• もっと見る

南国の陽気な風:地域活動支援センターかふぇらて

南国宮崎から精神障がい当事者が地域で自分の持っている特性を活かすことを、お互いサポートしたり、支え合うことを、日々実践する居場所としての地域活動支援センター「かふぇらて」から発信するブログ


【6月30日】書き方スキル(広報誌掲載!) [2023年06月30日(Fri)]
今日のプログラムは、書き方スキル(広報誌掲載)でした。
書き方2.png
自分の体験などに関して書くことを通じて伝えることを考えてもらうプログラムです。

それぞれ、かふぇらてで過ごす中での出来事や興味のあるプログラムに参加して感じたことなどを書いてもらった文章を広報誌に掲載する予定になっています。

今日は、6月の最終日でしたが、来所された方には書き方スキル講座として今月のふりかえりを書いていただきました。

その文章の中から抜粋して掲載します。
など、ふりかえりのコメントを寄せてもらいました。
・猫カフェでは、参加者の方が多くて、会話したり猫と戯れること以外でも楽しむことができました。コミュニケーションスキル講座は、途中からの参加でしたが、主に薬との付き合い方について、話しました。
広報誌5年6月号3-1.jpg
・6月は、前半身内に不幸があり後半からの利用になりました。かふぇらてを利用することで講座での学びや利用者さんとの会話で生活するうえでの情報を得ることができるので助かっています。
・初めて音楽ライブに参加して、今回は雨に関した曲だったので皆さんのリクエストで沢山の歌を合唱して楽しみました。
・動画鑑賞で「メタモルフォーゼの縁側」を観ました。芦田愛菜と宮本信子の共演で、高校生とおばちゃんの友情物語でした。好きなことで共感できることのすばらしさを感じました。
・音楽ライブで新しい利用者さんとの出会いがあり、私が発症した20歳代の頃を思い出しました。親がそのころ40歳代だったことを考えたら若かったのだと思います。
7月プログラム1.jpg
【6月29日】生活機能訓練SST(地域生活の困りごと!) [2023年06月29日(Thu)]
今日のプログラムは、生活機能訓練SST(地域生活の困りごと)でした。
kazokusst.jpg
生活するうえでの困りごとを、お互いの経験を踏まえて話すことで、改善のヒントになったり、参考になるような話し合いを実施しています。

参加者にそれぞれ地域生活で困っている課題を出してもらい、参加者の方達で話し合うことをメインに実施しています。

今日は、利用者の来所がなかったので生活機能訓練SST講座は中止になりました。
利用者の皆さん、利用条件は達成されているので、今日は今までになくとんでもない暑い日であることから外出を控えられて過ごされているのでしょう。

通常、SSTでは、生活するうえで困ったことがあれば、その問題を提供してもらってみんなで話し合うことにしています。
SST8.png
SST講座は事業所や職場での人間関係や地域で生活するうえでの困りごとなどを話してもらって、参加者同士でお互い体験したことを踏まえて話し合いをすることで、色々と参考になる意見を聞くことによって困りごとの解決につなげています。

特に対人関係の問題では、自分の気持ちや考えをきちんと相手に伝えられることが必要です。うまく伝えられれば相手から良い反応が返ってきますし、そのような関係によって、人から認められたと思えるし、自信ができて毎日が楽しくなります。

人の欠点を指摘するよりも、長所を認め合い、お互いに知恵を出し合い、支えたり、助け合って、相手の良いところを伸ばしていくことが良好な人間関係を築くことになります。
SST14.png
【6月28日】みんなdeエクササイズ(運動を楽しく!) [2023年06月28日(Wed)]
今日のプログラムは、みんなdeエクササイズ(運動を楽しく)でした。
エクササイズB.png
あまり体を動かさない生活によって生活習慣病になる可能性があるのと、体を動かすことで身体の新陳代謝を促進して、気分転換を図ることになり、穏やかな心になるのを目的に実施しています。

今日は、講師が出張ということで、エクササイズは中止になりました。

通常、朝ストレッチ、ピラティスダイエット、こりをほぐすヨガ、というようにユーチューブで発信されている中から講師が選んでメニューを決められています。
朝ストレッチは、朝、目が覚めたら、ヨコになったまま行う運動で、続けると基礎代謝があがり、太りにくい身体になります。
ピラティスダイエットは、体幹を鍛えるポーズで、普段は使わない筋肉を刺激しました。
こりをほぐすヨガは、上半身のこりをほぐすポーズで、日頃の疲れをリセットするプログラムでした。
ストレス解消7.jpeg
毎日の生活の中で、身体を動かす習慣ができて健康が維持できるよう、いろんなプログラムを紹介されています。

今日は、訪問看護ステーション笑歩(しょうぶ)の統括マネージャーの迫田慎一氏(看護師)が来訪されたので情報交換をしました。
都城で訪問看護ステーションと就労継続B型事業所も開設していて宮崎市でもステーションを開所したいということで準備中だそうです。
話していて患者や利用者を人としてみて支援していきたいという意識を持っておられるとこに感心するし、その人をトータルに支援するための連携やスタッフの支援スキルを高める努力を日々やっていくことを目指しておられることを聞いて、そのようなステーションが増えることが望ましいと思っています。
大手のフランチャイズが増えるより利用者にとって地域密着の訪問看護ステーションの開設に賛同しています。
訪問看護2.png
【6月26日】ペーパークラフト(紙で作る世界!) [2023年06月26日(Mon)]
今日のプログラムは、ペーパークラフト(紙で作る世界)でした。
image_67.jpg
ペーパークラフトは、手先を使って紙を切ったり、貼ったりして自分の好きな世界を作り上げるために集中することを身につけるプログラムです。

季節に応じた素材など選んで制作することで、季節感を持ち続けることができ感性を失わないことにもなるのではないか、と実施しています。

今日は、今まで継続的に製作している七夕の素材を利用した作品を製作して、とうとう完成させて頂きました。

毎回季節に応じた素材を印刷しますので、その中から自分の好みの素材を選んだり、以前印刷した素材の中から選んで製作します。
image_6721.jpg
選んだ素材の細かな図柄をハサミでカットしたりして糊でつけていく作業で、集中力が求められる作業になりますが、得意・不得意なプログラムになりますので、得意な方には楽しんで制作してもらっています。

製作中は、手を動かしながら口は情報交換をしたりして生活するうえで助かる情報をお互い提供し合うペーパークラフトの時間になります。

不得意な方には、自主プログラムということで、好みのプログラムやスキルアップのプログラムを実施してもらいます。

<ペーパークラフトの効果>
ペーパークラフト自体、平面である紙から立体のオブジェを作る行為は空間認識を司る右脳に大きな刺激となりますし、作業手順の思案は論理的思考を司る左脳をフル活用する事となります。
指先での細かな作業は集中によって気分転換にもなります。
右脳左脳B.jpg
【6月25日】利用者全体会議(居心地のよい居場所作り!) [2023年06月25日(Sun)]
今日のプログラムは、利用者全体会議(居心地のよい居場所作り!)でした。
全体会議.jpeg
利用者全体会議は、かふぇらての目的である居心地のよい居場所として過ごすために利用者同士の問題及び改善すべきことはないか、などを話し合う会議です。

また、7月のプログラムに関して、利用者に検討と提案してもらうための話し合いでもあります。

いつもの通り、気分調べと近況を話してもらいました。
・ゲームのファイナルファンタジー16を買ったので、新たな挑戦のゲームに楽しく過ごすことが出来ています。
・靴屋に行って、雨の日でも履ける撥水効果のある靴を買うことが出来て気分よく雨でも履いて外出や仕事に行っています。
・ラーメン屋に行って豚骨ラーメンを頼んで、薄切りの乾燥ニンニクがサービスで提供されているのでいっぱい入れて食べました。
・ドンキに行って靴を探していたら気に入っているメーカーの靴が値下げされていたのを買うことが出来たのでよかった。
5年6月.jpg
その後、7月のプログラムに関して、日付順に講座名を確認してもらって、それぞれの講座に参加したことでの気づきなどを話してもらいました。

講座を利用することで、楽しかったり学びがあったり、また利用者の方と話したりすることで、色々な情報交換や意見交換ができることで気づきがあったり、気分転換になるという意見でした。

来月もスケジュール利用の予定を立て計画的に過ごして行くことで、生活の質(QOL)を高めることにつながるような利用をお願いしました。

会議終了後、皆で食事会のカレーを作って皆で美味しくいただきました。
支援者の方から胡瓜を提供してもらったのを昆布漬けにしていただきました。
image_67.jpg
【6月24日】音楽ライブ講座(歌って叩いて楽しむ!) [2023年06月24日(Sat)]
今日のプログラムは、音楽ライブ講座(歌って叩いて楽しむ!)でした。
image_6.JPG
プログラムの内容:
講師の県看護大助教の葛島慎吾氏に生のギターの弾き語りを実施してもらって、生の音楽に触れることと参加者の思い出の曲などをリクエストしてもらって一緒に歌ったりして、楽しく音楽の時間を過ごすという音楽ライブ講座です。

いつものように気分調べと近況を話してもらい、その後、音楽ライブ講座を開催しました。

今日は、講師が「雨の歌、ほか」というタイトルで、27曲選曲して冊子を作って提供して頂きました。
image_6716.jpg
講師がその月のキーワードで曲をセレクトして冊子を制作して頂いた曲の中から選んで、ソロだったりみんなで歌ったりして楽しんでいます。

講師のギターの演奏や歌を聴いたり、参加者に冊子の中からリクエストしてもらって、一緒に歌ったり、途中講師の語りがあったりするなかで、叩きものとして、タンバリンとカスタネットを準備して、曲によって叩いてリズムを取ったりしながら、楽しく笑い声のする音楽ライブ講座でした。

<音楽ライブの効果>
歌うことで感情や思いを形にして表現することにもなり、声を出すことで心にたまっていた思考や感情が発散されて、リフレッシュする効果が期待できます。
楽しく歌うことで脳内ホルモンの「エンドルフィン」が分泌され、エンドルフィンは「幸せホルモン」とも呼ばれており、精神安定や幸福感に効果があります。
image_50.jpg
【6月23日】ピアサポートガイド(お互いが支えるスキル!) [2023年06月23日(Fri)]
今日のプログラムは、ピアサポートガイド(お互いが支えるスキル)でした。
ピアサポートガイド.jpg
かふぇらてのコンセプトである、ピア(仲間)としてお互いに支え合うことができる関係を築いてもらうことが地域生活するうえで重要な課題だと考えています。

参加者にガイドブックの目次を見て、どの項目がよいか選んでもらって読みながら体験を踏まえて話し合いながら進めています。

今日は、「自分自身を大切にすることと他者を大切にすることの葛藤(バウンダリー)」のページを選んで進めました。

■バウンダリーとは、『私』と『他者』の境界のことで、お互いの境界を尊重し、守るものでもあります。 しかし、その境界はとても曖昧で、人とともに生きていく上では、「相手を大切にすること」と「私を大切にすること」の 両方を尊重したいけれども、その間には葛藤が生じるものです。 特に、人にかかわることを仕事とする対人援助職は、ときにどこまでかかわるべきなのか、踏み込むべきなのかに悩む ことがあります。
22493663.jpg
■バウンダリーのいろいろ
● 身体の境界 : 疲れたら休む。 ● 感情の境界 : 相手の感情に無理に合わせない。 ● 責任の境界 : 他人の追うべき責任まで引き受けない。 ● 時間の境界 : 時間の使い道は自分で決める。 ● お金の境界 : お金の使い道は自分で決める。 ● 性的な境界 : 自分の性を自分自身で守る。

■ 安心して「わかりあう」ために
自分の体調、自分のできる限界、仕事としての範囲、これら の境界線(バウンダリー)をしっかり形成し、守ることが、継続 してよいかかわりをもち、よい支援を続けるコツになります。

■ よい関係を継続するための「上手な断り方」
人とかかわっていくときには常につきまとう課題です。断りたいと思うときにきちんと断ることができることは、自分の バウンダリー(自分の境界や限界)を守り、自分を大切にすることにつながります。
image_67212.jpg
【6月22日】メンタルヘルスマネジメント講座(心の健康を管理する!) [2023年06月22日(Thu)]
今日のプログラムは、メンタルヘルスマネジメント講座(心の健康を管理する!)でした。
メンタルヘルス.jpeg
県立看護大の川村教授に「メンタルヘルスマネジメント講座」を実施して頂いています。

メンタルヘルスは、「心の健康」を意味していて、世界保健機関では「自身の可能性を認識し、日常のストレスに対処でき、生産的かつ有益な仕事ができ、コミュニティに貢献できる健康な状態」と定義されています。

日常生活や仕事するうえで心の健康を安定した状態で維持するには、如何にストレスや悩みといったメンタルをマネージメントできるか、講座として実施して頂くことになりました。

今日は、先日の県立看護大の学園祭のふりかえりをしていただきました。 

学園祭は色々な催しを生徒が企画して実施しますが、その催しの中にメンタルケアにつながる催しを紹介して頂きました。
21.jpg
献血車が来ていましたが、コロナ禍で献血者が少なっていることで血液が少なくなっていることもありますが、献血することで人助けに貢献しているということは社会貢献しているということになるので自分に対して自信や自己肯定感を持つことにつながるので、メンタルヘルスにも効果があるということでした。

また、茶の湯を提供して、お茶の主な栄養成分はカテキン、テアニン、ビタミンC・E、ベータカロチン、食物繊維などの成分が含まれ、特にテアニンは現代人の睡眠の悩みやストレスの改善に有効で、最近では、うつやPTSDなどの精神的な症状、認知症に効果的であることも明らかになってきました。
41.jpg
【6月21日】COLORING講座(色で作る世界!) [2023年06月21日(Wed)]
今日のプログラムは、COLORING講座(色で作る世界)でした。
カラーリング.jpg
COLORING講座は、自分の好きな色鉛筆を使って色の世界を作り上げるプログラムです。

その日の心理的な面から使う色に注視することで、その人の状態をお互い理解することになるし、好みの色を塗ることに集中することで気分転換になったりするので、色を使った交流をしています。

今日は、利用者の方が来所されましたが、COLORINGは苦手ということで自主プログラムになりました。

通常は、色々な素材を印刷した中から好みのものを選び、好みの色を塗ることで、その人の感性を画面に表してもらいます。
2-3.jpg
世界で一つだけの色の創造の世界を制作することをメインに気軽に楽しくCOLORINGをやっています。

楽しく手を動かしながら色鉛筆で好みの色を塗り、口を動かしながら色々な話題を話して、情報交換したりして過ごせるCOLORING講座です。

<COLORINGの効果>
実際に手を動かして塗る作業は、脳全体を活性化させるそうです。
塗ることに集中していると、雑念が吹き飛び無心になりストレスから解放されることから、ストレス解消の効果があり、自然と呼吸が整って自律神経のバランスを整える効果もあるそうです。
自律神経4B.jpg
【6月19日】地域散策(地域に何があるの!) [2023年06月19日(Mon)]
今日のプログラムは、地域散策(地域に何があるの!)でした。
1地域散策.png
かふぇらてのある地域には、大淀川、橘橋、橘公園、ホテルなどがありますが、日頃散策して地域のよさを実感することはないので、散策を通して風景から受けるよさを実感してもらうことができればと企画しました。

今日は、晴れ晴れとして暑い天気だったのでうが、利用者の方が行きたいということだったので地域散策を実施しました。

かふぇらてから橘公園に出て河川敷に降りて北上して橘橋の下をくぐり市役所の駐車場を過ぎて天満橋をくぐり大淀川市民緑地のせせらぎ水路まで行き涼しい水のせせらぎを感じてきました。
IMG_5393.jpg
行きも帰りも広い大淀川を目にしながら気分良く歩くことが出来てとても楽しい散策になりました。
今日は、8,000歩ほどを記録しました。

<散策の効果>
太陽の光を浴びると、体内でセロトニンの分泌が促されます。セロトニンは幸せホルモンと呼ばれ、ストレスに対して効能のある脳内神経物質のひとつで、精神の安定にも関わるとされており、気分も前向きになります。
さらに散歩は不眠にも効果があります。散歩をすることで程よい疲れが残り、夜になると自然に睡眠に入れるようになるのです。
散策1.jpg
| 次へ