CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | 冒険広場と周辺地域の今»
あの日から2年後の冒険広場周辺状況 [2013年03月10日(Sun)]
あの日から2年になります。

冒険広場周辺の状況は、半年前と大きくは変わってはいません。

ただ、北側の搬入場に積まれていた「震災がれき」の山は、ずいぶん小さくなってきたようです。
海岸線の方に目を向けると、防潮堤の工事は、着々と進んでいるように見えます。
冒険広場の中では、この2月、津波にのまれた管理棟などの被災建物が解体されました。
これをもって「復興に向かっている」と言ってよいかはわかりませんが…。

130203(2)-s.jpg
 2013.2.3 冒険広場から北側を見る

130204管理棟.JPG
 2013.2.4 解体直前の管理棟
130217管理棟.JPG
 2013.2.17 同所

冒険広場の再開の時期は、未だ決まっていません。
ですが、今年度中には、海岸公園全体の復興基本構想がまとまるそうです。
そして来年度は、仙台市に「海岸公園整備室」も設置され、基本計画の検討に入るとか。
いよいよ今後に向けた話に入るでしょうか。

そのような「大きな動き」は、実は僕たちにはよく見えていないのですが、ともかくも、自分たちなりにできることを続けていきたいと思っています。

それにつけても、公園が再開した時にそれを心から喜べるよう、周辺地域の復興も進むよう願ってやみません。


【5】冒険展望台のある山 [2012年03月08日(Thu)]
冒険広場の最も海側には、標高約15mの盛り土の山がありました。そして、冒険広場の高台とぶつかって遡上した津波をブロックし、その先に広がる標高10m前後の高台を守る役割を果たしました。

12.JPG

14.JPG

痕跡は徐々にわかりにくくなってきていますが、山の頂上付近まで津波が迫った痕が残されていました。また、最も海側にあった看板、園路沿いにあったベンチは大きく流されました。これらは、まだ流された場所に残っています。

PB200527-s.jpg
臨時開園の時の様子です。右手の方に刈り残してある草のラインが見えますが、津波が来た位置を表しています。


(※2月下旬より、ブログの仕様変更に伴い更新ができない状況でしたが、やっとのことで再開となりました。)
【4】南側の松林 [2012年02月16日(Thu)]
冒険広場は、松林に囲まれていましたが、あの大津波によりそのほとんどが一瞬にして流されてしまいました。




11月の臨時開園の時に整地が始まっていましたが、今年に入ってから搬入も始まりました。
写真は、本日2月16日の様子です(展望台から撮影)。

時間はかかっても、緑の森が再生する日が来るのを祈るばかりです。

【3】デイキャンプ場 [2012年02月12日(Sun)]
ゴールデンウィークや芋煮会シーズンには54区画すべてが埋まったデイキャンプ場。



今も、このような状態です。(写真は、上9/30・下11/20撮影)



【2】管理棟 [2012年02月10日(Fri)]
駐車場・幼児遊具広場の前にある管理棟です。
ここも津波にのまれました。流れてきた松の木が室内に突き刺さり、また海側に折り重なりました。



内部に堆積した土砂の多くは取り除きましたが、再整備の方向も見えない中、修繕はされず窓も開いたままです。(以下、11/20の臨時開園時の様子です。)


飾ってあるのは、震災後に寄せられた応援メッセージです。
【1】幼児遊具広場 [2012年02月05日(Sun)]
最初に、駐車場を降りてすぐのところにあった、幼児遊具広場です。
周辺の地盤麺よりは数メートル高いところにありましたが、それでも完全に水没してしまいました。



現在は、プランコと複合遊具の一部のみしか残っていません。

(写真は、11/20の臨時開園時の様子です。)
【0】冒険広場被災の記録(記憶)について [2012年02月04日(Sat)]
あの3月11日から、もうじき1年がたとうとしています。
もう1年たってしまうのか、という感覚です。

1年近くたっても復旧工事などは全く進んでいない冒険広場ですが、津波堆積物やがれきの除去はなされ、直後の様子はもうわからなくなってきています。

公園のその後を気にかけていただいている方への報告と、後世に向けての津波被害の大きさの記録・記憶の意味で、11/20(日)の臨時開園時に現場に掲示したパネルをもとに、園内各所の震災前後の様子を少しずつ紹介していくこととしました。