CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年07月30日

健康福祉部「圏域別公聴会」

7月29日(水)
島根県健康福祉部「圏域別公聴会」というものに出席させていただいた。

機関・団体などからの出席者30名程が「ロ」の字の三辺に並び、
残る一辺に県側の関係課・機関の長の皆さんが20名程3〜4列になっている。

最初に錦織部長から、部としての重点課題について説明があった。

医師確保・看護職員確保
がん対策
少子化・高齢化対策
DV対策
健康づくり・食育推進
障害者福祉
新型インフルエンザ


続いて、出席者の自己紹介。
医療、健康推進、高齢者福祉、障害者福祉、子育て支援などなど。

そしていよいよ本題。

事前に送られてきていた資料(各課の今年度「運営方針」「主要課題と対応方針」「重点推進事項」)を読んで、公聴会までに質問・意見を提出していた人が9名。
提出した当人がその質問・意見を発表し、それに対し各担当から回答があった。

私にとって、少子化と食育のほかはほとんど新聞の中の出来事に近く、
知識としては知っていても実感の伴わない問題だった。
不勉強で情けなかった。涙目で拝聴する。
第一線で奮闘する人々の生の声を聞けてよかったです力こぶ

現場からのふりしぼるような悲痛な訴えに対し、
事前に準備していたとは言え、残念ながら担当課によっては、
あまりにすらすらと「現行の制度上では不可能」「今後も検討」との回答怒

深い共感を持って、前例に拘らず、
「なんとか打開策を探る」という姿勢で共に考えてほしいと感じた。
また、各課にまたがる課題も多く、横の情報交換と連携は必須。
市町村との情報共有・連携も。

ここまでで2時間半くらい。

「おやこ劇場」は元気な人たちの団体なんだと改めて思った。
もちろん、会員それぞれいろんな問題を抱えながらがんばって生きているし、
医療や福祉の現場で有償あるいは無償で働いている人もたくさんいる。

「最近の若い親は…」と批判されることも多いが、
少子化核家族化が進み、不況や世情不安、地域の機能が低下する中、
イマドキの子育てには、昔はなかった苦労もある。
孤独に辛い子育てをしているママもいるのだ。

私たちもできること為すべきことをがんばらねば!
元気な私たちが横につながり、
自分たちでできることをしっかりやっていくこともとても大事だと思う。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック