CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

南国の陽気な風:地域活動支援センターかふぇらて

南国宮崎から精神障がい当事者が地域で自分の持っている特性を活かすことを、お互いサポートしたり、支え合うことを、日々実践する居場所としての地域活動支援センター「かふぇらて」から発信するブログ


【11月19日】ピアサポートガイド(お互いが支えるスキル!) [2020年11月19日(Thu)]
午後のプログラムは、ピアサポートガイド(お互いが支えるス
キル)でした。

ピア.jpg

かふぇらてのコンセプトである、ピア(仲間)としてお互いに
支え合うことができる関係を築いてもらうことが地域生活する
うえで重要な課題だと考えています。
参加者にガイドブックの目次を見て、どの項目がよいか選んで
もらって読みながら体験を踏まえて進めています。

今日は、「自分自身の病気や薬について理解する」という項目
で、まず自分自身の病気や薬について理解しておくことは、リ
カバリーの要素の一つなので、自分自身の病気や薬について、
チェックしてもらいました。

advice09_01.jpg

ということで、服薬についてのテスト用紙(服薬自己管理モジ
ュール)があったので、参加者に20項目の質問に○☓で答えて
もらいました。

自分の経験を通して、薬を止めたことで再発したことや薬の副
作用があったことを話してもらって、どのように改善したかを
話してもらいました。

服薬についてのテスト_page-0001.jpg

自分自身の病気や薬をチェックするうえで、以下の5項目が記載
されています。
● 病名告知を受けているか、正しい疾患の知識は得ているのか。
● 自分で服薬している薬の知識は十分であるか。
● 自分が服薬している薬の効果を信じているのか。
● 自分が服薬している薬の安全性を知っているのか(副作用も
含む)。
● 自分でも薬を選択する権利があることを知っているのか。

ピア4.jpg

<ピアサポートの効果>
自らも障害や疾病等の経験をもち、それらの経験を活かしなが
ら、仲間(ピア)のために支援やサービスを提供する者を広く
「ピアサポーター」という言葉で表しています。これまでにな
い困難に直面したり、先行きの見えない不安の中で立ちすくん
でしまいそうな時、自分と同じような立場で共に歩める仲間
(ピア)の存在は、一歩を踏み出す大きな力にもなります。
特に、障害や疾患に伴う苦悩・葛藤等は、そうした経験のない
人とは共有しづらい部分もあり、時に、偏見や先入観を持たれ
たり、誤解されてしまうことも多いかもしれません。そのよう
な中で、同じような経験をもち、共に歩める仲間でもあるピア
サポーターの存在は、不安や苦悩の中にある人にとっての精神
的な支えとなり、先行きの見えない不安の中での一つのモデル
や道しるべともなることも期待されます。

【11月18日】みんなdeエクササイズ(運動を楽しく!) [2020年11月18日(Wed)]
午後のプログラムは、みんなdeエクササイズ(運動を楽しく)
でした。

エクササイズ.png

あまり体を動かさない生活によって生活習慣病になる可能性が
あるのと、体を動かすことで身体の新陳代謝を促進して、気分
転換を図ることになり、穏やかな心になるのを目的に実施して
います。

今日は、痩せるストレッチ、スロー腹筋、痩せるダンス、ヨガ
でした。

IMG_20201118_150723.jpg
それぞれのプログラムを自分の状態に応じて実施して進めてい
きました。
見学を希望された方も、身体を動かしながら、ほとんどのプロ
グラムに参加していました。
ひとりでは始められないエクササイズも、みんなですると続け
られます。
無理のない範囲で参加して、最後は、ヨガマットの上で横にな
って身体を伸ばして、気持ちよくなりました。

IMG_20201118_150329.jpg

<エクササイズの効果>
脳科学者のウェンディ・スズキ(Wendy Suzuki)氏は今年の
初めに「運動はストレス軽減、集中力、生産性、記憶力向上に
加え、創造性を向上させる効果もあるようです」とQuartzで述
べた。
運動は新しいアイデアを生み出す効果があるらしく、考え事を
する時に運動する研究者も多い。
多くの人は小説を書いたり、作曲をしたり、絵を描いたりする
ことで創造力を豊かにしようとするが、それは簡単なことでは
ない。
しかしながら、スズキ氏によれば、運動がもたらす脳の変化は、
記憶力を向上させる要因であり、同様に想像力も向上させる可
能性があるという。

利用者の方が、ハンドメイドで使うリースを提供してくれまし
た。
早速、明後日のハンドメイド講座で利用してもらうよう講師の
方に連絡しました。

IMG_20201118_133542_BURST001_COVER.jpg
【11月16日】ペーパークラフト(紙で作る世界!) [2020年11月16日(Mon)]
午後のプログラムは、ペーパークラフト(紙で作る世界)で
した。

ペーパークラフト.png

ペーパークラフトは、手先を使って紙を切ったり、貼ったりし
て自分の好きな世界を作り上げるために集中することを身につ
けるプログラムです。
季節に応じた素材など選んで制作することで、季節感を持ち続
けることができ感性を失わないことにもなるのではないか、と
実施しています。

今日は、季節に応じたペーパークラフトの中からクリスマスに
関するカードを印刷しました。

IMG_20201116_155424.jpg

日本のクリスマスの歴史は、1549年(天文18年)にフランシ
スコ・ザビエルが日本に上陸しているため、その年からクリス
マスが祝われたと考えられます。
記録に残る日本最初のクリスマスは、1552年(天文21年)に
現在の山口県山口市でカトリック教会の宣教師が行った降誕祭
のミサです。
第二次世界大戦中は影を潜めましたが、戦後すぐに復活し、全
国の一般家庭でクリスマスが祝われるようになって、現在に至
るという経緯です。

IMG_20201116_141235.jpg

今日は、ペーパークラフトが苦手な方の参加だったので、自主
プログラムなど実施してもらうなかで、気晴らしに人生ゲーム
をして息抜きをしました。

<ペーパークラフトの効果>
ペーパークラフト自体、平面である紙から立体のオブジェを作
る行為は空間認識を司る右脳に大きな刺激となりますし、作業
手順の思案は論理的思考を司る左脳をフル活用する事となりま
す。指先での細かな作業は集中による適度な緊張感を精神に与
えますし、逆にそれが日常の雑事から開放してくれる気分転換
ともなります。

IMG_20201116_153418.jpg

夕方、新しく開所された訪問看護ステーションCalm(カーム)
のスタッフの方が来所され、利用者の方が日中利用できる居場
所はないのかという事で、かふぇらての利用について聞きに来
られたので、リーフレットと広報誌で説明させてもらいました。
また、訪問看護ステーションCalm(カーム)の内容なども聞い
て、リーフレットを預かりました。
【11月15日】施設外活動(カラオケでの交流!) [2020年11月15日(Sun)]
午後のプログラムは、施設外活動(カラオケでの交流)でした。

施設外活動の目的は、地域生活するうえで生活機能を少しでも
回復することと、生活を楽しむことで、積極的に試みるきっか
けになればよいと実施しています。

カラオケ.png

カラオケ活動によって、好きな歌を歌って気分転換したり、利
用者同士の交流で嗜好や理解を深める機会になり、人間関係の
良好なあり方として、お互いが配慮したり、対応できる関係を
作って、施設外活動でのふれあい交流を活かしています。

karaoke_saiten.png

今日は、県外でのコロナ感染者が増えてきているので、感染予
防に注意してカラオケボックスを利用しました。
店側も感染予防(テーブルや椅子・マイクなどの除菌、横並び
の椅子)に注意した利用貸し出しをしてもらい、利用する側も
感染予防(体温を測り、マスク着用、間隔を開けて座り、向か
い合わせに歌わない)に注意しながら利用しました。

それぞれ好きな曲を選択して歌うことで気分転換することと参
加者の好みを知ることになりました。
歌ったら上手い下手は関係なく拍手で讃えて、歌を通じてみん
なで楽しい時間を過ごすことが目的になっています。

カラオケ2.jpg

<カラオケの効果>
カラオケで歌を歌う時、モニター画面の歌詞を見ながら歌う人
が多いと思います。実はこの行為、脳をバランスよく鍛えて活
性化させることに一役買っているのです。
メロディーを聞くことや楽器を演奏することに関わる音楽中枢
は右脳にあり、モニターを見て歌詞を追う言語中枢は多くの人
が左脳にあります。歌詞を追いながら歌を歌うことで、左右の
脳をバランスよく使うため脳を活性化させてくれます。
さらにカラオケで歌う場合、メロディーから外れず上手に歌お
うとすることで、より脳を活性化できるというわけです。

カラオケは、普段の疲れを解消する心や体のクリーニングと心
得て、あくまでも健康維持や増進、ストレス解消の効果を狙う
目的で楽しんでいます。

カラオケ効果.jpg
【11月14日】栄養講座(脳に効果のある栄養!) [2020年11月14日(Sat)]
午後のプログラムは、栄養講座(脳に効果のある栄養)でした。

県立看護大の川村准教授のライフワークである食事の栄養素が
脳に働きかける効能を講座として実施しています。
精神疾患の原因は、脳の働きが通常とは違う働きをしているこ
とが疾患の原因であるのであれば、脳の働きを正常に回復させ
るのに服薬以外の方法として栄養学での試みも可能なのではな
いかということで講座を実施してもらうことになりました。

IMG_20201114_142945.jpg

今日は、タバコと食事とメンタルヘルスというテーマでした。
調査によると、禁煙に成功した人たちは失敗した人たちに比べ
て、不安障害が37%、うつが25%、ストレスが27%それぞれ
低下し、生活の質が向上し積極的になったと感じる人が22%増
えるという結果がでています。
禁煙することがメンタルヘルスに明らかに良い影響をもたらす
ことが分かります。

IMG_20201114_143010.jpg

ただし、どうしても禁煙できない方には、タバコのニコチンな
ど有害物質によって身体が酸化するので、酸化を防ぐ栄養素と
して、βカロチン、ビタミンC、ビタミンEを含んだ食材を食べ
ることを勧められました。

IMG_20201114_143022.jpg

βカロチンは、緑黄色野菜に豊富に含まれていて、おすすめ食
材は小松菜、春菊、ブロッコリー。
ビタミンCは、新鮮な緑黄色野菜や果物に豊富に含まれていて、
おすすめ食材は赤ピーマン、ブロッコリー、じゃがいも、アセ
ロラ。
ビタミンEは、アーモンドやひまわりの種などナッツ類に豊富
に含まれていて、おすすめ食材はうなぎ、ツナ缶、モロヘイヤ、
アーモンド。

IMG_20201114_143121.jpg

タバコがもたらすメンタルへの悪影響を知ることができました
が、どうしても禁煙できない方には、食事によって欠如する栄
養素を補うことが大事という内容でした。

利用者の方が、飲み物を提供してくれました。
【11月13日】生活機能訓練SST(地域生活の困りごと!) [2020年11月13日(Fri)]
午後のプログラムは、生活機能訓練SST(地域生活の困りごと)
でした。

challenge-summary.png

生活するうえでの困りごとを、お互いの経験を踏まえて話すこ
とで、改善のヒントになったり、参考になるような話し合いを
実施しています。
参加者にそれぞれ地域生活で困っていることを出してもらい参
加者の方達で話し合うことにしています。
今日は、利用者の参加がなかったのでSSTは中止になりました。

top__picture_sp.png

SSTに関して正式には、以下のような解決方法があるそうです。
「基本訓練モデル」では、主に対人的コミュニケーションが円
滑に行えるように、相手の話を理解し、どのように反応すれば
よいのかを判断処理し、自分の考えを正確に相手に伝える訓練
をする。
「問題解決技能訓練モデル」では、思い込みやこだわりが激し
いために問題解決の選択肢が狭まりがちな場合に、考え方やも
のの見方を広げて最適な選択肢を導き出せるよう訓練する。
「モジュール」では「服薬自己管理モジュール」「症状自己管
理モジュール」など個別の課題学習があり、必要に応じて学習
する。

SST10.jpg

地域生活するにあたっての困りごとを聞くと、地域で生活がで
きるのか、就労できるのか、生活費の問題、家族・友人・上司
との関係、訪問販売の断り方や契約の問題、近隣トラブルの問
題、金銭管理、体調管理、病院受診及び服薬の問題、主治医と
の関係など、生活上起こりえる様々な困りごとがあげられます。

このような困りごとに対してSSTにおいては、困っている問題
を明確にして、それぞれに応じたモデルによって問題解決に向
かった訓練をする方法だそうです。

SST8.png
【11月12日】脳トレ講座(脳を活性化しよう!) [2020年11月12日(Thu)]
午後のプログラムは、脳トレ講座(脳を活性化しよう)でした。

脳トレ.jpg

精神疾患及び障害を持つことで、入院や薬や引きこもったりす
ることで、会話がなくなり、脳の認知機能が衰えてくるので、
その不全を防ぐために脳を刺激するクロスワードなどのパズル
によって、刺激を与え、心身の活性化につながればとプログラ
ムに取り入れました。

IMG_20201112_175948.jpg

今日は、脳トレの教材の中から好きな教材を選んでもらい、問
題を考えることで認知機能の維持及びアップにつながるのと集
中することでストレス解消にもなるということで、実施しても
らいました。

IMG_20201112_175932.jpg

脳トレが不得意な方には、自分の好きな自主プログラムを実施
してもらいました。

利用者の方で、入院して退院したけどなかなか体調がすぐれず
来れなかったけど、今日来所された方がいました。
徐々に調子を戻していくために利用することを勧めました。

<脳トレの効果>  
研究でも脳トレが認知機能の衰えの予防や進行抑制になるとい
うことが証明されており、手軽に楽しく取り組めるということ
から注目されています。

detail1_0213e812-8087-4501-9d11-ebf55fcc1977.jpg

認知機能が低下する要因の一つに「脳内の血流悪化」がありま
す。それは血流の流れを促進することができれば、認知機能の
低下が防ぐ効果があるということです。
そのためにも、脳トレで頭を使うことは理にかなっています。
脳トレに取り組む際は正解することにプレッシャーを感じず、
頭を使って問題に取り組むということを重視しておきましょう。
【11月11日】COLORING講座(色で作る世界!) [2020年11月11日(Wed)]
午後のプログラムは、COLORING講座(色で作る世界)で
した。

カラーリング.jpg

COLORING講座は、自分の好きな色鉛筆を使って色の世界を作
り上げるプログラムです。
その日の心理的な面から使う色に注視することで、その人の状
態をお互い理解することになるし、好みの色を塗ることに集中
することで気分転換になったりするので、色を使った交流をし
ています。

IMG_20201111_154607.jpg

今日は、秋に相応しい紅葉やコスモスのある風景の素材を印刷
して、その中から選んでCOLORINGを実施しました。
色々な素材の中から好みのものを選び、好みの色を塗ってもう
ことで、その人の感性を画面に表してもらいました。 

世界で一つだけの色の創造の世界を制作することをメインに気
軽に楽しくCOLORINGをやっています。
楽しく手を動かしながら色鉛筆で好みの色を塗り、口を動かし
ながら色々な話題を話して、情報交換したりして過ごせるCOL
ORING講座でした。

IMG_20201111_154704.jpg

<COLORINGの効果>
COLORINGは、色を塗っている間ひとつのことに集中するため
で、自然と呼吸のリズムが整い、自律神経のバランスが整いや
すくなることが期待できる点だといえるでしょう。
COLORINGを始めるとわかるように、すぐに集中して自分の世
界に入ります。この間は、余計な不安や雑念がなくなりストレ
スから解放される素敵な時間です。塗り絵はカラフルな色を使
うので、無意識にカラーセラピーをしている意味もあります。
色はその時の心境を表すもので、それぞれの色には癒し効果、
興奮効果など色々。塗り絵でストレスを発散するために、自分
の心の中で求める色が自然と選ばれているのかもしれません。

IMG_20201111_154424.jpg
【11月9日】音楽鑑賞(音楽を聴いて交流!) [2020年11月09日(Mon)]
午後のプログラムは、音楽鑑賞(音楽を聴いて交流)でした。

音楽鑑賞.png

好きな音楽を紹介して、なぜ好きなのか、好きになった経緯な
どを話して交流するプログラムです。
それぞれが選んだ曲に対して、選んだきっかけや思い出などを
話してもらうことで、その人の人柄や好みなどが理解できて、
お互いを理解することのできる音楽交流になっています。

今日は、世界の終わり、フィフスアヴニューバンド、野口五郎、
ピチカート・ファイブ、竈門炭次郎のうた、ジミーヘンドリッ
クス、リサ、サザンオールスターズ、山下達郎、ビートルズ、
アクアタイムズ、などの曲を選んで聞きました。

image_6487327 (2).JPG

参加者それぞれが選んだ思い出の曲が、聞き覚えのある曲だっ
たり、初めて聞く曲だったり、楽しく聞いて、曲やミュージシ
ャンの好みなどを知ることになりました。
それぞれに思い出の曲としてのきっかけを聞くことで改めて知
ることにもなりました。

image_6487327 (1).JPG

<音楽鑑賞の効果>
音楽を聴いた人は、「精神の張りつめが緩んだ」「不安感が薄
れた」「疲れが軽減した」と答える割合が多かったのです。
また、「勢力がみなぎってきた」「生き生きしてきた」などの
ような、プラスの変化がみられた人も多かったという統計が出
ています。
反対に、マイナスの反応である「かっとしやすい」「不機嫌で
ある」「落ち着かない」などのようなマイナスの感情を持つ人
は大きく減少しました。
特に、「精神の張りつめが軽減した」「怒りの感情が軽減した」
「生き生きとした気持ちになった」は、音楽使用群は音楽未使
用群に比べて2〜5倍もその結果が高かったとされています。

音楽鑑賞1.jpg
【11月8日】パソコン講座(初心者向け!) [2020年11月08日(Sun)]
午後のプログラムは、パソコン講座(初心者向け)でした。

Inkedパソコン1_LI.jpg

パソコンを通じて世界とつながるという時代に精神障害者であ
ろうが、その恩恵を受けて自分の可能性を開花させていくこと
をサポートするためのパソコン講座を毎月1回開催することに
なりました。

今日は、「今年こそは年賀状をパソコンで作ろう」ということ
で、まず、日本郵便が提供しているアプリ「はがきデザインキ
ット2021」をインストールします。

MZ_かふぇらて20201108.key_page-0002.jpg

アプリを起動して、年賀はがきの縦・横を選び、裏面のデザイ
ンをしますが、テンプレートがあるので、その中から好みのデ
ザインを選んで構成し、文字も選んで貼り付けます。
裏面ができたら、宛名面の編集をします。

住所録が編集してあれば印刷する方の住所にチェックを入れて、
プレビューボタンを押し画面を見ながらレイアウトを確認して
修正するという流れになります。
問題なければ、印刷して出来上がりを確認して、再度、裏面・
宛名面のデザインなどの訂正や修正があれば直して、最終出来
上がりになります。

MZ_かふぇらて20201108.key_page-0005.jpg

今日は、参加者が一人だったのでワンツーマンで、じっくり教
えてもらうことになり、印刷までやって、来年の年賀状の出来
上がりを確認することができました。

image_6487327.JPG

パソコンを利用することのメリットは、知りたい、学びたいこ
とを直ぐ検索して情報を得ることができます。何事も学んで知
識を身につけることで、おのずとそのジャンルに対する視野も
広がるものです。
つまり、自分が知りたかった知識を身につけることで、その知
識を通してそれまでは気づかなかった新しい発見をすることが
できるわけです。