CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«冒険広場の臨時開園について | Main | あの日から1年半後の冒険広場周辺»
臨時開園を前に:空間放射線量等の情報 [2012年03月16日(Fri)]
 臨時開園を前に、冒険広場で測定された空間放射線量ほか、健康面に関する情報をまとめました。「訪ねる予定だけど心配だ」という方もいるかもしれません。参考にしてください。(いずれも異常値は出ていません。)


1.空間放射線量について
若林区公園課では、H24/2/21以降、区内100か所以上の公園で空間放射線量を測定しています。海岸公園冒険広場については、3/14に冒険遊び場・大型遊具広場の4か所で5回ずつ測定され、以下の値が測定されました。
  測定平均値 0.122マイクロシーベルト/時
  最大値   0.148マイクロシーベルト/時
  最小値   0.087マイクロシーベルト/時
この数値は、仙台市の設定した空間放射線量の基準(0.23マイクロシーベルト/時)を下回るものです。

※「0.23マイクロシーベルト/時」→文科省による「学校において、当面、年間1ミリシーベルト以下を目指す」という基準をもとに設定された数値です。基準のもとになっている計算の考え方については、例えばこちら(市HP)をご参照ください。
※上記数値も含め、若林区内の測定済みの公園全ての空間照射線量については、若林区役所に掲示・公開されています。
※隣接する震災廃棄物搬入場で測定されている月々の数値については、こちら(市HP)をご参照ください。(灰や排ガス中の放射性物質濃度も含め、異常な値は出ていません。)


(冒険広場での空間放射線量測定の様子)
 


2.環境大気中アスベスト濃度等について
仙台市では、市中心部、住宅地域、及びがれきの搬入場、撤去作業現場等において環境大気中アスベスト等の濃度調査をしています。井土地区がれき搬入場に隣接する海岸公園冒険広場でも毎月測定されていますが、これまでのところ、WHO(世界保健機構)が示す、都市における大気中アスベスト濃度(一般環境)の範囲にあり、健康に影響を与えるレベルではありません。詳細は、こちら(市HP)。

なお、臨時開園にあたり、冒険広場には十分な量のマスクを用意しています。有害物質・微生物等への耐性は個人差があるとも言われております。必要な方は遠慮なくお声かけください。


3.その他
仙台市は、津波堆積土中の有害物質調査なども行っています(なお、測定海岸公園冒険広場での測定ではありません)。ここでも、土壌汚染対策法の基準値を超える値は出ておりません。→詳細はこちら(市HP)。



トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント