上げる。

  1. 対象区域:北海道、青森、岩手、宮城、福島、茨城、千葉

  2. 融資対象:被災した漁船・交通船等所有者

  3. 融資限度額:1事業者当たり1億円以内(所要資金額の100%まで)

  4. 融資期間: 15年(当初の3年間は返済据置)

  5. 金利:無利息

  6. 総融資枠:100億円


V:100万円以下のNPO、ボランティア活動を迅速に支援
  1995年の阪神・淡路大地震での経験を踏まえ、被災地の復旧・復興に
  向けたNPO、ボランティア活動のうち100万円以下の事業に関し、早急
  な被災地支援を念頭に書類と電話による審査で迅速に対応する。







記者会見の様子を日本財団ブログマガジンでもご紹介しています。
https://blog.canpan.info/koho/archive/1389


47NEWSでは、動画でご紹介いただいています。
http://www.47news.jp/movie/general_national/post_3015/


被災地の復興に向けて、がんばります!!

日本財団ROADプロジェクト 災害支援センター

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted by 災害支援センター at 23:27 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント