CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年05月31日

共に笑い、共に涙する経験

新年度最初の例会は、低学年例会。(ホントは合同にして全員で観たかった悲しい
劇団風の子九州の『3ちゅうvery much!?』でした。

いろいろな用事を終わらせて、会員さんたちが大急ぎで駆けつけてきます。
130人を想定して作った会場に180人以上が詰めかけました。

会場の扉から漏れ聞こえる楽しげなオープニング音楽を背中で聞きながら、
オーシマ事務局長と私はロビーを片づけていました。
時々ドッと笑い声が聞こえてきます。やった!みんな喜んでる!
この活動をやっていて、いちばん幸せな瞬間のひとつです。

わーん汗早く観たい〜!!急げ〜!!

それにしても、ぎゅうぎゅうで観るのってやはりよいですね〜ラブ

2008年の夏、岸和田の子ども演劇祭で観て惚れ込んだ作品でした。
「松江の仲間たちと一緒に観たい!」と願い続けていました。
やっと実現したんだ〜。感無量です音符

子どもたちの笑い声、没頭して思わず立ち上がる様子、
役者の一挙手一投足に輝いたり不安げに曇ったりする顔。

おとなたちの笑い声、涙、子どもたちの反応をそっとうかがう姿。

心のままに笑ったり泣いたり自然に自己表現できるのは、
周りの人たちを信じられるからなんですよね。

よかった〜と思える例会は、たとえ重たい会議室の机と椅子を全部撤去して、終演後にまた原状復帰しなくちゃいけなくても、搬出入の荷物を追いかけて階段を何十往復しなくちゃいけなくても、疲れが全然ちがいます。気持ちいい!

風の子九州の「3ちゅう」サイトで、あの感動をもう一度反芻できます。
http://www.kazenoko-kyushu.or.jp/sakuhin/3chuverymach/top.htm

この例会の担当星乃木ブロックの皆さんが、劇団の皆さんから色紙をいただきました。
手ブレごめん…。


みんなで風の子九州さんを見送った後、手作りの立て看板を囲んで記念撮影。


あ〜よい一日でした。こんな日があるから、がんばっていけますラブ

2010年05月30日

1年半待ちました!

プラバ2階大会議室にて 本日14時開演!!

担当:乃木ブロック

可愛いネズミちゃんネズミクッキーの販売あり!

2010年05月19日

38年目に突入!

連日のあれやこれやで、更新が滞り気味…悲しい
ひとつずつ追いつきたいと思います。

まず総会の報告を。

会員手作りの影絵『たまごにいちゃん』上演でスタートしました音符
子どもたちと、託児をお願いしているシルバー人材センターの皆さんも一緒に鑑賞。


お松さんによる開会宣言。
思慮深く前向きなキャラが、いつも場を明るく満たしてくれます。


会議テーブル上には、愛らしいお花が…。
何人かの会員が、それぞれ自主的にお庭から摘んできてくださいました。
手作りの焼き菓子を持ち込んでくださる人もたくさんおられ、
お心遣いがありがたくて開会早々思わず涙しそうでした。


事務局長から数字の報告。
少子化や経済状況の悪化なども重なり、会員数が減少しています。
厳しい現状に会場の雰囲気も重苦しくなるかと思いきやびっくり
目標がハッキリ明確になったことによって逆に一体感が生まれたような気がします。


長年の「地域みんなで子どもを育む」活動の大切さが再確認できたことや、それを周囲に自信を持って伝えて、もっとたくさんの仲間と一緒に活動したいという思いを共有できました。

さらに、翌日に控えた「ちいさい人たちのための人形劇公演」が定員の200人をとっくに超してキャンセル待ち多数であることなども喜ばしく、明るい気持ちで閉会しました。
ケイコさんによる閉会のあいさつがまた、その穏やかで温かい人柄そのままに素敵で、会場全体があたたかい空気に包まれました。

この出会いは、おやこ劇場のおかげです。
14年前、新潟から引っ越してきて孤独だった私に声をかけてくれた方に改めて感謝!

新年度もこうしてなんとか船出できました。身の引き締まる思いです。

2010年05月15日

38回目の総会です

五月晴れ太陽です。
今年も総会の日を迎えることができました。空も祝福してくれています。

本日午後は、おやこ劇場松江センター通常総会が開催されます。
1973年2月の設立総会以来、38回目の総会となります。
NPO法人としても、まもなく11年目を迎えます。

37年もの間、「子どもたちに夢と感動を!」を合言葉に、倦まず弛まず「すべての子どもたちが夢を持って豊かに成長できるあたたかい社会」をめざして活動してきた先輩たち仲間たちのスゴさを思います。

子どももおとなも、本当に忙しい世の中となっています。
私自身いつも全力疾走で、まわりの景色がちゃんと見えているか心配ですが、時々立ち止まって、大事なことを確認し合える仲間がいるのがおやこ劇場だと感じています。

子どもたちを取り巻く社会の状況は厳しいですが、団体としての課題を確認して新年度に向かいたいと思います。

2010年05月10日

『耳なし芳一』その2

中高生運営による例会『耳なし芳一』報告のつづきです。
前の記事はこちら。https://blog.canpan.info/nao/archive/135

販売チーム。レモン・とうふ・トロン・プーの4人。

販売チームは、開演を知らせるハンドベル係も兼任!

高1の‘みく’によるアナウンス。おとなたちは思わずニコニコ。
ゴザ席の小学生たちはどんな様子で聞いてたかな。
椅子席の大人の陰になって見えませ〜ん。

撮りそこねましたが、島大生2人は責任重大な照明係を見事果たしてくれました。

頼りになるし見てると楽しくなってくるし。
毎年1回くらい中高生担当例会があるとよいかも。

忙しい中、みんなありがとう!またやろうね!

作品についてはまた後で報告します。

2010年05月08日

怖くて夢に出そう?『耳なし芳一』

今夜は高学年例会『耳なし芳一』人形一座ホケキョ影絵芝居さんでした!

人形遣い→晴琉屋フンさんが撤収してる最中に、せせら小梅さん&アンブレラ雨枝ちゃん&生まれたばっかりの弟ちゃん&おかあさまと記念撮影。
遠方に進学したために今日は来られなかったRUが仕上げてくれた立て看板を囲んで。

運営担当は中高生でしたキラキラ
島根大学教育学部1000時間体験学修の学生も来てくれて、
青年4人、高校生7人、中学生7人の合計18人。
10校くらいの学校から駆けつけてくれています。
試験中だったり、模試帰りだったり。
練習試合終えて、速攻でシャワー浴びてとか。

それにしても、この子たちってスゴイです炎
呼吸をするように自然体で運営スタッフとして動けちゃうんだね〜。
私たち大人が、考えてがんばってやっていることを事も無げに。
小さい頃からずっと、この空気の中で育ってるんだなーと実感します。



晴琉屋フンさんとの打ち合わせ。
それぞれの役割について理解しようと真剣な面持ちです。
が、この直後。フンさんのまじめオモシロ不思議キャラに、全員ひっくり返りました。

母たち手作りのはっぴ姿もすてきドキドキ小って言うより、つんつるてん♪
みんな、おっきくなったね〜。


つづきと作品については後日報告いたします。

2010年05月06日

できました〜!新年度ごあんない

4月末に完成しました〜音符新年度の「ごあんない」


おやこ劇場の活動と思いが伝わりますように!

子どもたちの豊かな育ちを応援してください!

詳しい事業内容は、こちらからご覧ください。
(公式サイト上の「ごあんない2010」のページにリンクしています)

2010年04月13日

総会資料づくり-印刷

ふるさと島根定住財団の印刷作業部屋をお借りして、総会資料を印刷しました。50ページに及ぶ総会資料の39ページ分。400部。
残りのページは、理事会と代議員会の承認を得てからの印刷となります。

作業メンバーは、たまたま3人とも消しゴムはんこ部員”でしたウインク
途中、原稿のミスに気づいて瞬間的に印刷を一時停止するというH部員のファインプレイキラキラもあり、見事に修正。ノーミスでしたラブ
2日間を予定していた作業が午後1時には終了〓〓〓
先輩ぶって参加した私ですが、楽隠居ですわ〜温泉

総会資料は、団体の年次報告書としてさまざまな場面で使います。
行政に提出したり、助成・補助事業などの申請に添付したり、団体紹介として名刺や団体パンフレットと共に手渡しすることも多いので、そういう目も意識して作っているつもりです。

明日は“組み作業”です力こぶ

2010年04月08日

総会資料づくり

5月15日(土)の総会に向けて、総会資料の原稿がぞくぞく集まってきています。それぞれのページ担当者に催促しつつ、実は事務局担当部分が未完成です〜汗
理事会と代議員会での承認待ちページもあって、完成は今月末予定。

団体の記録として貴重であるのはもちろんのこと、各事業を担当した当人による報告なので、思い入れがあってなかなかオモシロイ読み物となります。
完成が楽しみ♪ ここ数年は50ページ近い大作で、読み応えアリです。

印刷・製本も会員による手作業ですが、
おしゃべりしながらの慣れた作業は楽しい時間です。


過去3年分の総会資料を並べてみました。
子どもたちが描いてくれた表紙を見ると、その年の記憶が蘇ります。

私たちの総会資料は、子どもたちの絵をたくさん載せるのですが、
団体の1年の記録であると同時に、子どもたちの成長の記録にもなっています。
昔のを紐解くと、既に社会人となっている青年がちいさい頃描いた絵や文字があって、たいそう楽しいものです。

2010年03月28日

中高生合宿

『ヘルメット・ダンディ』お手伝いの帰りに、中高生合宿を覗いてみました〜ラブ


青年たちも駆けつけてくれて、ぎっしり17人びっくり

若者の語らいをおじゃましないように、早々に退散しました音符