CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年10月17日

本日決めます!来年度の鑑賞事業

NPO法人おやこ劇場松江センターのロゴです
かわいいですラブ


秋。。。 毎週毎週、週末はイベントだらけ走る走る走る

文化芸術 スポーツ 美味しいもの 教育 親子行事 祭り 学会 フォーラム etc.
楽しいけど、みんな疲れてないか心配…落ち込み
休める時を見つけて、どこかで休みましょうね〜汗

と言いながら、うちの団体も今日は【2010年度例会を決めよう会】という総会です笑顔
おそらく、全国に何百とある子ども劇場おやこ劇場で、今日あたり同じような総会が行われている。

さて。
総事業費の3割ほどを投入する鑑賞事業の内容が、今日決定する。
プロのナマの優れた舞台芸術を子どもたち仲間たちといっしょに観て感動を共有するということを、ずっと大切にしてきたおやこ劇場なので、鑑賞事業部から提案される企画案は、さまざまな形で会員の意見を集めて、練りに練ってきたもの。

どんな劇団のどんな作品なのか
子どもたちにどういう作品を見せたいのか
そもそも鑑賞事業って何なのか
来年度を団体にとってどんな年にしたいのか
会員それぞれにとってどういう年なのか

いろいろなことを考える時間になるんだろうな。きっと。
楽しみ楽しみドキドキ大


それにしても秋の週末は予定が重なる。
参加したいイベント、参加しなければならないイベント、子どものイベントの送迎などなど、年々、この時期の総会にみんな出席しにくくなっていく。
選ぶというより、優先順位をつけてスキマを埋めていく感じ。

数年前、創立30周年記念例会で劇団仲間の『モモと時間どろぼう』を観た。
効率を優先し忙しく走り回る大人たちは、だんだん本当に大切なものを見失っていく。
そして、いつしか子どもたちまで…。

舞台の上で早回しのように生活する人々の様子は、滑稽で、そしてとても怖かった。
お話の中では、モモがカメのカシオペイアと共に時間どろぼうから時間を取り戻すため立ち上がるわけだが、私たちは自分の心の中にモモを住まわせて、ときどきお伺いを立てなくてはならないんだろう。
誰かがなんとかしてはくれないものね。

おやこ劇場の総会が、出席者にとって「参加してよかった」と思える時間になるよう、最善を尽くしたいと思います力こぶ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック