CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | イベント情報»
「第2回いわいずみはしご酒」開催!!! [2016年07月27日(Wed)]
皆様こんにちは。今日の担当は愛子です。

23日は何の日だったか、覚えていらっしゃいますか?
そう!「第2回いわいずみはしご酒」が開催された日です!
おかげをもちまして、140名を超える皆様に参加いただき、主催者冥利に尽きました。
皆様にも楽しんでいただけたのではないかな?と思っております。
詳しい模様は、こちらをどうぞ(^_-)-☆

夏シーズン到来、今後も様々なイベントが目白押しの岩泉です。
チェックをお忘れなく!
男女共同参画、第一歩はご家庭から! [2016年07月08日(Fri)]
皆さまこんにちは。今日の担当は愛子です。

さて、皆さんは、岩手県が男女共同参画を進める取り組みとして、「男女共同参画サポーター」を養成しているのをご存知でしょうか?
岩泉町ではすでに8名の方がサポーターとして認定され、今年も6名が、サポーター養成講座を受講しています。かく申すわたくしも、受講中のひとりです。

男女共同参画とは、簡単に言えば、「男女がお互いに尊重しあいつつ、性別関係なく、個性と能力を発揮していこうよ」という取り組みのことです。
普段、「男なんだから〇〇じゃなきゃ」「女なんだから当然〇〇でしょ?」とか、つい思ってしまったりしませんか?
よく考えてみると、実はそれ、そう思い込んでいるだけのことかもしれません。

なぜわたしがそんな取り組みに足を突っ込んでいるかと申しますと、「ご家庭は男女共同参画の第一歩!」と思っているからです。
いざ結婚、となりますと、途端に、昔ながらの男性観、女性観が噴き出してまいります。
しかしながら、それは今の時代、男性にとっても女性にとっても、結婚のしづらい状況を作ってしまっているのではないでしょうか?

平成26年度の内閣府「結婚・家族形成に関する意識調査」でも、「結局のところ、時間はかかっても、社会の中で男女共同参画を推進していくことが、長期的には有効な少子化対策である」と述べております。
わたくしが4月に企画したセミナー『「結婚」って?それは一緒に、生きること』で、男性の育児参加を進めるNPOファザーリング・ジャパン東北の岩手代表をお招きして講演していただいたのも、そんな考え方の一環です。
先日は、岩手県知事も「イクボス宣言」、しましたよね。

いかがでしょう、これから結婚をお考えの方も、ムスコムスメに結婚してほしいと思っていらっしゃる方も、今日は「ご家庭の男女共同参画」、振り返ってみてはいかがですか?
そして来年は、是非とも「男女共同参画サポーター養成講座」、受講してみませんか?

「岩手県男女共同参画センター」のサイトは、こちら (^_-)-☆ 

口開け [2016年06月28日(Tue)]
先週末は晴れ間も見せてくれましたが、やはり梅雨時期の天気で何だかすっきりしませんね。
小本出身の私金澤としては、この時期の波や天気図は非常に気になるものです。


どうしてかと言いますと、5月〜8月半ば頃までの間で波の穏やかな日はカゼ(ウニ)の口開けと言って、ウニ漁が解禁されるからです。

IMGP1754.JPG

どうしても梅雨前線の影響があったりで中々波が落ち着きませんでしたが、聞くところによると明日はカゼの口開けのようですね、漁師の皆さん安全航海で大漁になりますように!!
a.jpg
ラジオ放送 [2016年06月08日(Wed)]
昨日は協議会職員3名がエフエム岩手岩泉支局さんのラジオ番組に生出演してきました。
FullSizeRender.jpg

私自身はラジオ生放送は初めての体験でしたので、事前の取材から、当日の打合せ、ランスルー(リハーサルのこと。初めて知りました)、放送まで。
放送中はスタジオにずっといましたので、月並みですが『こうやって番組ってできるんだなぁ』と感動しました。

自分達の出演部分がどうだったかはさておき、様々な方面から「ラジオ聞いたよ」と声を掛けていただいております。ありがとうございます!


今回のラジオ出演はありがたい事にエフエム岩手さんからお声を掛けていただきました。今後も興味を持ってもらえるような活動を目指していきます!
体験ケイビングat岩泉町 [2016年05月19日(Thu)]
だんだんと気温も上がり、夏めいてきましたね。
そんな時はひんやり、洞窟に入りたい!

ということで、、5月15日(日)安家地区の洞窟にて、
「体験ケイビングat岩泉町」を行いました('ω')ノ

ケイビングとは洞窟探検のこと。
※洞窟に入るには特別な許可や装備が必要となるために、勝手に入ってはいけません!
今回は岩泉町の方に身近にある洞窟を知ってもらいたい、と企画しました(^^♪

洞窟の中はもちろん真っ暗。
ヘルメットやライトをつけて、16人の参加者はいざ出発!

急な斜面を登ると、大きな入口がぽっかりあいています
DSC_2820.JPG

みんなで鍾乳石の観察
DSC_2668.JPG

コウモリの大群も発見!
DSC_2655.JPG

段差をのぼったり下りたり…
DSC_2805.JPG

最後は地底湖?を眺めながらお昼ご飯
DSCN1441.JPG

みなさん、2時間ほどの洞窟体験を楽しんでいた様でした♪

これからもケイビングの楽しさを知ってもらうために、
じわじわと活動していきたいと思います(*^^*)
続きを読む・・・
木にのぼるには・・ [2016年04月07日(Thu)]
「ツリークライミング」
知っていますか?
DSCN0424.JPG
専用の道具を使い、ロープで木に登るレジャーのこと。
岩泉町でも木登りクラブ「むささび」の会の皆さんが活動しています。

安全に楽しむためにはもちろん、日頃の練習が必要。
ということで
4月3日(日)龍泉洞レストハウス横で行われた
練習会に参加してきました!

DSCN0418.JPG
ロープの設置の仕方や、登り降りの仕方を、お互いに確認します。

お揃いの赤いパーカーで、木々の中でも目立つ「むささび」の会の皆さん。
DSCN0421.JPG

盛岡市で活動している「クラブやまねっこ」の方も参加し、
大人数で和やかな会となりました(*^^*)
参加したお子さんも楽しんでいました♪
DSCN0427.JPG
山に入ってみた [2016年04月06日(Wed)]
こんにちは。
4月1日着任・森林コンダクターの松永です。

右も左もわからず来てしまった岩泉。
そんな中、先輩コンダクター・逢見さんにくっついて山に入ってきました。

IMAG0748 (1).jpg

しんとした森、湧き水が小本川に流れている様子をみて、癒されていました。
同時に、いろいろ活動ネタが出てきてワクワクしました。

IMAG0755.jpg

東京にいたころ、こんな時間に山の中で癒されている姿なんかは想像できませんでした。
いや〜岩泉って本当にいいもんですね〜(清水晴郎さん調・笑)

これからも宜しくお願いします!
続きを読む・・・
小本思い出のアルバム [2016年03月22日(Tue)]

今日は、小本地区で行われた「CD完成のお披露目会」へ参加してきました。

何のCDか?

というと、復興庁の「心の復興」事業の中で、
小本地区に伝わる地域の唄を収録したCDです。

CIMG2471 (1)1.jpg

CD収録には、約70名ほどの地域の方が参加し、
本日、そのCDのお披露目会が行われました。

CIMG2463 (1).JPG


CDの中には、小本地区で唄われている
盆踊りの唄や念仏など計21曲が収録されています。

なかには閉校となってしまった小学校の校歌も収録されており、
卒業生にとっては、今や聞くことのできない校歌を思い出すことができる
貴重なCDになっていると思います。


今日のお披露目会では、
CD録音の際の苦労話や、唄が作られた時の話など様々な話題が飛び交いました。

このCDが小本という地域を知ることができる
一つのきかっけになったら良いな、と思います。

CIMG2476.JPG
ジオガイド研修会 [2016年03月17日(Thu)]
本日の担当は家崎です。
15日(火)、「ホテル龍泉洞愛山」にて行われた
「平成27年度第2回ジオガイド研修会」
(岩泉商工会主催)に参加しました。
IMG_7130.JPG

今回の研修は「みちのく潮風トレイル」や、トレッキングが話題になる中、
山に対する知識や、安全管理の理解を深める為に行われました。

IMG_7133_.jpg
講師は「むずすの会」や「むささびの会」で活躍する、佐々木保美氏。

岩泉町内の山の特徴や、登山の楽しみ方、山での危険について講演頂きました。

IMG_7149.JPG
会場は写真のスライドも交えながら、終始和やかで質問も飛び交います。

IMG_7141.JPG
山で使う道具を触りながら、安全管理についての説明もありました。
(銀色のシートは「エマージェンシーシート」といって防風・防寒用の極薄シート)

参加者も新たな岩泉町の魅力を知り、
安全な登山について理解を深められた研修となりました。
小本いきがいくらぶ [2016年03月04日(Fri)]

昨日、岩泉町の小本地区にて、
地域の方が集える場所「集いの場所」開設のための準備をさせていただきました。


地域の方々が力を合わせ
掃除や壁紙貼り等の作業を行いました。

CIMG2348.JPG


作業終了後には、
一緒に作業をした方たちと完成した「集いの場所」にて
お昼を食べました。

CIMG2368.JPG



これからこの「集いの場所」が地域の方から愛されるような場所になれば良いなと思います。


| 次へ