CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール

Haruka T.さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
最新コメント
Haruka
インドのヒョウ (01/23)
ぱんだ
インドのヒョウ (10/09)
こんにちは
環境意識 (02/26)
ito747
ある教育実践 (11/06)
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/naturverbunden/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/naturverbunden/index2_0.xml
Geologinというのは日本語では地質学者です。
地球環境に興味があり、地質学が環境問題に何をできるか模索中ですネズミ
備忘録 [2011年03月21日(Mon)]
久しぶりに、ブログに来て、自分のプロフィールを見たら、年齢が2年前のままでした。
そして一緒に書いてあった「夢」が、今とは違うことに気付きました。幸か不幸か、興味の対象は変わっていませんでした。
でも、二つ書いてあった夢の一つ、「研究」。2年前を思い返すと確かにそんなことを周囲にも言っていた記憶があります。その後、卒業研究を経験し、研究のプロセスを学び、同時に他の世界も知って考えが変わりました。

もうひとつの夢は、アルバイトとしては実現できています。ただ、現在就職活動中です。その業界は履歴書の段階で通過することはできませんでした。

ある学校で、本人は通学の意志があるけれど成績不振のため、中退させられてしまう生徒がいました。自主退学の決断ができないのであれば、学校側から決断してあげる親切だという見解がありました。初めて聞いたときは、どうなのかと思いました。

就職活動を無事終えることができたあと、どう振り返るでしょうか。履歴書以降の選考に進めなかったので、あきらめてその業界には以後手を出すのをやめたこと。一つ目の夢に近い分野(職種は研究職ではなくて)に就職が決まれば、自分が選択・決断できなかった二つを先方から選んでくれたことを親切に思うのでしょうか。

そうだといいなとは思います。
岡本太郎さんの言葉で、玄田有史さんが好んで引用される「迷ったら危険な方を選ぶ」生き方。選ぶのは自分でありたいけれど。
戦後65年 [2010年08月15日(Sun)]
テレビTBSのドラマ「歸國(きこく)」。
2010年8月14日21時〜
http://www.tbs.co.jp/kikoku2010/index-j.html

日本でテレビドラマを一部でも意図的に見るのは『氷点』以来かもしれない…

主題については,賛否両論あろう。
一緒に見ていた母には古い考え方と映ったようであるし,いくつか散見したブログでも似た意見が多い。私は主題から離れたところに主な感想をもったが(下記),大宮さんの行動は,当時の人間として自然なのだろうと思う。

ただ,久しぶりにブログを更新して記録しておこうと思ったのは,二十歳を過ぎて久しぶりに先の大戦を扱った作品に触れて,小中学生の頃に感じたこととは違うことに気付いたからである。

小学生向けの戦争小説を読んで思ったことは,今の私たちのようにモノがなくて空腹で大変だった,親しい人が戦いに出てしまって心細かった 等,子どもとしての共感であった。
中学高校時代は,勉強が好きだったため学徒動員の話を聞いて何か年相応のことを思ったのだろう(探せば当時の感想文が見つかるかもしれないが,どういう感想を抱いたか記憶にはない)。

今,恋人をもち,結婚・子育て・家庭作りドキドキ小を固有名詞を入れながら将来設計をできるようになった。そのような自分の現実とともに戦時中の同年代の若者を思うと,子どものころとは異なるところで共感をしてしまう。
チェロ弾きの木谷少尉(小栗旬)が故郷に残したピアノ弾きの恋人。出陣前にこっそり送った恋文。
また音楽の話がしたい。貧しくてもよい、結婚したい。
そして65年の歳月を経ての再会シーンでの共演。

一方,平和な時代に生きる私も,家族で室内楽をするのが夢である。だが,家族全員分の楽器を買えるように(そのくらいの経済力を持てるような職につけるように)というのが目下の課題。生きて会えなくなるとは考えたこともない。
しばらく遠距離だったことがあるが,死別となればその悲しみはいかばかりか。
相手が戦死してしまい,未亡人を貫く人がいるという話を聞いたことはあったが,実際に映像として見ると,強い気持ちを感じる。

今後,子どもを持つ親となって先の大戦を振り返ると,また違ったことを感じるのだろう。
戦争教育は子どもにだけでなく,社会教育として体験していない全世代を対象とするべきものだと思う。

最後に,変わってしまった現代社会について一考する。
大宮上等兵の心理状態は理解できる。年長者へは敬意を払うべきで,「敵」は殺したくなるのだ。
現代社会が当時と比べてよいのか悪いのかは判断できない。小学生だった頃から今まで,この10数年の情報技術の進歩の速さに驚くのは,大人と変わらないと思う。それとともに常識も随分変わったことだろう。

こうも速く変わってしまうと,「古い考え方」の人からそうでないつもりの人まで多様な人が常にいるのが現状になる。あの人は古いからと片付けずに,そういうふうに考える人もいる,とその人の考え方を一つ一つ尊重しないことにはどうしようもない。
どうしてそのような考え方に至るかは,少しその人のことを知れば大抵推測可能なのではないかと思う。その人の考え方を外から帰るのは困難だが,受け取る自分の意識や理解は変えることができる。時には腹の立つことを言い出すかもしれない。でもしょうがないと思い,自分なりに理解して妥協点を見出すことに時間を使う方が,批判するよりも得だと思う。

いつの時代も「古い」人はいるし,そういう人たちを隔離したところで若い世代にも色々な考え方をする人はいるのだから何かしら人とうまくやっていく方法を見つけないと今後どうしようもなくなる。
メディアと環境 [2009年09月08日(Tue)]
2008年3月2日放送
テレビ(番組の要旨)
アメリカフロリダ州にある国立公園エヴァーグレーズでは,近年の都市化によって生物が脅かされている.
ハリケーンの水害を防ぐために水路を作る→海が汚れる→赤潮発生→草食のマナティー悲しい

ヒヨコ(私見)
1年以上の番組の細かい内容は忘れてしまいました。しかし,この書きかけのブログ記事を更新しようと思ったのにはわけがあります。

機会があって,2008年秋にエヴァーグレーズのあるフロリダ南端を訪れました。Evergradesの隣のBig Cypress National Preserveを見て回りました。日本(本州)とは全く異なる自然で,珍しい生き物がたくさんいました。

アメリカの国立公園にはとても広いものがあります。そして,車で見て回るようにできているものも多いです。Scenic Drive(遊歩道ならぬ遊車道)を走りながら見たい生き物が見えたら止まって眺めることができます。
ここは湿地帯なので,水上ボートやカヌーで公園に入ることもできます。私もカヌーでBig Cypress National Preserveの中に入り,ワニの赤ちゃん(写真)に出会いました。Scenic Driveから大人のワニはたくさん見ましたが,子どもは可愛かったです。

Scenic Driveには,未舗装の道路でも砂埃が立たないくらいの速さで,運転手も景色を楽しみながら走っている車を見かけました。アメリカ人は環境に関心がないような先入観もありましたが,このように自然を愛する人たちもいることがわかりました。

さて,訪問中はEvergradesを扱った番組があったことも紹介記事をここに書こうとしていたことも忘れていました。そのため,100%自分の視点でものを見ることができました。

人が作ったものはどれも多少はそうですが,作者の意図が入ります。文章を読んでいるときは落ち着いて考える時間があるのでこれは自分は反対だと思いながら受け入れることもできます。しかし,映像・音声の場合流れ去ってしまい,完全に作者のストーリーに乗せられがちです。一つの見方として一歩下がって見たときには,知らなかった情報もあり面白いものでしょう。ところが,つい夢中になって全てを鵜呑みにしてしまうこともあり得ます。

取材中はある程度いろいろな情報が集まります。それを編集して公開するまでの間に様々な人の意図が入ります。それは仕方のないことと思いますが,少しは自分で生情報から調べたことをじっくり考えることが必要でしょう。メディアに頼りすぎないこと。

環境問題のテレビ番組もきっかけの一つとして現在の専門・仕事につながっている身として,最近のテレビ番組と書きかけの記事と実際に訪ねた自然を比べてこんなことを考えました。
これからここで発信する私の記事はどんなものにしていこうかなと模索します。
ダンゴムシ危機 [2008年05月10日(Sat)]
長野県南部でそば栽培を始めました.
この連休に種まきをしましたが,首都圏で学生をしている私は毎日観察に出かけるわけにはいかないので,成長の様子を想像するために我が家の猫の額の庭でも育ててみることにしました.

規定では2〜3cm土をかぶせることになっているのですが,翌日見てみたら

ダンゴムシにたかられていました.現行犯困った
考えてみたこともなかったのですが,種まきとは栄養たっぷりのものを放置する危険な行為なのでしょうか.調べてみる必要がありそうです.
うねっこ [2008年03月18日(Tue)]
長野県下伊那の天龍村で学校の人々とソバを作ることになった.
まずは休耕畑を耕す土づくりをしに行った.朝6時発翌日深夜24時着の1泊2日強行軍であったが,楽しいメンバーと久しぶりの山村でよいひとときを過ごすことができた.

農作業自体も久しぶりだったが,何より機械を使った農作業が初めてで面白かった.

これは今回耕耘に使った機械.(背景は軽のライトバン)名前は「うねっこ」というらしい.田植え機械で「はこまきちゃん」というのがあったので,同じようなかわいらしい名前を付けたのだなと思ったが,かわいい名前を喜ぶ人が購入の決定権をもつわけでもないだろうに.不思議だ.

何が面白いって,身長に合わせてハンドルの位置が変えられるのはもちろんのこと,路上を押す時には刃がささらないように後輪がついていたり,それを収納する装置があったり,刃の向きを変えると耕耘でなく畝ができたり.

一つの機械でこれだけさまざまなことができると感動する.

しかし,メンバーの中で一番くらい農作業自体を楽しみにしていたが,数少ない女性としての仕事がたくさんあり,実際問題としてそれをしたくなくても(そしてそれが許されても)体力的に男性と同じ仕事をするのは難しいということを実感した.

でも,やっぱり畑の中で過ごした半日はとても楽しかった.次の播種が楽しみドキドキ大
ゴルフ場 [2008年02月05日(Tue)]
クローバー2月3日放送

テレビゴルフ場というと,環境破壊というイメージがあるが,その土地の地形を保持したり,なるべく自然を残して蛍がすめるような小川を作ったり,植林をしたりと,「自然」があるゴルフ場もある.
周りが宅地開発されて残ったのはゴルフ場の芝生だけ,という地域もある.

ヒヨコ家族もゴルフはしないし,本当に何も考えたことはなかった.最近注目選手も多いのでテレビのニュースで国内外のゴルフの大会が映されるのを見ることはあるが,植物はあるものの少なくとも森林浴を楽しめるような自然,とは程遠いように思う.しかし,ゴルフ場の仲は気持ちいいという人もいるようで,不思議だった.

Takeshita, S., Yamada, R.:2004,
Environment Management of Golf Course in Japan
日本のゴルフ場における環境マネジメント
鹿屋体育大学学術研究紀要,32,19-25
http://www.lib.nifs-k.ac.jp/HPBU/annals/an32/32-19.pdf

Abstructだけで既に,環境問題を考えるには化学・農学など理系分野だけではなく社会学・法学など文型分野の研究も必要なのだと改めて思った.高校時代に進路を考えるときにこのことを知っていたらずいぶん人生変わっただろう.

やはり,建設当時は周りの環境のことなど考えないで作ることが多かったとのこと.
しかし,最近のゴルフ場業界紙(?)には肥料・雑草・灌漑についての報告もなされていており,Greenery Gofers GroupなどNPO活動で環境を考えるゴルファーも増えてきているようだ.

日ごろゴルフとは無縁の生活をしているためあまり考えたこともなかったが,違う世界に生きる人たちのこともそこそこは知っておく必要があると思った.確かに,まとまった「緑地」であることは間違いない.
アメリカやスコットランドのゴルフ場ではこのような取り組みが進んでいるとのことなので,もう少し調べたら来年一年,覗いてみようか.
環境意識 [2008年02月01日(Fri)]
しばらく更新していないうちに2月になってしまいました.

最近あったこと
・名刺は環境に悪い!?
 アルバイト志望である会社を訪れて名刺を渡したところ,すぐゴミになるものを作って環境に良くないではないか,と言われた.それも一理ありますが・・・
私の名刺は受け取ってすぐゴミにするのですか?
あなたが私に渡してくれたものも紙の名刺ではないのですか?
と思った.確かに,再生紙とは言わずとも裏紙に印刷する,森林認証の紙を使うなど工夫のし様はあったかもしれない.

将来,suicaのようにお互いのパソコン等にかざすと内容が伝わるとか,携帯電話の赤外線通信のようなことができるとか,プリモプエルのぬいぐるみのように人間自体が交信できたりとか,紙媒体の名刺がいらなくなる日が来るのかもしれない.しかし,過去のお付き合いを時系列にパラパラ探すことができるのも紙の名刺と名刺ファイルのなせる業である.どちらの方が好ましいか・・・

・紙
コピー機に不慣れだとうまくはみ出ずにコピーすることが難しい.さらに両面コピーができないタイプだと.

・ホチキス
小学生の頃からホチキスの針はどこに分別したらよいのか疑問でした.いつかわかる日が来るだろうと思い勉強机の引き出しに貯まっています.このごろでは新しくレポート等を閉じるときは針で紙に穴を開け,以前はがしたものを刺している.
それ以上に画期的なものとして穴を開けて端っこを止めるものがあった.

屋敷森 [2008年01月03日(Thu)]
クローバー平成19年12月23日放送
テレビ昔ながらの住宅には屋敷森がある地域がある.

ヒヨコ塾で教えたこともある内容.北側に常緑樹を植えて防風,南側には落葉樹を植えて冬は暖まる,と賢いなといつも思う.

実際に効果を調べた人がいた.
本
荒木孝一,宮本征一,堀越哲美:1995,
屋敷森を有する住宅とその集落に形成される微気候.
日本建築学会大会学術講演梗概集

流し読み程度で申し訳ないが,実際に冬は暖かく風は相当抑えられていることがわかる.
私も研究に使ったことのある移動観測を用いていたのが嬉しかった音符
コルクガシ [2008年01月03日(Thu)]
クローバー平成19年12月16日放送
テレビスペインにはコルクガシの林があった.近年ワインの栓にコルクが使われなくなってきているためコルクの換わりに商品価値の高いものを植えるようになってきた.
すると,コルクガシの実を食べさせていた養豚家が困る.
それだけでなく,コルクガシには砂漠化を防ぐ効果もあったので,なくなると土地が荒れてしまう.

ヒヨコ中学の地理でコルクガシという名前を聞き,変な名前だとしか思わなかったが,今回初めて「樫」なのだと気づいた.カシなのでどんぐりがなる.それを食べる生き物がいる.単にコルクの生産だけのための木ではなく当然だがそこにはカシを中心とした生態系がある.

里山の木を切って他の用途に使い自然が荒れるというのは日本でも起こっている現象だが,スペインでもやはり使わなくなった木は切ってしまうのだと思った.

また,アルコールにあまり触れていないので知らなかったが,リサイクルできる栓(正確には洗ってまた使うのでリユースなのだろう)があり,それが普及するとますますコルクを使わなくなるのでコルクガシの林が危なくなるという.ここはゴミ減量にするべきなのか,コルクの林を守るべきなのか,迷いどころかもしれない.
ただ樹皮なら,土に埋めたら時間はかかるかもしれないが土に返るはず.それは「ゴミ」でないとするなら無理に栓のリサイクルをしなくてもよいのではないでしょうか.瓶が確実にリサイクルされたら上出来だと思いますが.
屋久杉 [2007年12月15日(Sat)]
2007年12月2日放送クローバー
テレビ屋久島には世界遺産のスギがある.観光客でにぎわう.
昔は過度に伐採したり,発見後大量に人が来て縄文杉が見やすいように切ってしまったり,

ヒヨコ土壌の改良をして縄文杉を守ろうとしていた.花崗岩の上の薄い土壌にあれだけ大きな木が生えているとのこと.木のたくましさを感じる.私も負けずともっと土壌の勉強をしたい.

屋久杉が昔は材木として使われていたという話は本で読んだことがあった.それ自体は悪いことではない.ウィルソン杉のように切り株が珍しいといわれるものもある,という理由だけではなく,適当に伐採して更新を図るのは悪いことではないと思うからだ.

それにしても,屋久杉を使った建築を見てみたいと思った.
| 次へ