CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

南国の陽気な風:地域活動支援センターかふぇらて

南国宮崎から精神障がい当事者が地域で自分の持っている特性を活かすことを、お互いサポートしたり、支え合うことを、日々実践する居場所としての地域活動支援センター「かふぇらて」から発信するブログ


【11月27日】スクラッチアート(大人の本格的な絵画!) [2020年11月27日(Fri)]
午後のプログラムは、スクラッチアート(大人の本格的な絵画)
でした。

スクラッチアートは、誰でもなぞって削るだけでカラフルな美
しい絵を描くことができ、無心で削って描くかわいい模様や動
物の絵に心がやすらぎ癒されるスクラッチアートです。
作品を制作している時は、日頃の悩みやストレスを忘れるぐら
い集中してしまうので、気分転換には効果的なプログラムです。

スクラッチアート.jpg

いつものように参加者には、気分調べと近況を話してもらいま
した。
日々の中での人間関係を如何に円満にやっていくか、目的を達
成するにはどのようなスケジュールと何のために達成するのか、
ということをしっかり理解して思いを持ち続けることが、願い
をかなえる最大の要因だという事でした。

IMG_20201127_150020.jpg

今日は、スクラッチアートのシートの入ったセットから好みの
ものを選んで実施してもらいました。
カラフルなシートではなく金一色のシートを選ばれて、集中し
ながら楽しまれて完成させられました。

<スクラッチアートの効果>
スクラッチアートに集中することで、ほかのことを考えず、
雑念も捨てられることで、リラックス効果や心理的なトラウマ、
ストレスからの解放、脳を活発にすることができます。

生活していると、適度なストレスならばいいですが、過剰なス
トレスを感じることも多いです。そんな時スクラッチアートに
集中していると、無心になれます。それは瞑想しているのと同
じような状態です。無意識に自然と呼吸が整って、自律神経の
バランスを整える効果があります。

IMG_20201127_143751.jpg

スクラッチアートは自律神経を整える効果、ストレス発散効果
があります。
仕事でストレスを抱えている人こそ、短時間でできる趣味をす
ることで、心のバランスがとれます。
・スクラッチアートは自律神経を整える効果がある。
・アートセラピーとして癒し効果がある。
・交感神経と副交感神経はバランスが大切。
・リラックス効果で、ストレス発散になる。
【11月26日】クロスロードゲーム(違いを認め合う!) [2020年11月26日(Thu)]
午後のプログラムは、クロスロードゲーム(違いを認め合う)
でした。

クロスロード2.jpg

身近な問題をクイズ形式にして、答えをイエスかノーか、とい
う2択にして、それぞれが選んだ意見を言って、違いを知ると
いうゲームです。
自分の考えを伝えるということが大事だし、他の参加者の意見
も聞いて自分の意見の修正など参考になる意見を聞くことがで
きることが、参加者には好評なプログラムになっています。

今日は、午後のプログラムの時間に参加者がおられなくて、
夕方から参加されたので、クロスロードゲームは中止になりま
した。

クロスロード.png

<クロスロードゲームの成り立ち>
クロスロードゲームは、震災など緊急時における課題を即座に
解決するための意思決定を日頃から訓練しておくことによって、
いざというときに即座に対応できることを訓練するゲームです。
現在、震災などに限定せず、私たちの身近な食の安全や感染症
など、危機管理を必要とする課題に対して有効であることが実
証されてきていることから、様々なクロスロードゲームが開発
されてきました。

クロスロード2.jpg

最近では、その発生が懸念されている新型コロナウイルスの企
業向けセミナーでも、このクロスロードゲームが行われ、「保
健所長だったらどうするか」、「お店の経営者だったらどうす
るか」など、様々な立場で求められる対応のあり方に参加者は
追体験を通して実感できることができます。

参加者は、コーヒーや紅茶を飲みながら、リラックスした雰囲
気でゲームに参加し、「課題をイメージする」という重要なこ
とを、このゲームを通じて楽しみながら実践することで実際の
対応を追体験することになります。
【11月25日】COLORING講座(色で作る世界!) [2020年11月25日(Wed)]
午後のプログラムは、COLORING講座(色で作る世界)でし
た。

COLORING講座は、自分の好きな色鉛筆を使って色の世界を
作り上げるプログラムです。
その日の心理的な面から使う色に注視することで、その人の状
態をお互い理解することになるし、好みの色を塗ることに集中
することで気分転換になったりするので、色を使った交流をし
ています。

IMG_20201125_153723.jpg

今日は、クリスマスに相応しい素材を選んで印刷しました。
素材の中から好みの素材を選び、好みの色を塗ってもうことで、
その人の感性を画面に表してもらいました。 
世界で一つだけの色の創造の世界を制作することをメインに気
軽に楽しくCOLORINGをやっています。

IMG_20201125_153802.jpg

楽しく手を動かしながら色鉛筆で好みの 色を塗り、口を動か
しながら色々な話題を話して、情報交換したりして過ごせる
COLORING講座でした。

クリスマスに関して、街では早いところは11月上旬からクリス
マスツリーが飾られ、クリスマスセール等が行われ、店内には
クリスマスソングが流れ、洋菓子店ではクリスマスケーキが販
売されます。宮崎市の橘通りでは街路樹にLED照明が飾り付け
られてクリスマスを盛り上げています。

IMG_20201125_153705.jpg

<COLORINGの効果>
塗り絵の図柄を見ると脳はどんな図柄だろうと考えたり、自分
の過去の記憶にあるものと形や色などを照合してみたり、どこ
から塗ろうか、何色で塗ろうかと考えます。
そして実際に手を動かして塗る作業は、後頭葉・側頭葉・頭頂
葉・前頭葉の脳全体を活性化させるそうです。
塗ることに集中していると、雑念が吹き飛び無心になりストレ
スから解放されることから、ストレス解消の効果があるそうで
す。
塗ることに集中していると無心になり、瞑想しているのと同じ
ような状態になることから、自然と呼吸が整って自律神経のバ
ランスを整える効果があるそうです。

IMG_20201125_134658.jpg
【11月23日】地域散策(地域に何があるの!) [2020年11月23日(Mon)]
午後のプログラムは、地域散策(地域に何があるの!)でした。

かふぇらてのある地域には、大淀川、橘橋、橘公園、ホテルな
どがありますが、日頃散策して地域のよさを実感することはな
いので、散策を通して風景から受けるよさを実感してもらうこ
とができればと企画しました。

publicdomainq-0001253ghverg.png

今日は、かふぇらてから旭通りに出て、右折して瀬頭交差点を
左折して老松通りを直進してリニューアルした宮崎駅や新しく
できたアミュプラザのうみ館・やま館にまず行きました。
新規オープンの店を見学してからあみーろーどでイベントをや
っていたので見ながら若草通りを過ぎて元ボンベルタ橘が新し
くMEGAドン・キホーテ宮崎としてオープンしたので行ってき
ました。
IMG_4187.jpg

地下の食品館などを見てから橘通りを1丁目に向って進んで帰っ
てきました。
オープンした施設ばかりなので来場者が多いなか、宮崎もコロ
ナ感染者が増えてきているので知らない方との接触を極力注意
して散策を楽しんできてもらいました。
今日の万歩計は8000歩を示していました。

IMG_3875.JPG

「歩く」という行為は、人間の基本動作であるだけではなく、
健康増進・維持など健康面への効果、気分転換など精神面への
効果、といった多様な局面に対して効果・効用をもたらします。
@体内時計を整えられる
A無理なく筋肉量を増やして免疫力を高められる
B不眠症や精神的不調の改善
C脳が活性化する
D加齢による認知力低下のスピードを緩和できる
Eダイエットにも効果がある

散策1.jpg
【11月22日】利用者全体会議(居心地のよい居場所づくり!) [2020年11月22日(Sun)]
午後のプログラムは、利用者全体会議でした。

利用者全体会議は、かふぇらての目的である居心地のよい居場
所として過ごすために利用者同士の問題及び改善すべきことは
ないか、などを話し合う会議です。
また、12月のプログラムに関して、利用者に検討と提案しても
らうための話し合いでもあります。

話合い1.png

いつもの通り、今日の気分調べと近況を話してもらいました。
昨日からプロ野球の日本シリーズが始まり巨人ファンとして楽
しみにテレビ観戦をしているけど、昨日は負けたので残念だっ
た。
今日、自転車で出かけようとしたらパンクしていたので修理し
てもらうために自転車屋に行ったら休みだったので、今日はバ
スでの移動になった。

2年12月プログラム_page-0001.jpg

その後、12月のプログラムに関して、日付順に講座名を確認し
てもらって、それぞれの講座に参加したことでの気づきなど話
してもらいました。
パソコン講座で、年賀状を制作できたことで印刷するのが楽し
み。法律講座で、具体的なトラブルについて聞いたのでよかっ
た。カラオケは、気分転換になるのでとても楽しみにしている。
SSTで、服薬に関する自己管理のテストによって、より服薬に
ついて理解を深められた。
などの気づきでした。

来月は、12月という年度末になることで、色々と慌ただしい日
々になりますし、ここにきてコロナの感染者が宮崎も増えてき
ていることもあり、なるだけ体調管理には気を付けて、自分の
リズムを維持しながら過ごすことをお願いしました。

illust3428.png

<会議の目的を理解しておく>
テーマや目的を明確にしないまま会議を進めると、参加者はど
のような意見を求められているのかわからないため、当然発言
しづらくなってしまいます。すると話が違う方向に脱線したり、
結局は何について話し合っているのかわからなくなってしまい
がちで、何も決まらないまま無駄に時間だけが過ぎていく羽目
に陥ります。
きちんと道筋を立てて進めていけば、会議は短時間でも実のあ
る内容となることも少なくありません。

01f0accab0be68310b8edcf2b4172c9f.png
【11月21日】法律講座(自分を守るための法律講座!) [2020年11月21日(Sat)]
午後のプログラムは、自分を守るための法律講座でした。

社会生活での色々な問題も法律を知らないことで、泣き寝入り
することになったり、被害者なのに加害者的な立場になったり
ということを避けるためにも法律をしっかり理解することが自
分の権利を守ることにつながるし、トラブルに巻き込まれない
ための最大の予防的な効果があると考えてプログラムに取り入
れました。

IMG_20201121_153122.jpg

今日は、「刑事弁護活動について」と「冤罪をなくすために」
というテーマで実施されました。
刑事弁護人の役割は、
・冤(えん)罪を防ぐ。動機や原因や反省の気持ちをきちんと
裁判所に伝える。
・被疑者や被告人の 、人権保障 、手続保障 、更生の手助け
(入口支援・出所後支援)

弁護人依頼権は憲法上の権利
・刑事被告人は、いかなる場合にも、資格を有する弁護人を依
頼することができる。 被告人が自らこれを依頼することができ
ないときは、国でこれを附する。(国選弁護人)

IMG_20201121_150400.jpg

冤罪をなくすためには、
・被告人が有罪か無罪か分からなくなったときは、無罪判決に
しなければなりません。なぜなら、罪のない人(無辜)を処罰
するほど悲惨な人権侵害はないからです。被告人が罪を犯した
ことは「間違いない」と確信できなければ、有罪としてはなら
ないのが刑事裁判の最も重要な原則なのです。
・多くの諸外国では、取調べの録画や弁護人の立会いによって、
取調べが可視化されています。

講座終了後に、参加者から金銭トラブル、相続に関することな
ど現実的な問題の質問があり、法律的にどのように対処したら
よいか聞かれていました。

kotowaza-1.jpg
【11月20日】ハンドメイド(リサイクル素材で小物づくり!) [2020年11月20日(Fri)]
午後のプログラムは、ハンドメイド(リサイクル素材で小物づ
くり)でした。

ハンドメイド.jpg

リサイクル布を利用してオリジナルの小物を作ったり、バック
やポーチを作るのを教えてもらったりしながらハンドメイドの
プログラムを実施しています。

IMG_20201120_153931.jpg

今日は、毎年作っているクリスマスリースを制作しました。
クリスマスシーズンに、お部屋や玄関を彩るインテリアとして
欠かせないアイテム、クリスマスリースを今年も作りました。

講師が材料を色々と揃えて持ってきていただいた中から自分の
好きな材料を主役にして自由に飾ってハンドメイドリースを作
りました。

IMG_20201120_153852.jpg

作ったクリスマスリースは持って帰ってもらって、家に飾って
クリスマスを待つまでの時間楽しく過ごしてもらったり、リー
スを見て癒されたりしてもらえるとよいと思います。

製作に集中する時間とおしゃべりしながらお互い情報交換した
りして、楽しくハンドメイドの時間を過ごされていました。

IMG_20201120_153809.jpg

<ハンドメイドの効果>
脳の機能は青年期を過ぎると加齢とともに低下します。
これはごく普通の生活をしていても体力や筋力が年々低下する
のと同じです。
それでも、毎日、積極的に脳を使う習慣をつけることによって、
脳の機能の低下を防ぐことができます。
指先にはたくさんの神経が集まっていて、脳に直結しています。
そのため、ハンドメイドなど指先をよく使う作業は、脳に良い
影響を与えると言われています。
脳トレにハンドメイドがオススメな三つの理由
@楽しく脳トレ出来て、素敵なアクセサリーが手元に増える!
Aコミュニケーションツールになる
作り方を教わったり、教えてあげたり、「これ、自分で作った
んだよ」と話すと、会話のきっかけになります。
B特別なプレゼントになる
【11月19日】ピアサポートガイド(お互いが支えるスキル!) [2020年11月19日(Thu)]
午後のプログラムは、ピアサポートガイド(お互いが支えるス
キル)でした。

ピア.jpg

かふぇらてのコンセプトである、ピア(仲間)としてお互いに
支え合うことができる関係を築いてもらうことが地域生活する
うえで重要な課題だと考えています。
参加者にガイドブックの目次を見て、どの項目がよいか選んで
もらって読みながら体験を踏まえて進めています。

今日は、「自分自身の病気や薬について理解する」という項目
で、まず自分自身の病気や薬について理解しておくことは、リ
カバリーの要素の一つなので、自分自身の病気や薬について、
チェックしてもらいました。

advice09_01.jpg

ということで、服薬についてのテスト用紙(服薬自己管理モジ
ュール)があったので、参加者に20項目の質問に○☓で答えて
もらいました。

自分の経験を通して、薬を止めたことで再発したことや薬の副
作用があったことを話してもらって、どのように改善したかを
話してもらいました。

服薬についてのテスト_page-0001.jpg

自分自身の病気や薬をチェックするうえで、以下の5項目が記載
されています。
● 病名告知を受けているか、正しい疾患の知識は得ているのか。
● 自分で服薬している薬の知識は十分であるか。
● 自分が服薬している薬の効果を信じているのか。
● 自分が服薬している薬の安全性を知っているのか(副作用も
含む)。
● 自分でも薬を選択する権利があることを知っているのか。

ピア4.jpg

<ピアサポートの効果>
自らも障害や疾病等の経験をもち、それらの経験を活かしなが
ら、仲間(ピア)のために支援やサービスを提供する者を広く
「ピアサポーター」という言葉で表しています。これまでにな
い困難に直面したり、先行きの見えない不安の中で立ちすくん
でしまいそうな時、自分と同じような立場で共に歩める仲間
(ピア)の存在は、一歩を踏み出す大きな力にもなります。
特に、障害や疾患に伴う苦悩・葛藤等は、そうした経験のない
人とは共有しづらい部分もあり、時に、偏見や先入観を持たれ
たり、誤解されてしまうことも多いかもしれません。そのよう
な中で、同じような経験をもち、共に歩める仲間でもあるピア
サポーターの存在は、不安や苦悩の中にある人にとっての精神
的な支えとなり、先行きの見えない不安の中での一つのモデル
や道しるべともなることも期待されます。

【11月18日】みんなdeエクササイズ(運動を楽しく!) [2020年11月18日(Wed)]
午後のプログラムは、みんなdeエクササイズ(運動を楽しく)
でした。

エクササイズ.png

あまり体を動かさない生活によって生活習慣病になる可能性が
あるのと、体を動かすことで身体の新陳代謝を促進して、気分
転換を図ることになり、穏やかな心になるのを目的に実施して
います。

今日は、痩せるストレッチ、スロー腹筋、痩せるダンス、ヨガ
でした。

IMG_20201118_150723.jpg
それぞれのプログラムを自分の状態に応じて実施して進めてい
きました。
見学を希望された方も、身体を動かしながら、ほとんどのプロ
グラムに参加していました。
ひとりでは始められないエクササイズも、みんなですると続け
られます。
無理のない範囲で参加して、最後は、ヨガマットの上で横にな
って身体を伸ばして、気持ちよくなりました。

IMG_20201118_150329.jpg

<エクササイズの効果>
脳科学者のウェンディ・スズキ(Wendy Suzuki)氏は今年の
初めに「運動はストレス軽減、集中力、生産性、記憶力向上に
加え、創造性を向上させる効果もあるようです」とQuartzで述
べた。
運動は新しいアイデアを生み出す効果があるらしく、考え事を
する時に運動する研究者も多い。
多くの人は小説を書いたり、作曲をしたり、絵を描いたりする
ことで創造力を豊かにしようとするが、それは簡単なことでは
ない。
しかしながら、スズキ氏によれば、運動がもたらす脳の変化は、
記憶力を向上させる要因であり、同様に想像力も向上させる可
能性があるという。

利用者の方が、ハンドメイドで使うリースを提供してくれまし
た。
早速、明後日のハンドメイド講座で利用してもらうよう講師の
方に連絡しました。

IMG_20201118_133542_BURST001_COVER.jpg
【11月16日】ペーパークラフト(紙で作る世界!) [2020年11月16日(Mon)]
午後のプログラムは、ペーパークラフト(紙で作る世界)で
した。

ペーパークラフト.png

ペーパークラフトは、手先を使って紙を切ったり、貼ったりし
て自分の好きな世界を作り上げるために集中することを身につ
けるプログラムです。
季節に応じた素材など選んで制作することで、季節感を持ち続
けることができ感性を失わないことにもなるのではないか、と
実施しています。

今日は、季節に応じたペーパークラフトの中からクリスマスに
関するカードを印刷しました。

IMG_20201116_155424.jpg

日本のクリスマスの歴史は、1549年(天文18年)にフランシ
スコ・ザビエルが日本に上陸しているため、その年からクリス
マスが祝われたと考えられます。
記録に残る日本最初のクリスマスは、1552年(天文21年)に
現在の山口県山口市でカトリック教会の宣教師が行った降誕祭
のミサです。
第二次世界大戦中は影を潜めましたが、戦後すぐに復活し、全
国の一般家庭でクリスマスが祝われるようになって、現在に至
るという経緯です。

IMG_20201116_141235.jpg

今日は、ペーパークラフトが苦手な方の参加だったので、自主
プログラムなど実施してもらうなかで、気晴らしに人生ゲーム
をして息抜きをしました。

<ペーパークラフトの効果>
ペーパークラフト自体、平面である紙から立体のオブジェを作
る行為は空間認識を司る右脳に大きな刺激となりますし、作業
手順の思案は論理的思考を司る左脳をフル活用する事となりま
す。指先での細かな作業は集中による適度な緊張感を精神に与
えますし、逆にそれが日常の雑事から開放してくれる気分転換
ともなります。

IMG_20201116_153418.jpg

夕方、新しく開所された訪問看護ステーションCalm(カーム)
のスタッフの方が来所され、利用者の方が日中利用できる居場
所はないのかという事で、かふぇらての利用について聞きに来
られたので、リーフレットと広報誌で説明させてもらいました。
また、訪問看護ステーションCalm(カーム)の内容なども聞い
て、リーフレットを預かりました。
| 次へ