CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年01月26日

松江市とNPOの未来は?

1月22日(金)午前。

NPO法人まつえ・まちづくり塾の井ノ上さんの呼びかけにより、松江市内の5つのNPO法人と松江市市民生活相談課の会合がありました。

昨年度から実施されている「松江市職員とNPOとの合同研修」2009年度版についての第1回打ち合わせでした。
2009年度です!今年度中の実施です!既に1月も下旬なのに白紙から考えるんですね…困った
いちばん心配なのは、お話を伺いたいような講師の予定が空いているのか?

NPO側は、松江市の協働推進のためになる「実務者レベルが参加する」ような研修にしたいと願うものの、市の方は「空いている職員が参加する」のが現状というお話でした。
とはいえ、なるべく市議会や委員会を避けて日程を調整しました。

準備会の終わりにNPO側のある参加者から、「来年度のこの研修を、市NPO担当課(市民生活相談課)だけではなく市役所各課代表とNPOで共に企画していきましょう」との呼びかけがありました。
すごいっびっくり画期的ラブ

これがもし松江市に受け入れられて、実際に機能したら、前回のブログで書いたNPO活動推進自治体フォーラムのひとつの分科会になってもおかしくないくらいの取り組みになっちゃうかもしれないびっくり

今年度の研修は、3月2日(火)の午後に、ほぼ決定しました音符
近々、市の方からお知らせがあると思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック