CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
4月1日の春の自然観察会(於 赤塚植物園)の中止と清水山憩いの森のカタクリ [2020年03月28日(Sat)]
4月1日(水)に予定していました自然観察会(於 赤塚植物園)の開催は新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から中止としました。それでも植物たちは春の訪れを正確に告げています。小泉佳一氏より清水山憩いの森のカタクリの写真が送られてきました。同氏によりますと4月上旬頃までは見ごろとのことです。4月3日の午前中にご希望の方は同園を訪れて、春の植物たちの元気な姿を見てみませんか。
DSCN8832 (2)カタクリ.JPG
Posted by 山本 at 16:53
早春の石神井公園 [2020年03月20日(Fri)]
3月17日、三宝寺池を一周しました。「ねりま区の木」コブシが満開でした。水辺観察園では、早春の野草の花々が咲いていました。ヒトリシズカ、ジロボウエンゴサク、クサイチゴなどです。厳島神社の先を行ったところでは、サトザクラが満開状態でした。
ボート池近くの草地広場周辺を歩くと満開のユキヤナギとヒメオドリコソウを見ることができました。(浜田年男)

コブシ.jpeg

コブシ

ヒトリシズカjpeg.jpeg

ヒトリシズカ

ジロボウエンゴサク.jpeg

ジロボウエンゴサク

クサイチゴ.jpeg

クサイチゴ

サクラ.jpeg

サトザクラ

ユキヤナギjpeg.jpeg

ユキヤナギ

ヒメオドリコソウ.jpeg

ヒメオドリコソウ

Posted by 山本 at 12:49
目黒自然教育園の春 [2020年02月28日(Fri)]
2月27日に目黒自然教育園に行ってきました。この時期にしか見られない春の妖精のユキワリイチゲの群生を観察するためです。セツブンソウもちょっと期待したのですが、花は既に枯れてなく、葉っぱだけが残っていました。その他、フクジュソウやヤマルリソウなどの野草、木本類ではヤマウグイスカグラやシキミの花もありました。以下はユキワリイチゲ2枚とフクジュソウ2枚とヤマルリソウとシキミとシロツバキの写真です。

DSCN7570.JPG

DSCN7571.JPG


DSCN7573.JPG

DSCN7574.JPG

DSCN7575.JPG

DSCN7577.JPG

DSCN7578.JPG

Posted by 山本 at 15:16
2月13日中止となった野鳥観察会の写真 [2020年02月14日(Fri)]
2月13日に予定していました葛西臨海公園での野鳥観察会は雨の予報があり、残念ながら中止としました。小泉講師から近影の葛西臨海公園での野鳥たちに写真が送られてきましたので、ここに披露します。スズガモの大群の様子とオオバンの写真、上の池のホシハジロの様子などが窺えます。DSCN6126 (2)ススガモの群れ.JPG

DSCN6116 (2)オオバン.JPG

DSCN6148-1上の池のカモ達.JPG

Posted by 山本 at 10:28
宝登山のロウバイ観察 [2020年02月05日(Wed)]
2月4日 宝登山蝋梅園に出かけました。お目当てのロウバイは見事な咲きぶりで 風に乗って仄かな香りがそこここに漂ってきました。ここには3種類のロウバイがあるそうで、つぶさに見て回り、ロウバイ、ソシンロウバイ、満月ロウバイのそれぞれの特徴を理解することができました(上から順に2枚づつ)。かてて加えてシナマンサクの花(下の2枚)まで観察することができ、さわやかな早春の一日を楽しみました。


DSCN7557.JPG
DSCN7559.JPG

DSCN7546.JPG

DSCN7552.JPG

DSCN7547.JPG

DSCN7561.JPG

DSCN7562.JPG
Posted by 山本 at 17:53
「葛西臨海公園」野鳥観察会へのお誘い [2020年01月13日(Mon)]
詳細は下記のとおりです。(現地には9時集合となっていましたが、正しくは10時集合です。訂正版をここに添付します。)
皆様お誘いの上、奮ってのご参加をお待ちしています。

コガモ.jpeg
Posted by 山本 at 10:03
小石川植物園に行ってきました [2019年12月29日(Sun)]
12月28日、サザンカを見に小石川植物園へ行ってきました。サザンカの他にもいろいろな花が咲いていました。そして11月にリニューアル・オープンした温室を見てきました。熱帯の植物や小笠原諸島の固有種などが展示されています。新宿御苑の大温室に比べたら小さいですけど立派な施設です。
小石川植物園に行かれた折は是非寄ってみてください。
(浜田年男)

サザンカ1.jpeg
サザンカ
サザンカ2jpeg.jpeg
サザンカ
カンボケjpeg.jpeg
カンボケ
ツツジ.jpeg
ツツジの一種
ミツマタ.jpeg
ミツマタ
温室8.jpeg
公開温室
温室3.jpeg
温室内の植物、以下同じ
温室2a.jpeg

温室6.jpeg

温室7.jpeg





Posted by 山本 at 13:39
秋の自然観察会 [2019年10月20日(Sun)]
10月16日(水)マイクロバスをチャーターして、国営ひたち海浜公園のコキアの観察会に出かけました。コキアの真っ赤な紅葉にはやや時期尚早でしたが、それでも晴天の下、広い園内を気持ちよく歩きながら、キバナコスモスやコスモス、ソバの花やリュウキュウハギ、パンパスグラス、ワタの実などの植物たちを観察できて、参加者21名の方々は大変満足された様子でした。帰途大洗のめんたいパークに立ち寄って工場見学と買い物をして、予定通り18:00に出発地に戻って来ました。
(山本憲人)

コキア.jpeg


コキア1.jpeg
コキア
キバナコスモス.jpeg
キバナコスモス
コスモス.jpeg
コスモス
ソバ畑.jpeg
ソバ
パンパスグラス.jpeg
パンパスグラス
リュウキュウハギ.jpeg
リュウキュウハギ
ワタ.jpeg
ワタの実
全員集合.jpeg
参加者の皆さん
Posted by 山本 at 12:49
樹名板の整備活動(石神井公園) [2019年10月14日(Mon)]
10月9日(水)10:00〜12:30まで11名の会員が参加して石神井公園で樹名板の整備活動を行いました。新しくカキノキとエノキとムクノキの合体木に樹名板をつけたり、既存の樹名板の修理や付ける位置の修正などを皆さんで協力して行ったものです。(山本憲人 )

浅見.jpg

新しく樹名板を作成
かきのき.jpg


柿の木取り付け0.jpg
名板を取り付ける
ムクノキエノキ取り付け.jpg

エノキとムクノキの合体木
コナラ取り付け.jpg
コナラの取り付け作業
くましで取り付け.jpg

クマシデ取り付け
クヌギ修正.jpg
クヌギの補修作業
ミズキ修正.jpg

ミズキ補修
集合写真2.jpg
参加した皆さん
Posted by 山本 at 12:20
草木の勉強会 [2019年09月21日(Sat)]
9月19日(木)高麗の巾着田で恒例の草木の勉強会を開催。秋晴れの下、参加者は20名、期待したヒガンバナの開花がほとんど見られず、皆残念がっていましたが、それでも草本類ではツルボ、センニンソウ、ヤナギハナガサ、タマスダレなど、木本類ではハリエンジュ、マルバヤナギ、ナツツバキ、スイフヨウ、カツラなどの植物たちの特徴を観察しました。気持ちのいいハイキングもできて、皆様それぞれに満足の様子でした。 (山本憲人)

ヒガンバナpg.jpg
ヒガンバナ:全草有毒の多年生球根植物
マルバヤナギ托葉.jpg

マルバヤナギの托葉(たくよう):葉柄基部につく葉状片。写真では緑色の小さい片。
スイフヨウjpg.jpg

スイフヨウ:雄しべの花弁化が見られます。
タマスダレ.jpg

タマスダレ:花を「玉」に、葉を「簾」に見立てたもの。
センニンソウ.jpg
センニンソウ:果実に長い白髭(仙人のよう)が付きます。
ヤナギハナガサ.jpg

ヤナギハナガサ:花は多数集まって咲きます。
カツラjpg.jpg
カツラ:枯葉はカラメルのような香り。抹香の原料にもされ、「香出(かづ)ら」が名の由来。樹皮は捻れが見られます。
ミヤギのハギ.jpg
ミヤギのハギ:花序が葉より長く、三葉がほぼ同じ大きさで、がくが長いです。


Posted by 山本 at 05:52
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

練馬みどりの推進会さんの画像
https://blog.canpan.info/nerimidori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nerimidori/index2_0.xml