CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年12月03日

ふくしまねモノショップ

『1,2,3で、施設商品!キャンペーン』

上記キャンペーンに参加中!
今年もかろうじて参加できました〜汗

娘の通う高校で発売されたオリジナルクッキーが施設商品なので、
このキャンペーンでご紹介しようとはりきっていました。

娘に頼んで、一昨日から購買に通って入荷確認してもらってたのに、
ついに発売された今日!
「昼休みに行ったらもう売り切れてた〜」と娘から泣きのメールが…悲しい
(おばちゃん、毎日通ってんだからお取り置きしてよ〜怒

というわけで、気を取り直してほかの情報を!

ふくしまねモノショップ
http://www.ptp-net.com/kassei/mono_shop/index.html

HPを運営されている島根県障害者授産事業活性化協議会によると、
「メインタイトルのふくしまねモノショップは、福祉と島根をあわせた造語のふくしまねで島根の総合的なイメージ表現し、授産製品という言葉でなく物づくりをする私たちの店という意味をもたせた、モノショップという言葉をつけて授産製品のお店をあらわします。」とのこと。

最終更新日が古いのがちょっと心配ですが、
複数施設の授産製品を紹介するHPはよいな〜と思います。

2010年11月21日

NPO活動推進自治体フォーラム終了

NPO活動推進自治体フォーラム島根大会。終わりました。

長い間かかわって準備してきたのに、これでよかったのか…。
個人的には反省点ばかりのフォーラムとなってしまいましたが、
両日の全体会に登壇した皆さまから、
たくさん知恵電球と勇気力こぶをいただきました。超一流でした〜ラブ

おやこ劇場松江センターとしては、
展示班2名、当日スタッフ2名、団体パネル展示前での販売2名、
初日聴講2名が参加し、いろいろな意味でよい経験となりました。

展示班は、団体紹介コーナーを担当しNPO地図を作りました。
標高なども反映される地形図なら、もっとオモシロイものになったなぁ。


交流2次会。わたくし的にたいへん贅沢なショットドキドキ小

2010年11月12日

NPOフォーラム近づいてきました!

来週18日・19日に開催されるNPO活動推進自治体フォーラム。

おやこ劇場松江センターからも、
hiroko&shihomaruのコンビが当日ボランティア・スタッフとして参加します炎

本日午後、県NPO活動推進室さんが打ち合わせに来られました。
細かい動きをいろいろ確認(はしょりすぎ〜っ汗)した後、
スタッフジャンパーが支給されました。お〜っびっくりこれが噂のびっくりびっくり


さっそく試着ラブ
一番小さいサイズをいただきましたが、うちの2人は華奢なのでデカすぎです〜音符
ジャンパーの下はフォーマルという指示ですが、ほとんど見えませんね。


その後、第1分科会の打ち合わせでした。
歴史ある松江大橋をてくてく歩いて渡り、NPO法人まつえ・まちづくり塾へ。
まつえ・まちづくり塾とおやこ劇場松江センターは、
松江大橋をはさんで南北わずか数百メートルの距離に位置するNPO同士です。

第1分科会を取り仕切ってくださる、
まつえ・まちづくり塾代表の井ノ上さんと鳥取県庁の蔵内さん。
ひとつひとつ細かいことを確認し、心配事を解消していきます。
この後、2日目の会場である松江市市民活動センターも下見しました。


17時過ぎ。
松江大橋を渡って事務所に帰る頃、橋上の灯籠にはもう灯りが入っていました。


宍道湖方向を眺めると、黄砂で霞んでいます。

2010年11月09日

法文学部学生に語りました!

島根大学の学生たちに話をする機会をいただきました。
法文学部の毎熊先生の「NPO論」という講義へのゲスト出演です。

70名ほどの学生が続々と集まってきました。
おやこ劇場の青年たちや我が娘とも近い年齢の学生たち。
彼らが何を考えてどんな感じで勉強しているのか、私の方が興味津々ラブ
ついつい顔が笑っちゃいます。


おやこ劇場松江センターの紹介に始まり、
市民活動、NPO、子ども・子育て支援、地域づくり、協働などなど、
日頃考えていることをたくさん喋らせていただきました。

うっかり言い落としたことも多く反省点だらけですが、
この講義のシラバスの「授業の目的」として、
「NPOをはじめとした各種市民活動、地域社会、自治体等の現状を冷徹かつ多面的に分析する、いわば「観察者」としての視座を磨くこと」とあるので、
いつもながら詰めの甘い悲しい私の話ではあっても、
学生が冷徹に観察してくれた結果の感想は私の財産になるでしょう。
レポートを楽しみに待ちたいと思います。

2010年11月08日

島根県のNPO分布

今月18・19日に行われるNPO活動推進自治体フォーラムで、
県内NPO法人の活動分野別分布図を展示することになっています。

納品された白地図に、活動分野ごとに色分けしたシールを手作業で貼ります。
今日からその作業が始まりました。

展示を担当する「つながるネ!ット」のメンバーが県庁講堂に集結。
薄暗く、寒々としたがらーんと広い講堂…。
コーヒーとお茶菓子を持参して、元気にがんばりました!


17の分野をすべて色分けできる市販のシールは見つからず、
一部の中間色はプリンターで出力してハサミで切り抜きました力こぶ

正確な位置まで反映することは難しくてあきらめました。
まだ作業途中で未完成ですが、
なかなかオモシロイものができあがりつつあります。

圧倒的な数の黄色シール(福祉分野)を眺めながら、
全国的にも同じ傾向があるんだろうか…などと考えたり、
地形がわかる地図にしたらもっとおもしろかったな〜と今さらつぶやいたり。


フォーラム当日の展示をお楽しみに音符

2010年10月30日

「NPO読本」の取材

29日(金)午後。

島根NPO連絡協議会が発行を予定している「NPO読本」の取材ということで、
ふたりの若い女性が事務所を訪ねてこられました。
取材を委託されたNPO法人Gasshoのスタッフです。

ごあいさつと名刺交換が済み、
最初のご質問は「団体の設立はいつ頃ですか?」。

たけだ「1973年です」

Gassho「設立の時から理事長をされてるんですか?」

たけだ「は??えぇ〜っ!?1973年ですよ?!」

37年前って、私も子どもですってば!

おふたりは1980年代生まれかな〜。
いくら自分が生まれてない時代のこととはいえ、
そりゃ〜あまりにも想像力の欠如というかヒトの話を聞き流してるというか、
衝撃的なスタートでした困った

大丈夫なのか?と一瞬不安になりましたが、その後は順調。
これまで取材やそれを文章にまとめたという経験はないそうですが、
素直にまじめに聞いてくださいましたので、
どんな記事にまとめられるのか、楽しみです。
最初は緊張してたのかもね。

先入観を持たないという取材方針なのか、
もしかしたら彼らのスタイルなのかわかりませんが、
事前に取材先の団体情報に目を通したりはしていない様子でした。

客観的な取材のために事前情報は不要なのかもと思いながらも、
相手がこちらをまったく知らないのだなと思うと、
このような時にいつもお伝えする程度の話になってしまい、
せっかくの県との協働企画なのにいつもの話でよかったのかな?
…などと心配したり。

うちが島根NPO連絡協議会の加盟団体であることも、
うちの副理事長が協議会の幹事の一人であることも、
知らないんだろうな〜。
島根NPO連絡協議会がどんなものかも、
ふたりには関係ないんだろうな〜と思いつつ、
なんとなく後味がスッキリしないのはなぜなんだろう。

来週は県西部のNPO7・8件を取材されるそうです。
がんばってほしいものです。

2010年10月28日

CANPANブログ講座見学!

26日(火)午後。雨
事務局スタッフ2名とわたくしで、
ふるさと島根定住財団が主催するCANPANブログ講座を見学しました音符

講師はいつもお世話になっている大江さん。
その活躍を「姉」のようにあたたかく見守っていたつもりが、
「姐(プレッシャー)」になってたという噂も…困った


おやこ劇場松江センターは、
ここともプロジェクトの一環として、市民団体の情報発信サポートを実施します。

ブログを使って情報発信をしたいと思っている市民団体の皆さんは、
どういう点で特に支援を必要としているのか。
ブログ開設時・開設後、それぞれどんなニーズがあるのか。

そんなことを研究したいと思ってましたが、
予想どおり、ヒント満載でしたラブ


しばらくはおとなしく見学していたのですが、
困ってる様子の人がいるとついついCANPANブロガーとしての血が騒ぎ、
途中からは「どんな感じですか〜」などと声をかけてしまいました。

図々しかったなーと反省する気持ちと、
でも困ってる人が助かったのならよいのかなという気持ちと。

受講者のスキルに差があると講座は相当タイヘンですね〜。

この分野の支援に関する確かなニーズを感じました。
たくさん勉強になりました。ありがとうございました!

2010年10月21日

NPO活動推進自治体フォーラム

来月18日・19日に表題の全国大会が行われます。


第1分科会の話題提供の中で、私も少し喋らせてもらいます。
内容はもちろん、
しまね子育て応援サイトこことものことです。
http://cocotomo.info/

いろいろな人や組織の参画により、
チームで取り組んでいる「ここともプロジェクト」について、
ご紹介しようと思っています。

フォーラムについての詳細は、こちらから。
http://www.pref.shimane.lg.jp/npo/forum_2010_shimane/

2010年10月18日

お客さま

一昨日の「2011年度例会を決めよう会」に、
県NPO活動推進室の原さんが来てくださっていました。


昔、益田おやこ劇場の会員だったということで、
こんな名札を自作されて、長い長い会議に最後までおつきあいくださいました音符


ご自分のブログと県NPO活動推進室のブログ両方で、様子を紹介してくださっています。
勉強になります。ありがとうございました。

ブログ〜鵜の目鷹の目,旅の目で
チームNPO奮戦記

2010年10月14日

第2回協働実践事業研修

今日は平成22年度第2回協働実践事業研修でした。

「こことも」プロジェクトの中間振り返りのため、おやこ劇場から「たけだ&ふじい」、
協働パートナーの県少子化対策推進室からは「こま&うえだ」の4人組で参加しました。
川北講師の真ん前(いつもの如く)の席を4人で陣取りました。ふっふっふウインク


仙台市が公開してくださっている仙台協働本〜協働を成功させる手引きから、
協働評価シートを使って、これまでを振り返り、年度末までを見通します。


事前研修の時に比べ、相方である県職員のお二方がものすごく身近に感じられますラブ
この5ヶ月間、しょっちゅう顔も見る電話もするメールもする日々で、
本当によく話し合い、心配も焦りも喜びも共有しています。

日々の事業・団体運営に追われがちな私たちが、目先のことで手一杯になっていると、
いつも実によいタイミングで、視野を広げてくださいます。


うえださんのファイル発見!ファイル名は「親子劇場」(正式には「おやこ劇場」ですよん)
ほっほぉ。事業名じゃなく団体名なんだ。なにやら新鮮です。


今年の県協働は11事業もあって、研修は6時間かかりました。
私たちは松江なので近くて助かってますが、益田の方などホントに一日がかり。
今回は事業ごとのワークショップだったので、他団体との交流もなしで少し残念。
でも、他事業の取り組みや講師の助言の中にも、ヒント満載でした。

協働研修にちょっと懐疑的っぽい様子だった相方の県職員さんが、
時々「うんうん」と肯いてメモしてたりするのが、個人的にタイヘン嬉しい瞬間でした。