CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
草木の勉強会 [2019年09月21日(Sat)]
9月19日(木)高麗の巾着田で恒例の草木の勉強会を開催。秋晴れの下、参加者は20名、期待したヒガンバナの開花がほとんど見られず、皆残念がっていましたが、それでも草本類ではツルボ、センニンソウ、ヤナギハナガサ、タマスダレなど、木本類ではハリエンジュ、マルバヤナギ、ナツツバキ、スイフヨウ、カツラなどの植物たちの特徴を観察しました。気持ちのいいハイキングもできて、皆様それぞれに満足の様子でした。 (山本憲人)

ヒガンバナpg.jpg
ヒガンバナ:全草有毒の多年生球根植物
マルバヤナギ托葉.jpg

マルバヤナギの托葉(たくよう):葉柄基部につく葉状片。写真では緑色の小さい片。
スイフヨウjpg.jpg

スイフヨウ:雄しべの花弁化が見られます。
タマスダレ.jpg

タマスダレ:花を「玉」に、葉を「簾」に見立てたもの。
センニンソウ.jpg
センニンソウ:果実に長い白髭(仙人のよう)が付きます。
ヤナギハナガサ.jpg

ヤナギハナガサ:花は多数集まって咲きます。
カツラjpg.jpg
カツラ:枯葉はカラメルのような香り。抹香の原料にもされ、「香出(かづ)ら」が名の由来。樹皮は捻れが見られます。
ミヤギのハギ.jpg
ミヤギのハギ:花序が葉より長く、三葉がほぼ同じ大きさで、がくが長いです。


Posted by 山本 at 05:52
樹名板の整備活動(光が丘公園) [2019年09月12日(Thu)]
9月11日(水)10:00〜12:00まで、定例の樹名板の整備活動を都立光が丘公園で行いました。参加者は10名。今回は同園のイチョウ並木路とちびっ子広場の間で、取り付け済みの樹名板の位置確認と新規に取り付け予定の樹木の選定(トウカエデ・カツラなど)を行いました。以前に取り付けた樹名板が幾枚(イスノキ・モッコク・モミジバスズカケノキなど)か無くなっているのが分かり、とても残念な思いをしました。秋涼の時期なのにほぼ無風で、蒸し暑い中を皆さん頑張っていただき、有難うございました。次回の活動は9月19日(木)の高麗の巾着田を歩く勉強会です。ご参加をお待ちしています。(山本憲人)

1.確認・記帳.jpg
ヤマモモの名板確認・地図への記入

2.名板.jpg
名板、マテバシイ

3.jpg
ケヤキ



<a ><img alt=

トウカエデの名板の高さ調整


4浅見さん記帳.jpg

地図に確認された名板や新たに選定するものを記入


6三脚jpg.jpg
うぁー。大きいなあ

7.公園pg.jpg
緑が美しい
光が丘記念写真 (1).jpeg
参加者全員で記念撮影


















Posted by 山本 at 07:45
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

練馬みどりの推進会さんの画像
https://blog.canpan.info/nerimidori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nerimidori/index2_0.xml