CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年11月06日

学校ではNPOをどう教えてるのかな

11月2日(月)の夕方。
島根リハビリテーション学院の3回生という若者3人が訪ねてきました。
ウエダくん イワタくん シラガくん。

10月後半、私が松江を留守にしている間に電話があって、
ようやく実現した「聞き取り」でした。

その依頼の電話が誠実でいい感じだったようで、応対した事務局スタッフの評判がタイヘンよろしく、私も会えるのを楽しみにしていました。

グループに分かれて、NPOに限らず自由に自分たちで選んだ団体を訪問して話を聞いてくるという活動らしく、彼らはWEB検索でNPO法人おやこ劇場松江センターに決めたのだそうです。うれしいです。

団体の歴史や事業内容、これから目指す方向など、いろいろ聞かれ大サービスでたくさん喋りに喋る。っつーか喋りすぎ悲しい
こっちからもいろいろ聞けばよかった。

最後の方でシラガくんがおもしろい質問をしてくれた。
「昔に戻ろうとしている活動なんですか?」
メディアの影響を心配して始まった運動だとか、子どもたちの体験の幅を拡げたいとか、人と人とのつながりを大切にしたいとか、私がそういう話をしたので、「昔はよかった。まったく最近の若い者は・・・」という感じで、よかった昔に戻そうとしているのかなと考えたようだ。

なるほど〜。そういう受け取り方もあるわけだね。
熱心に聞いて、考えてくれたからこその質問で、すばらしい拍手

一所懸命、考えて答えました。

異年齢の子どもたちが群れて里山を駆け回り、失敗もけんかもしながら多様な経験を積み重ねることのできた時代、それを地域の大人たちが見守ることのできていた時代、大人たちが隣近所のさまざまな人と関わりながら成長できる時代は、場所によっては過去のものになってしまった。

だから、それを補う新しいつながりが必要で、私たちはその一部を担っていこうとしているのだよ。

でも、地域とのつながりはとても大事だから、あきらめてはいないのよ。
私たち志縁団体と地縁団体との連携が今後の最重要課題だと思うよ〜。


敬愛する川北秀人さんの言葉を紹介しました。
なんでこんなしんどいばっかりで金にもならないことをしているのか。
それは、気づいてしまった者の責任
必要としている人や場が存在することに気づいてしまったからには、やるしかない。

医療福祉の卵たちにも感ずるところがあったようで、「重いことばですね」と3人とも肯いていました。
わずかでも自分にできることがあるならば、がんばりましょうかねぇ力こぶ

レポートが完成したら、送ってくれるそうです。たのしみドキドキ小


帰り際に3人を撮ったんですが、なぜかデータが見つからない困った
保存し忘れたんだろうか…。とっても残念。ごめんなさい。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック