CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年05月31日

共に笑い、共に涙する経験

新年度最初の例会は、低学年例会。(ホントは合同にして全員で観たかった悲しい
劇団風の子九州の『3ちゅうvery much!?』でした。

いろいろな用事を終わらせて、会員さんたちが大急ぎで駆けつけてきます。
130人を想定して作った会場に180人以上が詰めかけました。

会場の扉から漏れ聞こえる楽しげなオープニング音楽を背中で聞きながら、
オーシマ事務局長と私はロビーを片づけていました。
時々ドッと笑い声が聞こえてきます。やった!みんな喜んでる!
この活動をやっていて、いちばん幸せな瞬間のひとつです。

わーん汗早く観たい〜!!急げ〜!!

それにしても、ぎゅうぎゅうで観るのってやはりよいですね〜ラブ

2008年の夏、岸和田の子ども演劇祭で観て惚れ込んだ作品でした。
「松江の仲間たちと一緒に観たい!」と願い続けていました。
やっと実現したんだ〜。感無量です音符

子どもたちの笑い声、没頭して思わず立ち上がる様子、
役者の一挙手一投足に輝いたり不安げに曇ったりする顔。

おとなたちの笑い声、涙、子どもたちの反応をそっとうかがう姿。

心のままに笑ったり泣いたり自然に自己表現できるのは、
周りの人たちを信じられるからなんですよね。

よかった〜と思える例会は、たとえ重たい会議室の机と椅子を全部撤去して、終演後にまた原状復帰しなくちゃいけなくても、搬出入の荷物を追いかけて階段を何十往復しなくちゃいけなくても、疲れが全然ちがいます。気持ちいい!

風の子九州の「3ちゅう」サイトで、あの感動をもう一度反芻できます。
http://www.kazenoko-kyushu.or.jp/sakuhin/3chuverymach/top.htm

この例会の担当星乃木ブロックの皆さんが、劇団の皆さんから色紙をいただきました。
手ブレごめん…。


みんなで風の子九州さんを見送った後、手作りの立て看板を囲んで記念撮影。


あ〜よい一日でした。こんな日があるから、がんばっていけますラブ

2010年05月30日

1年半待ちました!

プラバ2階大会議室にて 本日14時開演!!

担当:乃木ブロック

可愛いネズミちゃんネズミクッキーの販売あり!

2010年05月29日

「ます」を聴く昼下がり

本日午後雲
カラコロ工房地下金庫で行われたKARAKORO Classics Vol.16に出かけました。
娘といっしょのお出かけは久しぶり音符

山陰フィルハーモニー管弦楽団の皆さんによる
「弦楽五重奏・ピアノ五重奏〜『ます』を聴く昼下がり」

ぎゅうぎゅうにお客さんが詰めかけていて、演奏中は移動できず、撮影ならず…悲しい



地下金庫の中でコンサート、というのがユニークです。
「グリンゴッツ(ハリー・ポッターに出てくるゴブリンの銀行)みたいだよね〜。」と娘。
どうやってピアノを運び入れたんでしょう??
とてもよく響く会場で、手の届くくらいの距離で聴く弦楽ナマ演奏にうっとりでした。

楽器紹介でお一人ずつ喋られましたが、皆さんそろってサービス精神旺盛。
楽しくてリラックスできて、しあわせな時間でした。

ずっと忘れていましたが、シューベルトの「ます」第4楽章は、私が幼稚園児だった時の「お帰りの音楽」でした。何十年も昔のことなのに、第4楽章が始まった途端に、園舎の景色が浮かびました。
記憶っておもしろいびっくり

というような話をしながら帰宅すると、故郷からお届けものが〜。


越後名産の笹団子ラブ
実家のお向かいが、とっても美味しい笹団子やさんなんです。
故郷を思い出す日でした。

協働研修終わる

あぁ。いよいよ研修が始まってしまった。

例年になく硬い始まり方で、ますます緊張が高まる。

1時間ほどの講義の後、事業ごとにNPOと担当課で机を囲んで作業。

事業終了時に出していたい成果や協働の効果、懸念や次年度以降の継続のために何をするかなど、確認したり知恵を寄せ合ったり。

その後、他のグループを見て回って、貢献する質問(緑)や助言(青)を付箋で貼り付けていく。
ピンクが講師の川北氏の付箋。



つぎはスケジュール作成。
事業内容をいくつかの項目に分けて、手順を細かく決めていく。
2日目はそのスケジュールをお互いに見合って、また貢献する質問を貼るところから再開。


最後は、解消できた懸念と解消できなかった懸念の確認。
そして、10月14日に決まった中間振り返りと、3月の報告会でどういう成果を報告したいかを確認。
そして、発表。


担当課の少子化対策推進室のお二人と共に、帰ったその時からお互い何から始めればよいかを共有することができた。

具体的なスケジュールが決まることももちろん大事だけれど、どんな成果を出したいのかを共有することや、見えていなかったり漠然としていたりした懸念が、見える懸念になることには大きな意味がある。

まだまだ先だと思っていた社会現象が、もう足下まで迫っていたことに気づき、衝撃も受けた。ケータイありきで何もかもを考えていかなくてはならないのか…。

でも今わかってよかった。心の中にそういう生活への抵抗はあるけれど。

2010年05月26日

明日から協働研修

つい先日採択が決まった協働提案事業をブラッシュアップする研修に参加する。
事務局スタッフと私、そして、
協働のパートナーである県少子化対策推進室さんも一緒に。


過去の経験から推測するに、この研修による成果は極めて大きいと思われる。
事業を進めていく上で、大切な道標となるだろう。

ただし、
なけなしの脳みそを振り絞る相当ハードな時間となることはまちがいない。

研修成果への期待と、講師・川北氏に会える喜びと。
苦しい(であろう)ワークショップへの恐れと。
ああ、複雑・・・。

というわけで、心の安定をはかるため単純作業にいそしむ。
うちの事業に参加してくれる方にいつもお願いするアンケート記入用の鉛筆を削って、
整理整頓しました〜ロケット

その他の筆記用具なども分別しました音符
ここで遊ぶ子どもたちが使いやすいように、色鉛筆もまとめてみました。


研修がんばろ〜っと。

2010年05月25日

ナマのNPOと出会う行政職員研修

県の協働推進員研修に参加させていただくことになりました。

書類上や制度としてのNPO法人ではなく、
「ナマの(生きている)NPOに出会ってもらおう」という企画です。

NPO法人まつえ・まちづくり塾代表の井ノ上さんとご一緒します。
…ていうか、ついていきます笑顔

タイトルを思案中電球
最初に挙がったのは・・・「NPOはこわくない?!」

NPOのイメージは「こわい・うるさい・わからない」なんだそうです。
う〜む。それは問題だ。

めざす未来の姿と地域課題を共有して、
共に課題解決に取り組むまちづくりのパートナーとして、
お互いを認識し合えるようになるのは、いつになるでしょう。

それを少しでも早めるには、どうしたらよいのでしょう。
頭を絞りたいと思います。

2010年05月24日

模様替え その3

本日も雨模様雨

昨日お伝えした事務所模様替えの際、
長年大事に使ってきたモノをいくつか処分することになりました。


足跡畳4枚(5年半前の引っ越しの時、中古をいただいた)
足跡座卓4つ(大昔の事務所写真にも写っていた!)
足跡事務机と袖机(大正町の事務所時代(もしかしたらもっと前)から使っていた)

捨てるには結構な費用がかかるし、処分場に自己搬入するにも、平日私たちスタッフの力では軽トラックに積むことすらできません。
軽トラックをレンタルするのも最低6時間という単位なんですね。1時間でお値段も6分の1にしてくれたらいいんだけど…。

そもそも、先輩方から引き継いできた大事な道具たちなので、ゴミにしてしまうのにも抵抗があり、悩んでいました。

すると。

模様替えを手伝ってくれていた青年おかやんが、劇団Yプロジェクトの稽古場で使いたいと言ってくれました〜びっくりうれしい音符

劇団Yプロジェクトは、おやこ劇場で育った坂井陽介氏が主宰する演劇集団。
日頃からいろいろとお世話になっているし、何かとご縁が深い団体です。

法文棟から事務所へ搬送してくれた青年ばんたが、その足でYプロの工房へ運んでくれました。捨てなくて済んで、しかもYプロの役に立って本当によかった!

改装した事務所もうれしいのですが、実は古い道具たちがもらわれていったことが何より一番うれしかったです。おかやん、ありがとう!

2010年05月23日

模様替え その2

前回のつづきです。

雨本日は、あいにくの雨模様。10:30。島根大学の正門。
青年ばんたが2dトラックを運転して来てくれました!感謝!
人足の青年おかやんとパパたち3名(おまけに私)も集合しました。

デスク2台と書棚をゲット音符 おやこ劇場事務所に向かいます。

事務所ではオーシマ事務局長が待ちかまえ、
持ち込まれたモノをどんどん雑巾で拭いて中に入れていきます。
ほとんどの品が廃棄処分ということで屋外で雨ざらしになっていたので。
…という図は、私も必死に作業中のため、ありません悲しい

2連の書棚入りました〜炎


2つのデスクも(引き出しの中身も)入りました〜炎
右のデスクはプリンタ台だったということで低かったので、
12p厚のコンクリートブロックに乗せて使います。
ジュンテンドーでゲットしたコンクリートブロックが、
こちらも雨ざらしでビチョビチョだったので、乗せるのは乾いてから、明日の作業になります。


大体終わりました。事務所奥から通りの方向を眺めるとこんな感じ。


反対に、入り口から事務所を眺めるとこんな感じ。


会員をはじめ、NPO・行政・企業・その他諸々の相当たくさんの方がしばしば訪ねてくださる事務所です。
通りすがりにのぞいていかれる方も多く、実はよく道も聞かれます。
お金はないけど、知恵と工夫と愛ドキドキ小で、居心地のよい場所に整えていきたいと思います。

そういえば先日、久々に顔を出してくださったいつも辛口な島根のMr.中間支援H氏が「オアシスだね」と言ってくれました。うれしかった〜ラブ
改装後の事務所もオアシスにいたしましょう。

模様替え その1

ご縁があって、島根大学法文学部で不要になったデスクや書棚をいただけることになりました。
この件についての詳細はコチラ→https://blog.canpan.info/nao/archive/131

搬入のトラックや人足(別名:男手)を23日(日)に用意できることになったため、事務所での打ち合わせや作業がない日に受け入れ態勢を整えよう・・・と思っていたら、21日(金)のお昼過ぎにようやく何もない時間ができました。
たいへんだ〜っ汗 間に合うかな??


事務局スタッフ勢揃いでてんやわんや。
なんとかスペースを作っていく。ここには頑丈なデスクが入ります。


ここには高さ180pの2連のスチール書棚が入ります。


畳がなくなりました悲しい
おやこ劇場らしくない〜という寂しい気持ちもありますが、ますます忙しくなる事務局スタッフにとって働きやすい環境であること、訪ねてくださるたくさんの方にとっても居心地のよい空間になるように、工夫していきたいと思います。
いざ!という時に使える折りたたみの簡易畳は、しっかり保存しておきます力こぶ


つづきは、今夜また報告します!

2010年05月21日

協働提案事業が採択されました

5月18日(火)午後、島根県庁で公開審査会が行われました。
今年度の県協働事業は4種類あり、
私たちが事業提案したのは「地域社会雇用創出協働事業」という枠でした。


おやこ劇場松江センターの提案は、
「市民による持続可能な子育て応援地域ポータルサイト構築プロジェクト」。

1年くらい前から子育て支援に携わる人たちの間で、「必要だよね」「作れないかな」という声が高まってきていて、お金をかけずに何年かかけて地道に作るという方法も検討していました。

でも、子どもたちはどんどん大きくなっていくし、今しんどい思いをしている親子に一刻も早く情報や支援を届け、地域の支援ネットワークに迎え入れるために、少しでも早く動き出さなくてはならないとの思いから、事業提案に踏み切りました。


他の団体の提案を聞いていて、10年後・20年後に地域が元気でいられるように、それぞれの分野で課題解決に向かってがんばっているなぁ〜と思いました。

行政には行政のNPOにはNPOのやるべきことがあり、それぞれに多様な視点や得意な分野を持っていて、時には個別に、時には連携して、できることを一つ一つやっていくしか未来につながる道はないのでしょう。
どこか一つの組織や団体がどれだけがんばるかではなく、知恵を寄せ合い情報交換しながら、あの手この手でさまざまな課題に取り組んでいくのが、厳しい状況を少しでも明るい方向へ向かわせる方法なのだと思っています。

半年近く頭の中でぐるぐるしていた企画が、ついに動き出します。
新年度、いろいろな事が並行して一気に進み始めた最中の審査会だったので、事務局スタッフには心身共に相当ハードな思いをさせていました。なので、まずは採択されたことにホッとしています。
ちょっとだけ一息ついたら、体制を整えてがんばるぞ〜!!
他の団体ともたくさん話さなくちゃいけないし、やるべきことは山積です。
採択されたおかげで、できることもたくさん音符 あ〜ありがたい。

私たちらしく、元気に楽しく取り組んでいきたいと思いますラブ