• もっと見る

2011年09月21日

松江地区高校演劇発表会

高校演劇部の発表会に行ってきた!

松江南高校の発表は用事があって観られなかったけど、
松江農林高校・松江工業高校・安来高校を鑑賞しましたラブ

来月、うちの主催で公演する「修学旅行」という作品(高校演劇界で非常に有名)に取り組んだ安来高校がタイヘンよかった〓


高校演劇おもしろい!
ずーっと同じようなテンションのセリフが続くとちょっと疲れるけど、
エネルギッシュで大変たのしかった♪

明日も打ち合わせの間を縫って、
情報科学高校と松江商業高校を観に行こうと思います!わくわく。

2011年09月19日

青年はおやこ劇場の宝物

「1日目の午後からずっと雨」のキャンプでした傘

キャンプファイヤーも肝試しもテント泊もできなかったそうです。

帰りの下山もできず、保護者がお昼ごはん前に迎車を出しました。
でも駐車場までの1qほどを歩くだけで、もうみんなぐっしょり汗

保護者がごちそうを作って出迎える【ご苦労さん会】も大幅に前倒しとなり、
一晩中ずっと心配していた保護者たちは、少し緊張した面持ちで集まってきました。

お腹を減らした子どもたち青年たちは、
ひとしきりお腹に詰め込んだ後、班ごとに感想を発表します。
いろんな思いが詰まっていました。
心配していたよりも、「雨で残念だったけど楽しかった」という声が多くて、ほっ。

1年前からぐぐっと成長した子どもたちの言葉・様子に見惚れてしまいます。
特に中高生の姿には、私たちオトナもこれくらい成長できたらいいのに…と羨望すら感じます。
「やっぱり、毎年コレを聞かないとね〜」「ですよね〜」とあちこちで囁きが。

初参加の島根大学の学生たちも、いろんなこと吸収してくれたかな。

今年の春に大学生になって、青年1年生ながら実行委員長を務めた“赤ヘル”が、

雨の中でもみんながんばってくれて楽しかったけど、でも、
こんなのはホントのおやこ劇場のキャンプじゃないから、
来年も絶対にみんなで一緒に行こう!


と熱く呼びかけてくれました。

おかーさんたちもうんうん頷きながらもらい泣き悲しい

ベテランの青年たち、県外から駆けつけてくれた青年たちが、
赤ヘルを支える姿にも学ぶところがたくさんありました。
みんな、ありがとう!

恒例のTシャツ寄せ書きは、大事にしてあげたい時間です。


出発の時、青年たちに「私たちの宝物をあなた達に預けます。よろしくお願いします。」とあいさつしましたが、「あなたたちも私たちの宝物だよ」と改めて伝えたいと思います。

みんなお疲れさま。今日はみんなぐっすり眠ってね。

2011年09月18日

子どもキャンプ出発!

本日のお天気は、雲 → 太陽 でも、もしかして夕方から 傘雷 ???

そんな予報の中ですが、予定通り子どもキャンプを実施することになりました!
朝7時前。荷物を運び出すために、もう青年が事務所に集まってくれていました。

荷物と青年でぎっしり汗

保護者の搬送車に荷物を積み終わり、少し広くなった事務所で青年の顔合わせ。

京都から、千葉から、鳥取から、この日のために集まってきてくれた常連の青年たちと、
事前の会議からずっと関わってきてくれた地元の青年たちが出会います。

「これはのみのぴこ」みたいな自己紹介をしていました。
なるほど。こうやって全員の班とキャンプネームを憶えるのね。

子どもたちが集合する「松江しんじ湖温泉駅」へ移動。少し緊張してる顔もチラホラ。

恒例のチクサクコールで気合いを入れます。(ご近所のみなさん、ごめんなさい!)
中心にいる実行委員長と小さい子どもたちは見えませ〜ん。

50人がバスに乗り込み、保護者に見送られて出発しました自動車ダッシュ
無事を祈り、寒くないかな〜楽しんでるかな〜と思いながら帰りを待ちます。

2011年08月26日

マーブルTVさんと打ち合わせ中

しまね子育て応援サイト「こことも」

全県に拡大して、より可愛く使いやすくなったこことも

山陰ケーブルビジョンマーブルテレビの「育児情報番組だっこっこ」という番組の中で、ご紹介いただけることになりました。




担当の方が来て、打ち合わせ中。放送は9月後半です。お楽しみに〜音符

2011年08月14日

松江NPOネットワーク始動!

県内NPOの連絡協議会は数年前から存在していますが、
より身近な、松江市内のNPOをつなぐものが必要!
・・・との声が集まってきていました。

松江市認証の77NPO法人(東出雲ふくむ)のうち、
クチコミだけで既に22の法人が参画を表明しています。

愚痴や悩みを言い合ったり、勉強会やイベントをいっしょに企画したり、
松江市や市民活動を応援してくれる企業との窓口になったり。
そういう仲間を必要としている団体がこんなにあったんですね。

まずは互助会的なイメージなのかなと私は感じています。

設立総会は9月28日(水)夕方〜となりそうです。

画像は8月10日の準備会の様子。まつえ・まちづくり塾にて。

2011年08月13日

異文化交流♪NPO×県

島根県の少子化対策推進室が進めているCOCCOLO(こっころ)事業。
今年で5周年だそうです。http://www.pref.shimane.lg.jp/shoshika/

その5周年記念こっころフェスタ(2011年11月26日開催)の企画運営を、
子育て支援ネットワークつながるネ!ットも一緒に、ということになりました。
昨年度の早いうちから、「来年よろしく〜」と声をかけていただいていて、
それが、ついに動き出しました。

ちょっと時間を遡りまして7月29日(金)、第1回の実行委員会でした。


NPO側からの意見を遠慮なくたくさん言わせていただきました。
時間も力も惜しまず出すけれど、口も出させていただいてます。
お互いにできることできないことがあるのはあたりまえ。
まずは口に出して、目的達成のために何ができるか言い合いました。

室長はなかなかの曲者ですが、
複数の市民団体と共に企画からなんていう面倒くさいことを、
それでもやってみようとするところが太っ腹です。

もしかして、お互いに相手を巧く利用してやろうと思っている関係???
それでもいいと思うんです。ミッション遂行のためならば。

少子化対策推進室とのこういう関係は、
しまね子育て応援サイト「こことも」の協働制作の賜と思っています。

実行委員会の仲間たち。草の根から地域を守っている人たちです。
キラキラ松江友の会
キラキラガキ大将養成委員会
キラキラおやこ劇場松江センター
キラキラ親子リズムサークル
キラキラしまね子どもセンター
キラキラ(エコママクラブはこの日ざんねんながら欠席)
キラキラいっしょに子育て研究所

あ。こそけんさんは「つながるネ!ット」じゃないですね。
でも、地域の子育て環境をよりよくするためにがんばってる仲間だと思っています。

2011年08月09日

認定NPO

大震災。原発事故。政権のごたごた。

大混乱の中で、新寄付税制とNPO法改正が成立しました。

「認定NPO」は、改正前にはうちの団体には縁遠い話でしたが、
いっきに、すぐ目の前にある課題となりました。

大所帯なので、団体内の勉強会から始めることにします。

でも、早々にやらねばなりません。

2011年07月25日

「新しい公共」について考える講演会

24日(日)、島根県主催の講演会に参加した。
講師は川北秀人さん。IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表。


研修会の講師としての川北さんにはもう7年くらいお世話になっていて、
毎回、脳みそをぎゅうぎゅう絞られるような修行をさせていただいているが、
講演会もやっぱりすごくよかった〜。いろいろとおさらい&確認できた。
講演の資料は氏のブログで公開してくださるとのこと。
https://blog.canpan.info/dede/

終了後、天神祭にもごいっしょして、まち塾の皆さんに歓迎していただいた。


さて、今日は川北講師による協働実践研修です。行ってきます!

2011年07月17日

しまね子育て応援サイト「こことも」生まれ変わりました!

2010年度から島根県の少子化対策推進室といっしょに作ってきた

しまね子育て応援サイト「こことも」
リニューアルOPENしました〜メガホン

ここともが、たくさんの親子のハッピーな毎日をお手伝いできますように。
しまね子育て応援サイト「こことも」トップ

2011年07月03日

2012舞台鑑賞例会企画スタート!

毎年この時期、次年度鑑賞事業を企画するための説明会が行われます。

中四国地方の会場は福山市。7月2日(土)・3日(日)の2日間に渡って開催されました。
(福山おやこ劇場の皆さま、おせわになりましたラブ
松江からも事務局・役員6名+子ども2名で参加してきました〜自動車ダッシュダッシュダッシュ

写真は全体会基調講演が始まる直前の様子。
こども劇場・おやこ劇場120名。創造団体91団体が参加。
https://blog.canpan.info/amsmeer/archive/163より)

松江チームもおそろいのTシャツで並んでいます。新理事のパパの参加がうれしい音符
基調講演では、被災地の、そしてそれぞれの地域の子どもたちのために、
「子どもと地域と芸術をつなぐ団体」として我々に何ができるのか、
何をすべきか、共に考え続けていこうとの呼びかけがありました。

続けて、7部屋に分かれて分散会。
「ナマの舞台芸術鑑賞」について、しっかり意見交換・情報共有しました。
なぜか根拠なしの批判的発言ばかり強い調子でする人が一人いたものの、
そのペースに持って行かれずに前向きな話し合いをすることができ、ホッ。
わざわざ福山まで出かけていって、貴重な時間を使うんだものね。

それぞれの分散会の様子を全体に報告。
うちのグループは、グレゴさんとKeiさんと私が発表しました〜。
(私は黄色のTシャツだったので、信号機のようでした!)


17時頃に福山を出発。帰路につきました。蒜山S.A.でお土産をゲット。

福山で得てきた情報とエネルギーを松江に持ち帰り、企画がスタートします。
夢を拡げたり、現実を見直したり、子どもたちの反応を想像したりしながら、
楽しくも産みの苦しみを伴う悩ましい作業です。
でも、これが全国各地のこども劇場おやこ劇場で繰り広げられると思うと、
がんばろー力こぶと思えます。

山陰ネットワーク(鳥取・倉吉・米子・境港・松江・浜田・益田)の連携強化も進めますびっくり