CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年08月26日

文化芸術の振興による豊かなまちづくり

中川幾郎氏(帝塚山大学大学院法政策研究科)の講演を聞いた。
と言っても、聞いたのは50日も前。福山で。

おやこ劇場が隔月で発行する広報誌おやこ通信でその講演の報告をすることになり、走り書きのメモを眺めながら記憶を掘り起こす。
思い出してみると面白かったので、こちらにも転載します。
人はそれを使い回しと呼ぶ…注意






基本的人権としての文化権
 〜参画と協働による文化のまちづくりをめざそう〜


要旨
舞台芸術は、テレビやビデオでは得られない直接体験を子どもたちに与えてくれる。
美醜・善悪・真偽…その疑似体験が子どもの知性を成長させる
今の子どもたちの状況(生命力が弱い/無反応/耐久力がない/高学年になると元気を失う/コミュニケーション能力や会話力の低下)は、現代の自己中心社会がもたらした病弊。
本当の市民は、時間・空間・仲間への愛情を持つ。
未来の市民社会の主人公である子どもたちを地域に取り戻し、地域社会を建て直す必要がある。
知らないおとな→知っているおとなに(面識社会の再構築)。
めざすべきは、見守っているけど口出ししないスタンスなのでは。

おやこ劇場の活動は“市民が作る公共性”。
公共的活動であるということを明確に自覚しよう。
子どもを地域コミュニティとつなぎ直すコーディネイト役であり、ホンモノの市民が生まれる場。
市民文化の拠点おとなも育つ自己発見&自己成長装置

こんなことをもっと意識してみては…
音符人と情報が集まるるつぼのような場をつくる 
音符夢を描く力(〜したいなぁ)を回復させる  
音符資源(人/もの/情報)開発・発掘能力を高める
音符外部と絶えずつながる(閉鎖的・内向きは×)

文化的に生きる権利は基本的人権
自分のまちの文化行政をこんな視点から見直してみよう。
音符文化条例は存在するか
音符振興計画は存在するか
音符推進組織は行政内部機関と外部機関の両方存在するか
音符それらシステムが市民参画と協働により作られたか

まちづくりは人づくり/仕組み作り/ものづくり
おやこ劇場がやっているのは人づくり。

参画とは、政策の形成過程/決定過程/実行課程/評価修正課程に共同責任を持って関わること。

協働には3種類。
@行政責任領域(委託・請負など)
A民間責任領域(後援・支援・補助・助成など)
B共催・中間共同

まちづくりの中で、A民間責任領域の協働を増やしていくことが大切。

さぁ、文化条例をつくりましょう。
静岡県の条例は良いですよ〜。私が関わってますから(笑)

走る走る走る走る走る走る走る走る走る走る走る走る走る走る走る走る走る走る

はしょりすぎですが、こんな感じでした。
講師の軽妙な関西弁と楽しいお人柄で、講演会会場は終始ドッカンドッカン大笑い笑い

笑いながらも、わたくし的にたいへんタイムリーな話題でストライクでした音符

2009年08月25日

役目を終えても廃棄するに忍びない芸術品です

次の鑑賞作品は、9月27日『アンディ先生のストリートマジック』です。
担当の古志原ブロックから、事務所に素敵な立て看板が届きました〜ラブ


実物は、写真よりもっとショーゲキ的なまでの存在感です。
ぜひ実物を見に来てくださいドキドキ大
ホント、どのブロックにも画伯がいるんですよねぇ。
古志原ブロックのN画伯もサスガ。看板ひとつで夢を見せてくれます。
子どもたちのビックリ笑顔が今から思い浮かんでしまいます。

ついでに、うちの事務所も宣伝しちゃいましょう〓
松江大橋北詰、橋を背にして左側3軒目。
にぎやかな色彩で、すごく目立っているかも…。



ちょうど事務局長が出てきました。
にこにこ天然のボケつっこみ両刀遣いで、いつもみんなの心を柔らかくしてくれます。
でもその実態は、チョー多忙なうちの団体で一番タフな人かも…汗
そんな事務局長率いるスタッフによる事務局日誌もぜひご覧ください音符

2009年08月20日

新型インフルエンザでコンクール棄権

本日、松江が世界に誇る音楽ホールプラバホールにて、
NHK学校音楽コンクール高校の部が開催されました。

県内の高校8校が日々の練習の成果を競うはずでしたが、
校内で新型インフルエンザ感染が確認された大社高校合唱部が棄権しました。

競い合ってはいても、と言うより、
競い合っているからこそ、誰よりもその努力がわかるから、
どの学校合唱部もかわいそうでお気の毒で、心を痛めたことでしょう。

高校野球では、部内で罹患者が出てもがんばってると評価されてる一方で、子どもたちの世界でこんなことが起こっているのですね。

寒さに向かう中、新型インフルエンザの影響がどこまで拡がるのか・・・。
チョー心配です。

マジシャン五右衛門のマジックワークショップ

キミは見破れるか?!

天才?!マジシャン
五右衛門
マジックワークショップ



続きを読む・・・

2009年08月17日

子どもキャンプ2009B

無事に全員が帰ってきました〜ウインク

保護者がごちそうを作って待ちかまえる公民館に、
子どもたちと班担当の青年が着いたのは16時半頃。

そして18時前。
子どもたちが下山した後もキャンプ場を片づけていた本部の青年たちが到着。
おつかれさま〜 ありがと〜うドキドキ小


事務局日誌にも報告があるのでご覧ください。


持ち寄った白いTシャツにお互いにメッセージを書き合っているところ。
この時間が大切なんです。




初参加の子どもが8人(たぶん)いて、その保護者も感想を語ってくれました。
子どもたちの感想もステキだけど、
初参加の保護者の言葉も新鮮でホントにステキ音符

そのおひとりD理事が、
「子どもキャンプは、このご苦労さん会まで全部ふくめて子どもキャンプなんですね。」と言ってくれました。
そーなんです。

ヘトヘトにくたびれ、でも満ち足りた子どもたち…。
持ち出した荷物を回収して、会場を片づけて。
全員が会場を後にしたのは21時近かったかな。

その後も、青年たちは事務所を片づけてくれてました。

2009年08月15日

子どもキャンプ2009A

そして今朝
あいにくの曇天雲

6時半スタートで事務所からの搬出作業を済ませた青年たちが、集合場所の松江しんじ湖温泉駅に移動。








集合時刻の8時が近づくと、子どもたちも集まってきた。

初参加の子は、ちょっと緊張気味かな。
初参加の青年も。








結団式が始まった。

実行委員長の青年があいさつ。
注意事項なども伝えている。

この頃から雨がぱらつき始めた。






チクサク・コールで55人の心をひとつに!
いよいよだね。がんばれ〜!メガホン










バスに乗り込みました。

みんなが元気に帰ってくるのを待ってるからね。

子どもキャンプ2009@

14日夜月

15日・16日の子どもキャンプのために、青年が事務所に集まって準備をしてくれている様子。

リュックに入れて背負う荷物以外の、寝袋やテント、調理道具などが堆く積まれた事務所内のわずかなスペースで、相談したり、何やら作ったり、書いたり。


さかのぼると、お昼過ぎからは食材の買い出し。
市内の大型スーパーに班毎に集合してました。
小学校高学年、中学生、高校生、大学生、社会人が入り混じっていて、
なかなか不思議な集団です。
写真撮り忘れた〜悲しい

こっそりものかげから眺めてみると、
頭を寄せ合ってメモをのぞきこみながら、
カートを押して買い物する姿があちこちで見られました笑顔


おやこ劇場の子どもキャンプは、保護者口出し無用。
小学生も持ち物は自分で準備するのがオキテキラキラ
さまざまな情報は、子ども同士の連絡網で伝わってきます。
なかなか準備しなくても、忘れ物に気づいても、親は沈黙を守るのです。


青年たちは、3ヶ月くらいかけて準備してくれました。
遠方に進学した大学生たちも、子どもキャンプのために帰ってきてくれます。
休暇を取ったり、遠くからわざわざ駆けつけて参加してくれる社会人も。
感謝ドキドキ大と信頼の気持ちで子どもたちを託します。


2009年08月12日

できることはある

我が家の中庭のケヤキの樹。(撮影:Haruka)



メジロが巣を作る。
キジバトが巣材を調達に来る。
ヤマガラが何かを食べに来る。

愛犬うめは、それを見守っている。

暑く寝苦しい夜、枕元の小さな窓を開けて寝ていると、
朝かなり早い時間に、小鳥たちの声が聞こえはじめる。
「もうちょっと眠らせて〜「」と思いながらの幸福なひととき。

鳥がたくさん来る樹だから、たぶん虫にとって居心地のよいところではないのよね。
冷夏とは言っても、せみの声をほとんど聴かない。

そういえば、先週滞在していた大阪のせみは「クマゼミ」だった。
松江でその存在に気づいたことはないが、
「わしわしわしわし・・・」と鳴く。ホントに…。
松江では、ジージー・ミンミン・ツクツクが基本ですよね。
今年は冷夏のせいかうるさくないけど。

16年前。長女が生まれた1993年。
当時住んでいた「米どころ新潟」でさえ、米不足に泣いた。

その年と比較してさえ、日照時間は30%以下の今年。
どうなってしまうんだろう。
山口に続き、兵庫でも大雨災害。そして、東海の地震。

松江でも「被災地に古タオルを送る」動きがあります。
くわしくはコチラ

ひとりひとりが覚醒しなくてはならないよ、との地球からのメッセージでしょうか。

2009年08月10日

帰りましたっ!!





2009子ども演劇祭in岸和田 行ってきました〜ロケット

人形劇、舞台劇、パントマイム、狂言などなど14作品を鑑賞。
創造団体や他のおやこ劇場の皆さんと情報交換してきました。
中国残留孤児の問題をテーマにした『吉林食堂』(劇団道化)が印象に残りました。

来年、松江の子どもたちにどんな作品を届けられるのか。
10月17日の「2010年度の例会を決めよう会」に向けて検討していきます。



岸和田といえば「だんじり」びっくり

雨で傘さしながらの写真が下手ですが、
この看板には岸和田城とだんじり祭りの様子が描かれてます。
夜には灯りが入って影絵のようになります。



朝、にぎやかな太鼓の音につられて人だかりをのぞき込むと、
松江の鼕庫のような建物の中で若者たちが練習中。
年下の少年たちが見守っています。憧れなんかな〜。



夕方、南海岸和田駅へと向かう時、まだドンドコやってました。
小雨が降る中、半分くらいだんじりを引き出して。

本番まであと1ヶ月。がんばれ〜炎


帰りの特急やくもの車窓からは、米子の花火が見えました花火

2009年08月05日

子ども演劇祭in岸和田

今日8月5日から9日まで
岸和田市浪切ホールに於いて
子ども演劇祭in岸和田が行われます。

プロ劇団公演17作品とアマチュアの5公演を楽しむことができます。

近隣の親子にとっては、近所で多くのプロ舞台芸術を一気に観ることができる好機であり、
例年、西日本の子ども劇場おやこ劇場にとっては、
次年度の鑑賞事業企画のための絶好の情報収集の場となります。

私は今日までに松江での用事を終わらせ、
明日早朝に松江を出発し、9日の最終日まで全作品を鑑賞します力こぶ
楽しみラブだけどハード困った  がんばるぞっ炎

企画から準備・運営と岸和田おやこ劇場の皆さまががんばってくれています。
これだけの規模の演劇祭を毎年実施するそのご尽力に頭が下がります。
岸和田に伺うのは3回目。
岸和田おやこ劇場の皆さんにとって私はただの一参加者なのですが、
「お疲れさま!」「ありがとう!」って、心の中でたくさん応援しています。

しっかり楽しんで、松江に情報を持ち帰りたいと思います音符



NPO法人おやこ劇場松江センター公式WEBサイトへもどうぞ。