CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年06月22日

新年度いっきに動き出す!

できたてホヤホヤの新しい立て看板がお目見えしました音符
9月の合同例会、人形劇団むすび座『地獄八景亡者戯』です。 by内中原ブロック


足跡足跡足跡足跡足跡足跡足跡足跡足跡足跡足跡足跡足跡足跡足跡足跡足跡足跡足跡足跡足跡足跡足跡足跡足跡


劇団の方はしばしば、「私たちはパートナーですよ」とおっしゃいます。

我々は“子どもたちの心にタネを蒔く”
おやこ劇場子ども劇場は“そのタネを豊かに育む地域を耕す”


進むべき道を照らす大切な言葉として、いつも心に刻んでいます。

表現のプロならではのそれぞれ個性的で説得力ある言い回しに、
ある時は勇気づけられ、
ある時は思わず背筋がしゃんと伸びるような思いでその言葉を受け取りますが、
私たちはそれを仲間内で共有しているだけではなく、
広く社会に伝えていくことが必要なのだと思います。

おやこ劇場の得意とする「文化芸術に触れ感動を共有すること、体験の幅を拡げること、地域や学校、年齢や世代の差を超えて仲間づくりができること」が、ますます必要とされる時代状況になってきています。

私たちの活動が、文化の力を活かしていきいきと楽しみながら「人づくり・まちづくり」に取り組む公益事業であるというメッセージを、元気よく根気よく発信していきたいと思います。

子どもたちが周囲の大人に見守られながら安心して集団で遊び、
その中でさまざまな体験を自然に重ねていける地域、
子どもたちが心豊かに成長する喜びを全体で共有できる地域づくりのために、
できることはまだまだあるはずです。

信頼し合える大人同士の輪を拡げることが、私たちの最大の戦略となります。


【総会資料(2009年度年次報告) 巻頭挨拶より抜粋)

2010年06月18日

子どもキャンプ2010速報!

ようやく決まりました〜!!



子どもキャンプ2010(第30回)

 ●日時:8月21日(土)〜22日(日)

 ●場所:健康の森(島根県雲南市木次町)

 ●対象:小学4年生〜高校生 with青年

 ●実行委員長:おかやん



★詳しいご案内は今月末にお届けします!

2010年06月15日

子どもたちを応援するオトナも応援したい

昨日のこと。
おやこ劇場の先輩会員(いつもお世話になっております)であり、
我が子の幼稚園時代からPTAの先輩でもある方が事務所を訪ねてこられた。

ある県立高校のバスケットボール部が男女ともにインターハイ出場(沖縄!)を決めたため、
その資金面を支援しようということでの協力依頼だった。
おやこ劇場松江センターにということではなく、同じ高校にうちの子も通っているので、
その保護者である私個人に。

その方のお嬢さんは同校バスケ部出身だが、既に卒業している。
昨年度の保護者会長として奔走されているご様子だった。
そういえば、うちの前理事長も何年か前のそこの保護者会長だった。
何かとご縁もあるし、我が子の友人にもバスケ部員がいる。
これは応援しなくてはロケット

ということで、
名物校長が「よぶこえ」(校長だより)にインターハイ出場のことを何か書いておられるかも、
と思いつき、久々に高校のHPを開いてみた。あった!
http://www.matsuehigashi.ed.jp/665.html

ハッとした。

そうだった。勝った部や成功した人だけを見る先生ではなかった。
勝った子たちのことも、その結果ではなく毎日の姿を評価してくれる先生で、
だからこそ、子どもたちがみんな校長先生を大好きなんだった。

いかんいかん。
ちょっと最近、子どもたちのそういう姿や思いから心が離れていたかも。
どんなに忙しくても、それが私たちの原動力なのに。

バスケ部のことも、頼まれたからではなくて改めてちゃんと応援しようと思う。

それまでの汗と涙とチームワークを知りたいと思って探すと、
そのバスケットボール部のブログがあった。

顧問の先生が書いておられるのだろうか。
部員たちへの愛情がどの記事からも伝わってくる。
忙しいだろうに。すごい。

唐突で、しかも非常に個人的感覚だが、
「はやぶさ」の奇跡の帰還、サッカーワールドカップ日本チーム初戦勝利と、
よいニュースが続く気がしている。
「宇宙」→「世界」→と来て、ぐっと身近になるがバスケ部全国出場も含めてキラキラ

もちろん、口蹄疫や普天間のことを忘れてはいけない。
(おやこ劇場松江センターでも「口蹄疫被害家庭支援500円ワンコイン募金」を始めています。
ご協力よろしくお願いします!)

おやこ劇場松江センターとしても、新年度、よい風が吹いてきている!
役員の顔も明るいし、スタッフが元気。
私たちには、努力の先によりよい未来があると思える希望が必要なのよね。


昨夜、娘に「女バスのインターハイ出場にカンパしたよ」と報告したら、
「おー、ありがとう!」と返された。
びっくりした。説明しにくいが、たいそう嬉しい。オトナになったね。
高校全体が彼女の側の世界なんだなぁ。


卒業生の方、保護者の方、バスケファンの方、よろしかったら是非カンパお願いします。
おやこ劇場松江センターでもお預かりします。

微小キズの冷蔵庫★5000円引き

事務所の模様替えは、どうやらけっこう好評。
訪れた人々が気軽にちょっと腰掛けて話をしていってくれるようになった。

ただ、おしゃれなOFFICEをめざす予定が、やはり「おもちゃ箱」になってしまった…。
まぁ、我々のやることだからしょうがない気もするウインク


もともと訪問客の多い事務所だが、「通りかかったので寄ってみた」という方が増え、
喜ばしい限りですラブ どうぞ、お気軽にお寄りくださいませ。


本日寄られた行政職員の方は、入り口のウェルカムボードをなんとリンボーダンスでくぐって退場してくれた。拍手で見送ったが、腰はだいじょうぶでした?


さて、そんな事務所の冷蔵庫が壊れて困っていた。で、ついに!
イオン幸せの黄色いレシートキャンペーンで頂戴したお買い物券での購入を決定びっくり

お買い物部隊2名が勇んで出かけていった。
事務所留守番の我々と電話でやりとりしながら、スペースぴったりの冷蔵庫をゲット。
でもこんなピンク色だとは、ふたりは電話口で言ってなかったような…?
事務所を訪ねてくれた方がびっくりするかな。
ドアのところにわずかにへこみがあり、5000円引きキラキラだそうな。
この程度のキズで5000円も値引きしてくれるんなら、
もう1カ所くらいへこんでても構わないのに〜って感じ。
古い冷蔵庫の引き取り処理代5000円に回すことができた。よかった♪


それから、以前ご紹介したプリンタ台に、キャスターに続いて取っ手をつけてみた。
タンスみたい。あれ、ちょっと傾いている…悲しい
やばい〜、右下がりだわ〜。

明日、右上がりに付け直しますっ力こぶ

2010年06月14日

ジャグリングのワークショップしました!

13日(日)午前。松江市内中原小学校はちみつホールにて。

地域公演『トムのサーカスワークショップショー』に向けて、
ジャグリングの魅力の一端を体験してみよう!ということで、
WHO?舞公!というグループのご協力でジャグリングワークショップをしました。

詳しくは、WHO?舞公!のさと原人さんのブログをご覧ください。
http://blog.zige.jp/asobou/kiji/116705.html


50人以上の人間がひしめき合っていますが、よく見るといろいろなことをしています。

手前はヨーヨーに夢中の人々。
左には転がったボールが見えますね。
その向こうで何人かフラワースティックを練習中。
その右隣にはシガーボックスを真剣に修行中の母の姿…。
さらに右、皿回しチームも何人かいます!
そして右奥には、よく見えませんがディアボロに熱中する人たち。
フレーム外ですが、パントマイムの技を授かっているグループもいました。


立場上さまざまな芸能の舞台をみる機会がありますが、
ショーを観るだけでなく体験できると、満足度は相当アップしますね。

たくさんの道具を用意していただきましたので、
いろいろ体験したり、ひとつの種目(?)に最初から最後まで集中したりと、
それぞれ自由に取り組めたのがよかったようです。

指導者じゃなくて、一緒に遊んでくれる「おにーさんたち」という感じでした。

参加者の感想が集まったら、また紹介します。

2010年06月12日

今夜はホットプレート・パエリア

お父さんと楽しむおいしい休日というブログがある。

2008年度、島根県との協働で「お父さんを楽しむ」という事業を実施した頃に見つけて、
以来ずっと愛読している。

本日は太陽 (明日には梅雨入りらしい…)
大物の洗濯を済ませてしまいたい思いに後ろ髪を引かれつつ朝から出かけていて、
あちこち全部用事を済ませて帰ったら、もう夕方。
くたびれたな〜と感じ始めた道中から、今夜のメニューはパエリアに決めていた。

レシピは上述の「お父さんと楽しむおいしい休日」から頂戴ラブ
https://blog.canpan.info/father/archive/58

写真を撮り忘れましたが、たいへん美味しくいただきました音符
このブログ主さんは、島根県のネイチャーキッズ寺子屋さんの「ペットボトルピザ」を名古屋に紹介した人だったりもする。
面白いブログなので、ぜひ読んでみてくださいませ。


本日は出雲市でNPO法人しまね子どもセンターの総会&理事会があり、
愛車のフォレスタで出かけていた。
往路は時間節約のため高速道路を使い、帰りはのんびり下道を楽しんだ。

途中、荒神谷史跡公園のキャンプ場情報を入手し、
NPO法人もりふれ倶楽部さんに用があって、ふるさと森林公園にも寄った。
約束していたLEDライトをやっとお届けできて、ホッとする。

昨年12月。
もりふれ倶楽部さんのご協力で、音楽会の舞台を飾る竹灯りを作った。

音楽会当日は幻想的なプラバホールで、竹楽器演奏の名脇役に。

その竹灯り、終演後には制作者がそれぞれ大事に持ち帰ったのだが、
その時残った15個のLEDライトをもりふれ倶楽部さんが引き取ってくださったのでした。感謝!

研修などでいろいろなNPOと出会うようになって、私の場合6年くらい。
お互いを知り合うことは、とてもとても大切と実感している。

今夜は島根NPO連絡協議会の交流会が匹見で行われている。明日は総会とのこと。
みんな楽しんでる〜??

ほとんどのスタッフが子育て現役ママで、土日も自主事業めじろおしの我が団体としては、遠方での会はまず参加できない。残念。

2010年06月10日

中学校区ごとのカレンダー

本日6月10日(木)付の山陰中央新報に、
「一貫教育推進カレンダー 中学校区ごとに作製 (松江市教委)」という記事が。



山陰中央新報社のWEBサイトには掲載されていなかったが、
松江市役所のサイトではしっかり紹介している上に、
中学校区ごとのPDFファイルもダウンロードできるようになっている。すばらしい!

中学校・校区内全小学校・公民館・地域の行事予定が記載されていることから、
私たち子育て支援NPOにとっては、タイヘン有益な情報である。

課長コメントとして、「学校・家庭・地域ぐるみで教育を進める上で、ぜひ活用してほしい」と紹介されている。もちろん、存分に活用させていただきますともラブ

URLを貼ってご紹介したいところだが、松江市HPには「リンクはトップページのみ」と明記されているため、断念。残念。

さっそく松江市教育委員会小中一貫教育推進課に伺い、
市内15中学校区すべてのカレンダーをいただく。
あらかじめ電話で依頼しておいたので、バッチリ準備してくださっていた。



さて、この中学校区カレンダー。
実は昨年度、先行して松江一中校区のカレンダーが作られ、配布されていた。
「いいものがあるよ〜」と会員が事務所に持ち込んでくれて、
(記事によると、一中校区は昨年度、小中一貫教育のモデル校だったんですね)
冷蔵庫に貼ってさまざまな場面で重宝していた。

なので、校区カレンダーが市内全域に拡がり、喜ばしい〓



いただいた15中学校区全部のカレンダーは、事務所に持ち帰るなり、
第30回目となる子どもキャンプの日程調整で、いきなり大活躍しましたとさ音符

2010年06月08日

地域公演『トムのサーカスワークショップショー』

皆さま、衝撃的に真っ赤なチラシが、そろそろお手元に届いてますでしょうか?
お申し込みの電話が、連日事務所にバンバンかかっていますよ〜びっくり

6月末から7月はじめにかけて、松江市内7つの小学校体育館で上演します。



トムのサーカスワークショップショー

むごん劇かんぱにいWEBサイトよりご紹介。ネタばれ注意注意

オープニングショー ●一人ぼっち大サーカス●
  まずは見本となる芸の数々をぎゅっと詰め込んで演じます。
  お手玉・パントマイム・玉乗り・ダンス・一輪車・アクロバット

ピエロの体験コーナー ●サーカス&大道芸教室●
  客席から選ばれた3〜5人の代表が数々の芸にチャレンジ
  クラウンめざして悪戦苦闘……さて何人生き残れるか

ショータイム●でこぼこサーカス●
  努力と才能を見とめられた観客の中からフレッシュクラウンを選び、
  でこぼこサーカスの始まりです。
  果たして無事に終るのか?



公演スケジュールについては、以下のチラシをご覧くださいませ。
(目にやさしいピンク色でどうぞ)


実行委員がいちばんワクワクしています!
お誘い忘れがないように気をつけていますが、会員からまだ声がかかっていない方は、
どうぞご遠慮なく事務所まで直接お問い合せくださいねリボン

NPO法人おやこ劇場松江センター
黒電話0852-22-4937

元気なところに人は集まる!

私が席を立つと、いつもすかさず椅子に飛び乗る柴犬うめちゃん。
代わりにお仕事してくれそう。お願いね〜よろしく〜



さて、昨日と今日。
この春お引っ越しで松江を離れた友人たちからの便りが続けて届きました。

ひとりは、本人からのメールでした。
夫の転勤に伴い別れを惜しむ間もなく旅立った彼女が、
見知らぬ土地で自ら仲間を見つけ、我が子と共にがんばっている様子に、
「負けないわよ〜炎」と奮い立ちます。

応援メッセージを返信したつもりでしたが、
さらなる返信で逆にどっさりエネルギーを分けてもらいました。
「元気なところに人は集まる!」と身をもって教えてくれました。
ものすごく腑に落ちました。ありがとうラブ


もうひとりは、本日放送のテレビ番組の中で思いがけず!

NHK「鶴瓶の家族に乾杯」が、先週から島根県安来市訪問編をやっていました。
その中で、連続ドラマ『ゲゲゲの女房』ゲゲ役の向井さんが訪ねた先に彼女がいました。

わ〜いドキドキ小元気そう音符
立派な筍が掘れる竹林。植物いっぱいのすてきな公園や、わくわくするような路地。
そっか〜。こんな感じの土地で生活しているんだね〜。

会いたいなーという思いと、私もがんばろうという思いが両方。ふつふつと。

お連れ合いの仕事の都合で、家族ごと転居とか単身赴任とか、
おやこ劇場にはよそ者も多いので日常茶飯事です。
毎年、たくさんの人を迎え入れ、見送ります。

でも、いっしょに子育てした人って忘れられません。絆がつよい。
行った先でそれぞれがんばっている姿に胸が熱くなります。

がんばろうね。また会おうね。


2010年06月06日

パブリック・カフェをやりたい…

うちの事務所は、松江城に近く飲み屋街にも近い好立地(?)にあります。

月に1回くらい金曜日の夜に、会員はもちろん、子育て・まちづくり・市民活動などに興味がある人が自由に立ち寄ってアルコール片手に気軽に交流できる場所にできないかな〜なんて思いついちゃったんですが、いかがなもんでしょうね。

外から見ると(昼間の写真ですが)こんな感じ。(イベント前で荷物がスゴイことに…)


中はこんな感じ。今はこの写真より、もう少しテーブルが増えてます。
ありったけのベンチや椅子を並べたら、20人かもうちょっと座れるようです。


奥には流し台もコンロもあって、すぐ近くにコンビニもあります。
とっても条件がそろってる気がするんです。


相当楽しそうな気がしません?
やりたいな〜ジョッキ
お父さんたちも仕事帰りに寄ってくれるかもしれない。

今月だと、11日か18日の金曜日。18時OPENラブって、早すぎ??

行くよ〜っていう人が5人くらいいたら、事務局長にお伺いを立ててみようと思います。

あと、カフェの名前を募集してみようかな〜。
センスのある方、ぜひぜひお願いしますキラキラ

あぁ、みんなの反応がこわいっ汗ドキドキです。