CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
牧野記念庭園・夏の植物観察会 [2019年07月28日(Sun)]

715日に練馬区立「花とみどりの相談所」の主催で行われました、牧野記念庭園(練馬区東大泉)での夏の植物観察会に参加してきました。

牧野富太郎博士(18621957)は、高知県の造り酒屋の息子として生まれました。植物学を究めたいとの気持ちが強く、1881年(明治14年)に東京に出て研究を続け「植物図鑑」を発行。今でも発行され続けられているそうです。先生の思いがかなったのです。といった牧野博士のの簡単な生い立ちの説明を案内人の方から先ず受けました。

その後、園内をまわりオオカンザクラ、センダン、タカオモミジ、ホオノキ、タイワンニンジンボク、エゴノキ、スエコザサ、ウバユリ、オトギリソウ、、ニッケイ(樹皮がシナモンの匂いがする)、ヘラノキなど植物約20種類を観察してきました。今の時期、特に見頃の花はありませんでしたが、その名前の由来が面白い野草がありましたので紹介します。


@   ウバユリ

ウバは漢字で「姥」と書きます。花が咲く頃に葉(歯)が無いので歳をとったお婆さんの歯にかけて「姥百合」という説があります。が大きな葉は(乳母のように)植物全体と花を育てる役目で、育てた花が開く頃、葉(歯)がなくなることが多いから「乳母百合」であるとか名前の由来には諸説あるようです。(観察すると下のほうに葉はありますね。)


A   オトギリソウ(弟切草)

漢字で書くと物騒な名前です。鷹匠がこの草を原料とした、鷹の傷をなおす秘薬を漏らした弟を斬り殺してしまいました。また、弟の血しぶきがこの植物に付き黒い斑点を花や葉に残したことが、由来だそうです。


牧野記念庭園.jpg



ホオノキ.jpg


タイワンjpg


ウバユリ.jpg


オトギリソウ.jpg


ハグロソウ.jpg



Posted by 山本 at 14:51
樹木・野草の勉強会のお知らせ [2019年07月09日(Tue)]

みどり豊かな樹木・野草の観察を行い、みどりに関する知識を高め、会員相互の親睦を深めたいと思います。埼玉県の高麗にある約500万本のヒガンバナの里 巾着田を訪ねます。お誘い合わせの上、ご参加ください


勉強会の詳細.pdf


9.jpg



Posted by 山本 at 17:59
2019年度年間計画の変更 [2019年07月07日(Sun)]

2019年度行動計画(改定版)

7月5日の月例連絡会で決定したことを踏まえ、2019年度の改定行動計画(朱記が改定事項)を掲載します

2019年

31日(金)   会計監査 (男女共同参画センター 和室小)

315日(金)  平成30年度 定期総会 (男女共同参画センター 研修室2)

412日(金)  春の自然観察会 日の出町と大久野線跡

424日(水)  光が丘公園 樹名板整備 *1

515日(水)  石神井公園 樹名板整備 *2

75日(金)   月例連絡会 (勉強会・秋の自然観察会などについて) 

717日(水)  光が丘公園 樹名板整備 *1

814日(水)  石神井公園 樹名板整備 *2

911日(水)  光が丘公園 樹名板整備 *1

9月19日(木) 勉強会(高麗 巾着田)予備日20日

10月9日(水) 石神井公園 樹名板整備

 *2

10月16日(水) 秋の自然観察会(於:国営ひたち海浜公園)

1212日(木) 月例連絡会 (野鳥観察会・定期総会・春の自然観察会などについて)


2020

1月         野鳥観察会

27日(金)  月例連絡会 (定期総会・春の自然観察会・来期に事業計画などについて)

313日(金)  2020年度 定期総会



*1 体育館前 集合1000(〜1200終了予定)

2 三宝寺池売店前 集合1000(〜1200終了予定)

雨天の場合は順延です



Posted by 山本 at 12:34
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

練馬みどりの推進会さんの画像
https://blog.canpan.info/nerimidori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nerimidori/index2_0.xml