CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年03月09日

あなたがうまれるまで

くわえぱぺっとステージ&人形芝居ひつじのカンパニー『あなたがうまれるまで』公演が終わりました。


鑑賞する時の「お約束」発表の練習をする子どもたち。


会員Tさんお手製の小夜食。おいしそーう。
しじみ汁と焼き菓子も添えられてました。役者さんたちに大好評でした♪



5年前に観て以来会員の多くが大好きな作品なので、期待は相当高かったはずです。
でも、期待よりもずっとずっとすばらしかった〜。
しあわせな気持ちが今もずっと続いています。

原作はおなじみの絵本ですが、
演出とふたりの役者の絶妙なコンビネーションでその魅力は何倍にもなっていました。

人形たちがまたかわいくってね〜。
しっぽの生えたあかちゃんを連れて帰りたいくらいでした。

見る人が見れば、
台詞、間、人形操作、人間の動き、道具類のすばらしさなどを語れるんでしょうが、
私ときたら「全部よかった〜」とひたすら感激するばかり。
もちろん、どんな解説より子どもたちの様子に聞くのが一番ですね。

子どもたち、どっかんどっかん受けてました。大人も。青年も。
思わず弾けて飛び出してしまう笑い声。体をゆすって大笑いする様子。
笑いながら後ろに座っているお母さんやお父さんを振り返る満足げな表情。

会場の子どもたちはあかちゃん(ママのお腹の中の)と一体化しているようでした。

妊娠中のママとパパが口げんかする場面で役者の顔を見つめる心配そうな顔。
いよいよあかちゃんがうまれる場面では息をひそめて厳かな雰囲気に。
会場のどこかから、ちいさい声で「がんばれ がんばれ」と応援する子どもの声が…。

終演後たくさんの感想が寄せられました。
かわいい絵もたくさん描いてくれましたが、感想文だけいくつかご紹介します。


■私が生まれるということはお父さんとお母さんにとってうれしくて楽しいものだと思っていたけど、けんかをしたりたいへんだったんだなぁということがわかりました。おもしろくてすばらしいげきでした。(小4)

■生命の大切さや生命の誕生の感動がぎっしりつまっていました!よかったです!ありがとうございました!(小6)

■宿題もしなくて忘れものばっかりの我が息子。生まれるまではこんなふうに待ちこがれていたなぁ〜って思い出して。。。今日はチューしてあげたい気分です!(おとな)

■とても分かりやすく、たのしく見させていただき、所々、そして最後はなぜか自分でもびっくり、涙出ました。本当に命の尊さ、ありがたさ、大切さ、想いがわきあがって感じました。沢山のいろんな人にみてほしい、そんな、本当にすばらしい作品でした。本当によいものをみせていただき、本当にありがとうございました。(おとな)

■3ヶ月前に出産したので、おなかの中での赤ちゃんとお話ししていた時のことを思い出し、感動でした。ありがとうございました。(おとな)

■とてもとても感動しました。そしてとーっても笑いました。こどもと家族になれて幸せだなぁ〜と、とっても思いました。(おとな)

■みている子どもの表情がとくによかったですね。(おとな)

■子どもを妊娠・出産した時のことを思い出しました。とっても生まれてきてくれることを楽しみにして待っていた親の気持ち、子どもに伝わっていたらいいなあと思いました。(おとな)

2009年03月07日

伝えるコツ NPOの広報を考える15のヒント〜

今日は県民活動支援センター主催の広報研修を受けてきました。

一緒に参加したのは、広報部のFさんと来年度から広報部員になってくれそうなTさん。
同年代のふたりと一緒に受講できて、個人的にタイヘンうれしい。

講師はNPO法人市民活動センター神戸の実吉 威さん。
ソフトな語り口で矢継ぎ早に質問を繰り出し、団体の課題をあぶり出していきます。



◇私たちはどういう団体なのか
◇いま、やっていること
◇これから、やろうとしていること
◇まわりからどんな団体だと見られているか
◇どんな団体だと思われたいのか
◇団体の抱えている課題を整理する
◇課題解決のために「誰に」「何を」伝えるのか


実は何年か前にも受講させてもらっていて、
その時はおそらく理事就任1年目だった…。
おやこ劇場のことをよく知らなかったので、講師の設問に答えるのがとても難しく、
でも、おやこ劇場が外からどう見えるかについては答えやすかった記憶があります。

そして今日。
しっかり逆転してましたねぇ〜。やっぱり。
立場によって、時間によって、見える景色はちがってました。
外から今どう見えるのかという設問への答えが、「実感」ではなく「想像」に変化…。
だから新しい人たちの力が必要なんだとつくづく思います。

活動の課題を明確にすることができました。
そして、持っている広報のツールを課題解決のためにどう使うか。
「誰に」「何を」「どんな風に」伝えたいのか再考したいと思います。

そろそろ来年度のパンフレット制作の季節です。
今日学んだことを活かして、より「伝わる」ものに!!!
今日一緒に受講したメンバーと、パンフレット制作チームを結成しよう♪
がんばるぞ〜っ (^-^)v

でもその前に、協働事業の報告書とつながるネ!ットの報告書、
おやこ劇場の年次報告書も作らねばならないのですよね。
年度末って・・・。
そんな中だけど参加してよかったです。